ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゴムゴムの銃乱打

ごむごむのがとりんぐ

ゴムゴムの銃乱打(ガトリング)とは漫画『ONE PIECE』の主人公、モンキー・D・ルフィの技である。
目次 [非表示]

概要

手が分身したかと見紛うほどのスピードで敵をぶん殴るモンキー・D・ルフィの代表的な技。

主に手数が必要な敵や数が多い敵集団相手に使用する。多くの派生・発展技がありそちらを利用することもよくある。

初出となったのは東の海編(シロップ村)でのクロネコ海賊団との戦闘で、ジャンゴの催眠により予期せず強化されたルフィは同じく強化されたクロネコ海賊団の戦闘員に対して使っている。この他にも雑兵を蹴散らしたり、決め技となったりと様々な場面で使用されている。


派生・発展技

  • ゴムゴムのスタンプ銃乱打(ガトリング)

足で放つ「ゴムゴムの銃乱打」。マリンフォード頂上戦争では直接打撃が通りにくい自然系能力者の三大将相手に、軍艦のマストを蹴り飛ばして攻撃していた。



クロコダイル戦で初使用。まず大きく膨れ上がった腹をひねり、それを開放することで上空に浮かび上がるエネルギーを生みだす。浮かび上がった上空で敵に対して突き上げる(もしくは突き飛ばす)勢いで回転しながら銃乱打をする。


  • ゴムゴムのJET銃乱打(ジェットガトリング)

エニエス・ロビーでのロブ・ルッチ戦で初使用。ただでさえ超スピードの銃乱打をギア2で更に加速させる。その速度は凄まじく目で追うことも困難。


  • ゴムゴムの雨(あめ)

インペルダウン職員相手に初使用。「ゴムゴムの暴風雨」とは逆に上から下に向かって突き下ろす勢いで殴りつける技。回転しながら殴るところは暴風雨と同じ。


  • ゴムゴムの鷹銃乱打(ホークガトリング)

武装色で硬化させた腕で放つゴムゴムの銃乱打。


  • ゴムゴムの象銃乱打(エレファントガトリング)

魚人島にて箱舟ノアを止める際に初使用。ギア3で巨大化させた拳に武装色を纏った「ゴムゴムの象銃」の銃乱打バージョン。TVスペシャルエピソードオブルフィ』ではビリッチ相手に片手で放っている




  • ゴムゴムの猿王銃乱打(コングガトリング)

四皇百獣のカイドウ相手に初使用。ギア4状態で放つゴムゴムの銃乱打。似たような技の「ゴムゴムの猿王群鴉砲(コングオルガン)」が横一列で同時に放つのに対し、こちらは従来の銃乱打のように対象一体を滅多打ちにする技になっている。


  • ゴムゴムの白い銃乱打(ドーンガトリング)

余談

弱点

あくまで手が増えたように見えるだけで、実際に手が増えているわけではない(=同時に来る手数は2本以下)。なので、攻撃の動きを読めるエネルカタクリとの戦いでは、技を見切られて阻止(避けられたり、当たっているように見せかけられたり)されてしまった。

また、単純に防御力の高い相手や防御と攻撃が一体となる自然系に対してうかつに銃乱打をすれば、伸びた腕を掴まれて逆に危機に陥ってしまう可能性もある。


歌舞伎版

歌舞伎版ワンピースでルフィを演じた市川猿之助尾上右近は歌舞伎の制約上ガトリングというのを使えなかったため、本技をゴムゴムの機関銃(ゴムゴムのきかんじゅう)として発動している。


関連タグ

モンキー・D・ルフィ ゴムゴムの実 ギア2 ギア3 ギア4


ゴムゴムの暴風雨

関連記事

親記事

モンキー・D・ルフィ もんきーでぃーるふぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2358

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました