ピクシブ百科事典

クルシュ・カルステン

くるしゅかるすてん

『Re:ゼロから始める異世界生活』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:井口裕香

「龍がいなければ滅ぶなら、我々が龍になるべきだ」

プロフィール

誕生日4月4日
年齢20歳
身長168cm
体重課せられた責任や重圧よりは軽い
趣味剣術・騎竜・フェリスと戯れること
特技剣術・騎竜・交渉・料理
加護風見の加護


人物像

王候補の一人。ルグニカ王国を長きに亘って支えてきた、カルステン公爵家の当主。若干17歳で家督を譲られるほど才気溢れる女傑軍で、王選候補者の中でも大本命と目されている。公爵家の令嬢ながら男装して剣を降ることを好み、「戦乙女」と呼ばれることも。性格は誠実かつ実直で、苛烈な一面も持つ。龍の加護に守られるルグニカ王国の在り方に疑問を抱き、王になった暁には龍と袂を分かつと主張し、王選を激しく揺るがしている。

騎士のフェリスに対しては心を許しており、彼に対してだけは嘘を真に受けてしまう天然な一面も見せる。
竜の宣託に従う国の在り方には疑問を感じており、自立すべきという考え方を持っている。
男装の理由や王を目指す背景についてはEX『獅子王の見た夢』で触れられている。

「風見の加護」を持つクルシュの目には、あらゆる風が見通せる。それは他者を取り巻く気配や雰囲気といった風をも掴み、彼女の目に浅はかな嘘は通用しない。風のマナに適性があり、戦闘においても先陣を斬って戦えるほどの剣の技量もある。また、彼女は風を介して剣気を伝え、視界に存在するすべての敵を薙ぎ払う「百人一太刀」の使い手でもある。

第3章の白鯨討伐後、王国に白鯨の首を持ち帰る途中で魔女教大罪司教「強欲」担当レグルス・コルニアスと「暴食」担当ライ・バテンカイトスに襲撃され、暴食の権能で記憶を消される。
そのため、言葉遣い・服装も女性らしくなり、言動も柔らかくなる。

以下、web版ネタバレ






















第5章にて、魔女教大罪司教「色欲」担当カペラ・エメラダ・ルグニカの龍の血により、体中を黒斑のようなものに覆われる。
その姿は元の美貌を知るものからは見るに耐えないものと言われる。
また、その黒斑のようなものはスバルによって少しは和らげられることがわかっている。
しかし、彼女自身の高潔なあり方などもあり、その治療法を拒否した。

関連タグ

Re:ゼロから始める異世界生活
フェリックス・アーガイル ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア

pixivに投稿された作品 pixivで「クルシュ・カルステン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 747506

コメント