ピクシブ百科事典

ダグラス・バレット

だぐらすばれっと

少年漫画『ONE PIECE』の劇場版第14作目『ONEPIECE STAMPEDE』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「この海は戦場だ…」
「この俺の強さは、俺1人だけが勝つ為にある!!」

概要

劇場版第14作目『ONEPIECE STAMPEDE』に登場するキャラクター。元ロジャー海賊団船員で、「“鬼”の跡目」と呼ばれる人物。

プロフィール

名前ダグラス・バレット
異名“鬼”の跡目
懸賞金なし
肩書き不明
所属ガルツバーグ軍少年兵→元ロジャー海賊団船員→未所属
能力ガシャガシャの実(超人系)
誕生日不明
年齢45歳
出身地偉大なる航路
主な部下なし
CV磯部勉


人物

鋭い目つきと長髪、左腕のドクロのタトゥーが特徴的な、3mを超える大男。右耳がちぎれており、普段はヘッドフォンをつけている。軍服に身を包み、胸には複数のバッジをつけている。笑い方は「カハハハ」。

個人で国家戦力級の力を持つと言われる猛者で、元ロジャー海賊団の一員にしてかつてルフィたちが引き起こしたインペルダウンでの暴動の際に脱走した脱獄囚の一人で、その凶悪さから存在を揉み消された者が投獄される『LEVEL6』に幽閉されていた。

極めて好戦的かつ攻撃的な性格をしており、加えて過去の経験から他者をほとんど信頼しない文字通りの孤高主義の無頼漢。一方でこれまでの強敵のように独自の組織も持たなければ支配や権力、正義と言った大局的な思想も持たないただひたすら自らのためだけに「強さ」を求めるある意味でストイックな気質の持ち主である。

船長だったゴール・D・ロジャーに対しては他の船員たちと違って“自分にとっていつか倒して超えるべき目標”というむしろライバルに近い感覚で見ていたとされ、そもそも同海賊団に入ったのは彼の強さの理由を知るためであったが(ロジャーの強さの根幹は仲間とのだと知ってもバレットはそれを完全に理解することはなかった)、ロジャー亡き後は最後まで彼を倒すことが出来なかった鬱屈を募らせるようになり、遂にはロジャーを超えるためには現世代の海賊や海軍の上級将校を全て倒して自分が「最強の海賊王」になることを掲げるようになった。

ちなみに名前の「ダグラス・バレット」は仮称であり、本名は不明。
彼が少年時代に所属していたガルツバーグ軍において少年兵は捨て駒という意味を込めて全員バレット(弾丸)と呼ばれており、当時の彼はダグラス・グレイ将軍の部下、すなわちダグラス・バレットとは「ダグラス将軍の弾丸」という意味の言葉である。

戦闘能力

俺に楯突く全ての存在を、1人残らず殺す! それがロジャーも成し得なかった、「世界最強」の証だ!!

名称ガシャガシャの実
解説周りの武器などあらゆる物体を合体させ、変形させることができる
種類超人系

周りの武器などあらゆるものを合体させ、変形させることができる「合体人間」
物を自身の肉体と合体させたり、無機物同士を合体させて新たな武器を生み出したりして支配できる。
しかも、能力は覚醒の段階に至っており、能力の範囲は島を丸ごと覆い尽くし、本来なら吸収出来ない自然物さえも自身の能力の影響を受けて拡大する。こうなってしまえば、ピーカのイシイシの実の力すら超える超絶巨体となり、その覚醒した能力自体に自身の覇気を大量に放出して送り込み、硬化して纏うことによって、より強力な攻撃力を有してしまう。
覚醒はオンオフ形式で、自然物を吸収するには意図的に覚醒能力を用いる必要があり、覚醒がオフの状態(要するに不意打ち)に限り、クロコダイルスナスナの実による攻撃は天敵となる。

また、バレットは自身の能力の最大限に活かす為に鉄でできた潜水艇カタパルト号」を保有し、カタパルト号の中にありとあらゆる武器を格納している。

基礎戦闘力

海賊王に迫る程」とされる驚異的な戦闘能力の持ち主で、攻撃数発(形態によっては一発)でギア4状態のルフィを強制解除させる程の実力を誇る(四皇は攻撃・反撃一発でギア4バウンドマン状態のルフィを強制解除させるどころか、ルフィが戦闘不能になってしまう程)。
14歳の時点で自軍と自国を滅亡させる程の力を持ち、19歳のルーキー時代の時点で当時のシルバーズ・レイリーに匹敵する程の力を持っていると称されている。このことからも、彼の捕縛のためだけにバスターコールを発令したのだから如何に危険性が高いことが容易に理解できる。
インペルダウンに収監された後もロジャーを超える強さを求めて凄まじい程の集中力で自らを鍛え続けてきた。
その戦闘能力は、軽くを丸ごと粉砕する程のナイトメアモリアすら凌駕する凄まじい一撃を放ち、地上からガレオン船をぶん投げ、それが宝島に激突した衝撃で、その島が大爆発を起こし、木っ端微塵に破壊してしまう程強力になっている。また、力を総動員した最悪の世代全員を相手にしても余力を残して完勝する程。
いかなる条件下であっても、当時のルフィ一人では絶対に勝てなかった相手である。

他にも、ギア4バウンドマン状態のルフィと圧倒的な速度で空中戦を繰り広げることも可能で、終盤においては凄まじい激闘が行われた。

覇気

覇気を修得しており、本気を出すと覇気により赤く光るギア4状態のルフィと対応するかのような真っ青な光に包まれる(強者は、基本的な2種類の覇気(武装色・見聞色)は当然のように修得しており、高水準に達する程強力になっていることが多い)。
特に彼の使う覇王色の覇気はデルタ島とその周辺の海域の広範囲にまで及び、最悪の世代の船長クラスで漸く耐えれる程強力になっている。
能力によってデルタ島の全てを取り込んで作り上げた山をも凌ぎ、島一つ分の大きさはあろうかという巨体の武器だが、その真髄はその巨体を余すことなく紫色のオーラを流し込んで包み込めるほどの絶大な覇気。作中ではバレットの強さは能力よりも覇気(特に武装色の覇気)にあるとされている。

  • 鎧合体(ユニオン・アルマード)

両手から青い光が発生し、触れた無機物を合体・変形させる。カタパルト号と合体したフランキー将軍のような外見の「中型バレット」、覚醒した能力によってデルタ島の全てを取り込んでゴジラのような鉄の怪物と化した「大型バレット」の2種類が存在。

  • ウルティメイト・ファウスト
「大型バレット」に覇気を纏った拳の一振り。軽くデルタ島を割る程の威力を誇る。

  • 最強の一撃(デー・ステエクステ・ストライク)
通常時の状態で全身に青色の覇気を纏い、無数のパンチを放つ。ギア4バウンドマン状態のルフィの「ゴムゴムの大猿王・銃乱打(キングコング・ガトリング)」と打ち合った。

過去・活躍

「戦争の終わらない国」出身の母親に捨てられた孤児であり、後に敵国だった軍事国家ガルツバーグに拾われ、軍隊ガルツフォース(GF)の部隊長ダグラス・グレイ部隊所属の少年兵として「9番目の弾丸」と呼ばれる最強の兵士となる。しかし、同じ少年兵からの迫害や、彼を恐れるようになったダグラス将軍の裏切りを受け、怒りのまま暴れ回った末にガルツバーグを滅亡させた、「ガルツバーグの惨劇」を引き起こした。

その後は海に出て海賊になるが、そこでロジャーに出会い、彼との戦いで初めての敗北を味わう。それからいつの日か彼を倒すためという目的でロジャー海賊団に加入、そこでも勇名を轟かせて「鬼の跡目」と呼ばれるほどになるが、ロジャーの余命の件を知ると焦りを感じて彼に最後の決闘を挑むもやはり敗北し、以降はロジャー海賊団を離れて再び一人で活動していた。
ロジャーの処刑執行を知った後は自身の目標を果たせなかった苦悩と失意からさらに激しく暴れ回るようになる。遂には海軍が彼一人だけに向けたバスターコール(指揮したのは当時大将だったセンゴク)を以て捕縛され、インペルダウンに投獄された。

インペルタウンLEVEL6で20年間一人黙々と体を鍛え続けていたが、黒ひげの脱獄騒動の際に脱獄した(黒ひげも彼を危険視しておりバレットに興味を示したバージェスに「そいつだけはやめとけ」と言って自分の海賊団には勧誘しなかった)。

その2年後にブエナ・フェスタと組み、海賊万博を隠れ蓑にしたバスターコール略奪&海賊皆殺し計画を秘密裏に進める。そして、白熱するお宝争奪戦に突如乱入し、ルフィたちの前に立ちはだかる。

余談

ゲーム出演

時期的な問題もあって家庭用ゲームには出演していないが、サウザンドストームバウンティラッシュトレジャークルーズグランドコレクション等の主なONE PIECEのソシャゲにはコラボキャラとして参戦している。

懸賞金について

映画公開前後にネット上で11億4000万ベリーというデマが広がったが、実際には懸賞金が無い(あるいは設定されていない)ことを作者が明言している。


関連項目

ONEPIECE STAMPEDE ブエナ・フェスタ 歌姫アン

インペルダウン 0世代

ゴール・D・ロジャー ロジャー海賊団

関連記事

親記事

STAMPEDE(ONEPIECEの映画) わんぴーすすたんぴーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダグラス・バレット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65027

コメント