ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

種類超人系
特性マネ(真似)
概要右手で触れた人物を記憶し、その人物に変身できる
能力
  • 右手で触れた人物の姿(異性も可)・体格・声を記憶し、その人物に変身できる
  • 左手で自身の顔を触れることで、自動的に元に戻れる
  • 複数の人物の合成(モンタージュ)もできる
利点
  • 記憶できる人物の数は無制限
  • 変身の時間制限はない
  • 変身対象がその場にいなくても変身できる
弱点
  • 容姿や声だけでなく、体格や体質までも真似するため、変身中は能力者自身の体技は使用できない
  • 着ている服まで真似することはできない(ただし練度によって克服可能)
  • 身体能力自体を記憶することはできない上、真似しても戦闘能力が向上するわけではない
  • 相手が持つ悪魔の実の能力自体もコピーできない
  • 変身状態でも、言動次第で普通にバレてしまう可能性がある
ピンク色の筋が入った二つのの様な形状をしている
臙脂色

超人系悪魔の実の一つ。

右手で他者の顔に触れることで記憶し、あらゆる人物に変装することができる(左手で自分の顔を触ると戻る)。

なお、記憶できる人物の数は無制限である。


能力者

外見のみならず、までをも忠実にコピーできる(従って、190㎝くらいのボンちゃんでも、動物のチョッパーや491㎝の巨体を持つマゼランに変身できる)が、身体能力自体を記憶することはできないのが欠点で、あくまで戦闘力は「外見相応の一般人」にしか変身できない(ゾロに変身しても怪力になるわけではないし、マゼランに変身してもドクドクの実の能力を使えるわけでもない)。変身中は自分の体と勝手が異なるので、高いレベルの体術など体質や身体感覚が極めて重要な行動は使用不能となってしまう。このことから、実際には相手の身体能力自体も丸ごとコピーしているがそれを100%活かすのに必要な技術(自身の能力を把握しているかといった単純なところから、悪魔の実の能力、ゾロの「剛力羅」のようなバフ技、剣技や格闘技、CP9の『六式』などといった戦闘術等)は当然持っていないのでコピー先の身体能力をうまく扱えないだけとも言える。

あくまで「本人がタッチした時の記憶」にしか変身できないので、あとで本物が髪を切ったり、刺青を入れていたりすればすぐに見破られてしまう。また、真似をした後の演技力は能力者本人に完全に依存するため、変身状態でも言動次第で普通にバレてしまう。

同じく手で触れることが起動条件となるマトマトの実と異なり、一度コピーした対象はメモリーとして保存しておくことができる。現在のところ上限や順番と言った制約は語られておらず、おそらくは触れれば触れるだけメモリー可能であり、能力者の意志ひとつでいつでも呼び出せるものと思われる。

また、今までのメモリーをただ呼び出すだけでなく、パーツを別々に変化させてモンタージュを行うことも可能。ボン・クレーはこれを利用して『世界で最も変な顔』を作り出し、相手に隙を作ろうとしていた(もっとも、殆どのパーツが自分のものだったが...)。また、全身変化させるという実の性質を考えるとおそらく顔だけでなく体(例えばルフィの顔にナミの体)と言ったモンタージュもできると思われる。

あまり戦闘向きの能力では無いため、本人が拳法などを使えるのであれば戦闘時には変身を解除した方がよほど強いということになる。


戦闘には向かない一方で情報戦としては凶悪この上ない能力と言っても過言ではなく、アラバスタの内乱を起こす直接のきっかけとなったのはこのマネマネの実による変装によるものである。

ルフィ一行もアラバスタ到着前には仲間割れが起こりかねないといの一番にこの能力を警戒し、入念な対策を取ったほど。

インペルダウン編でもハンニャバルやマゼランに化け、指揮系統を撹乱「正義の門」を開けさせ、ルフィ達の脱走の決め手を作った。

これらのことから、ボンちゃんの直情的な性格とは裏腹に極めて搦め手に長けた能力であると言える。


かつての能力者

黒炭ひぐらし(マネマネのクソババア)

ワノ国の過去編にて、若き黒炭オロチの元へやってきた謎の老婆

山姥のような相貌に祈祷師のような風貌、頭に2本の蝋燭を巻きつけている


年の功故か、能力を洗練し使いこなしており、自身の顔を触れずとも変身することができたり、服装も変える事が可能。


オロチに光月家への復讐心を植え付け、協力者として取り込む為、「光月家に仕えていたオロチの祖父は、他の4人の大名家の次期将軍候補を毒殺し自らが次期将軍の座に就こうとしたが、光月家にスキヤキが生まれたことで計画が仇となった上悪事が公となり切腹、黒炭家は財産と領土を没収され取り潰しとなった」と吹き込んだ。

ひぐらしのそれはほぼ逆恨みであったが、この時オロチは民衆による黒炭家への断罪により両親や親族を亡くし、自身は人目を恐れながら廃屋に隠れ住む極貧生活を送っており、憎悪の矛先が黒炭家というだけで(祖父の切腹、一族の没落という落とし前をつけて尚も)一族を罪人として殺し続けた正義の味方に向かうこととなる。


オロチにヘビヘビの実を与えて光月家への復讐計画の片棒を担ぎ、さらにおでんに化けて「オロチは自分の弟分」と皆に公表したり、危篤状態のスキヤキにも変装してオロチを次期将軍の代理にも指名した。


また、この時は若き姿のとある大海賊と思われる顔もメモリーしており、その大海賊が所属していたある海賊団に通じていた可能性も示唆されている。その実、オロチに自身の肉親かどうか問われた際に「誰かなんてどうでもいい」「今まで国外にいた」と話している。さらに、オロチに武器の製造を勧めて「それを餌に巨大な後ろ盾が得られる」とも語っていた。


しかし、カイドウとおでんの真剣勝負に(カイドウを救うためとは言え)茶々を入れてしまったことが仇となり、黒炭ひぐらしはカイドウによって殺されてしまった。


後任者が義理人情に熱いベンサムであり、その能力をフルに活用してルフィの助けとなり活躍した結果、恐ろしい印象が薄れていたが、仮に悪意を持つ者が活用した場合、どれだけ恐ろしいことが出来てしまうかを示し、単なる戦闘力に依らないマネマネの実の厄介さを読者に見せつけた。


類似能力

食したことが判明している人物はカタリーナ・デボン

マネマネの実のように別人に化けられるだけでなく、服まで化かして見せることができる。


白ひげ海賊団所属のカメレオーネの能力で、こちらは外見だけでなく能力をコピーする。『ワンピース・プレミアショー』にしか登場していない。


関連イラスト

pixiv内では『ONE PIECE』以外の作品のキャラのマネをしているものも多数存在する。


ボア・ハンコックに変身したボン・クレーセンシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

ONEPIECE 悪魔の実 超人系 変身 他者変身 ボンナミ

関連記事

親記事

超人系 ぱらみしあけい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2398203

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました