ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

超人系悪魔の実の一種。
劇場版『ONEPIECE STAMPEDE』に登場。
『ONEPIECE magazine vol.7』の解説によれば、触れた無機物を自身に合体させたり、無機物同士を融合・変形させることができる「合体人間」になる。
基本的な例として、銃と剣を合体させて銃剣にしたり、鉄屑や瓦礫を組み合わせて潜水艦や兵器も生み出せる。これにより物資に乏しい戦場でも無限に武器を生み出したり、自身が無機物と合体することでロボットになることが可能。

能力者

ダグラス・バレット

ダグラス・バレット



ロジャー海賊団のクルーで、“鬼”の跡目と呼ばれた大男。19歳の時点で当時のレイリーに匹敵する実力を持つと称されるほどの化け物。非常に好戦的な性格で、孤高の強さを追い求め、「仲間」という存在を嫌っているが、これはその生い立ちに由来する。インペルダウンレベル6に収監されていたが、2年前の黒ひげ騒動の際に脱獄。

作中では「祭り屋」ブエナ・フェスタと結託して万博の開催地である「デルタ島」にバスターコールを誘発する。それを乗り越え「デルタ島」に呼び寄せた全ての海賊・海軍を全滅させることで、海賊王をも超えた世界最強の存在になろうと画策していた。

能力は覚醒の段階に至っており全ての物体を取り込み、島全体の地形を操作、さらに覇気を大量に放出し、能力で作った巨体に纏うことによって、軽く島一つ叩き割ることも可能。

自身が超人的な基礎身体能力と凄まじい量の覇気・格闘術を備えており、コントロールできるだけの超人的な力を持っているからこそ発揮できる芸当。

余談

サー・クロコダイルは過去の戦闘経験から、「変形途中には隙間ができる」といったこの能力の特性・弱点を把握していた。

関連タグ

ONEPIECE STAMPEDE(ONEPIECEの映画) 悪魔の実 超人系

関連記事

親記事

超人系 ぱらみしあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガシャガシャの実」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1879

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました