ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「僕たちは魔女教大罪司教、『暴食』担当、ロイ・アルファルド
まァ、俺たちが恨みを『食ってる』のはよくあることだけどさ」

「その気遣い、たまんなく嬉しいなァ!なんせ、俺たちは満腹感優先の『悪食』だからねぇ」

「いいさ、いいよ、いいとも、いいかも、いいじゃない、いいだろう、いいじゃないか、いいだろうさ、いいだろうともさ、いいだろうからこそッ! 暴飲ッ! 暴食ッ! 美食、悪食、飽食、過食ッ! 大味、薄味、美味、珍味ッ! 根こそぎ全部喰らってやるさッ! 面白味のない人生もまた、俺たちの知らない味わいだッ!」

プロフィール

性別
名前の由来うみへび座α星アルファルド(Alphard)
能力『暴食』の魔女因子


概要

魔女教大罪司教『暴食』担当。

ぼさぼさの長い焦げ茶の髪に、布を体に巻き付けただけのような粗雑な格好をした、10代前半か半ばほどの体格の小さい細身の少年。
一見するだけでは無害な子供だが、その瞳はこの世に存在するあらゆる毒を煮詰めたような腐り切った輝きを放っているとされ、見たものが一発で邪悪な存在と気づくほど。

ライ・バテンカイトス」とは別の『暴食』担当。
普段はバテンカイトスの肉体を共有しているが、状況に応じて分離し、別行動をとることも可能。
彼とは兄弟の関係であるらしく、劇中では彼の弟とされている。

兄弟ということもあって身体的特徴はバテンカイトスと似ており、少なくともWeb版では服装含めて見た目すらほとんど変わらない様であるが、
書籍版で公開されたデザインでは、チャイナ服の様な袖と裾の長い緑色の服装を見にまとい、髪も長くはあるが三つ編みにし、前髪もセンター分けにしているなど、ところどころ違った特徴が盛り込まれている。
また、使用する武器も兄のように魔女教の短剣ではなく、「虎爪(バグ・ナク)」と呼ばれる暗器を用いて戦う。


劇中でユリウス・ユークリウスの『名前』を喰らい、周囲から存在を忘れさせた。
更にユリウスの弟、ヨシュアの存在までも既にどこかで喰らっていたらしく、ユリウスとの戦闘中に頻繁に「兄様」と呼び、ユリウスを混乱させる。

人物

性格や目的に関してもバテンカイトスとはほぼ同じであり、他者から人生を奪い尽くし「自分たちが幸せになる」という酷く独善的で身勝手な人生目標を掲げている。

行使する権能についても彼と全く同じものだが、奪った記憶や経験は彼と共有しているわけではない様で、アルファルドだけが扱える技もあったりする。
スバルが放った鞭の一撃を口で受け止めるなど、その実力はバテンカイトスと同様に高い。

自身を『暴食』の中でも「悪食」と称しており、バテンカイトスと違い「質より量」として区別せず片っ端から他者の人生を喰らい尽くしている。
喰らう記憶に拘り厳選する「美食家」の彼とはその辺りが相容れないらしい。
それ故に『暴食』担当の大罪司教としては一番被害者を出している人物。
主義こそ異なれど他の兄弟と同じく他人の人生を踏み躙り冒涜する悪意に満ちた外道である。

余談

  • 三大魔獣との関係

三大魔獣の一角、「白鯨」をペットにしているというバテンカイトスは「くじら座」の恒星の一つを名前の由来としているが、アルファルドの名前の由来は「うみへび座」の恒星から来ている。
へび、といえば三大魔獣の内には「黒蛇」がいるが…

関連タグ

Re:ゼロから始める異世界生活
魔女教 , 暴食 , 悪食

ユリウス・ユークリウス - 彼の被害者

ライ・バテンカイトス(美食家)
ルイ・アルネブ(飽食)

活躍


※第5章以降の内容を含みます※






























初登場は第5章。
他の大罪司教達と共に『水門都市プリステラ』を襲撃し、都市中心にある庁舎を『色欲』と共に占拠。
庁舎を『色欲』から奪還するつもりで侵入してきたスバル達に奇襲を仕掛ける形で登場した。

ここで会ったが100年目と因縁深い『暴食』に復讐心を燃やすスバルだったが、
庁舎の人命を優先するため、やむなく対応をユリウスに任せ、人質のいる最上階へと急いだ。
余談だが何気にスバルと初接触した『暴食』が彼だったため、「レムクルシュの記憶を奪った者は『暴食』」という情報だけを知っていたスバルは彼を真犯人と勘違いしていた(実際はバテンカイトス)。

ユリウスと戦闘になるも、『色欲』が庁舎を放棄したため自身もあっさり撤退。
そして福音書の記述に従って西の制御塔を占拠し、都市の人々に『人工精霊』を差し出すよう脅迫した。

対抗馬としてアナスタシア陣営のリカードと、再びユリウスが応戦したが、
ユリウスの弟ヨシュアの存在を喰らった挙句、その「記憶」からユリウスの戦闘方法を読み彼を圧倒、まんまとユリウスの「名前」を喰らうことに成功する。

その後、戦線を維持できなくなったか、はたまた食事に満足したのか、要求を放棄しプリステラから撤退した。
他の大罪司教達も『強欲』『憤怒』を除いて撤退。都市奪還は成されたが、大罪司教達によって齎された被害は大きく、特に周囲から忘れ去られてしまったユリウスは精神的に大きな傷を負うことになる。



時は流れ、第6章。
プリステラを襲撃し好き放題に蹂躙した『暴食』達。
スバル達はユリウスを含め、人生を奪われてしまった犠牲者達を救うべく、『プレアデス監視塔』へ赴いた。

紆余曲折あり、監視塔にてスバルは彼らの妹、ルイ・アルネブと接触。
アルネブからスバルの『死に戻り』の存在を知ったバテンカイトスとアルファルドは、その権能をいただこうと大量の魔獣と共に監視塔を襲撃した。

バテンカイトスと分離して別行動をとり、バテンカイトスはエミリアラムと交戦、一方のアルファルドは…

塔の第二層『エレクトラ』の試験官として顕現したかつての初代剣聖レイド・アストレアと接触した。

Re:Zero coloring vol 24 6



如何に「悪食」の彼であろうと、最早伝説上の存在であるレイドはまさしく極上のご馳走。早速レイドに対し物理的「交渉」を持ちかけ、記憶を喰らおうとするが…
当然レイドにはボッコボコにのされ、あえなく半死半生の状態になってしまう。

しかし、レイドは彼の醜悪な権能に興味を持ったのか、あろうことか自らを喰わせるように挑発。
ならば遠慮なく、と言わんばかりにアルファルドは挑発に乗りレイドの『記憶』を喰らうことに成功した。

これでアルファルドはレイド・アストレアの記憶を我がものとし、最高の存在となった

かに思えたが…


「あァ、すっごいなァ。あんな味が、こんな味が、どんな味がするのか、たくさんたくさんたっくさん想像してたけど……予想以上だったッ!」

「あァ、見てたろッ!? 喰ったとも! 喰ってやったとも! いいなァ、最高だなァ、これが想像だにしない味わいッ! 『悪食』なんて言われてる僕たちでも、こいつの豊潤な味わいにはなるほどッ! ライの言い分がわからなくも――」



「――んあ? あ、あ、あー、あー、ああああー?」



「ま、ま、まー、待って、ひへ、ぎひ、ぎひひッ。おかし、おかしいって、おかしいじゃないかッ! だって、こんなの……オメエ、変だろ?

「変なこたねえよ、オメエ。喰うか喰われるか、それが生きるっつーことだろうが」



喰った相手を再現する『暴食』の権能を逆手に取られ、ロイ・アルファルドは
レイド・アストレアという規格外の自我に精神を乗っ取られた。
これによってもともと精神体のみであったレイドは生きた肉体を収得。完全なる死者蘇生を果たした。

あまりにも荒唐無稽なハプニングから、アルファルドはあっけなく自己を喪失する事となってしまった。

スバルは監視塔においても『死に戻り』でループを重ねているが、このアルファルドとレイドの「交渉」というイベントは、さも運命で決定づけられているかのように発生しており、
アルファルドの自己喪失は確実なものとなってしまっている模様。


ただ「幸せに生きたい」という目的を果たすため、自分勝手に他者の人生を強奪し、我がものとして振る舞った最低の外道は、
喰らった相手に胃袋を食い破られ、逆に喰らい尽くされるという皮肉にも、しかしお誂え向きの末路を辿ることになるのだった。

『暴食』の魔女因子の始祖であるダフネが言っていた「相手を食べようとするのに、自分が食べられるのを考慮しないのはおかしい」という考えを体現した結果となっている。






















…アルファルドを新たな肉体として手に入れたレイドとユリウスの決闘は熾烈を極めていくことになるが、
戦いの最中、レイドは突如として身体の崩壊を迎えた。
どうやらその規格外の魂にはアルファルドの肉体は不釣り合いであった様で、戦いで消耗していく過程でとうとう耐えきれずレイドは自壊していく事となる。

戦いには負けたが結果的には勝利となったユリウス。
レイドが崩壊した場所には、元の姿に戻ったアルファルドが横たわっていた。

ただしアルファルドの肉体はユリウスとの戦闘に酷使された結果、致命傷の域に入るまでボロボロになっており、
意識も無く、生きているのか死んでいるのかも分からない状態となってしまっていた。


ユリウス達がプレアデス監視塔に訪れた目的は『暴食』によって奪われた『記憶』と『名前』の奪還方法の模索。
元凶である『暴食』を殺害すれば全てが丸く収まる…なんて保証はどこにも無く、仕方なくユリウスはアルファルドの身柄を「世界で最も有名な封印」と同様の方法で拘束、生捕にし、王都へ移送する事とした。
とはいえ返還方法を素直に話したとしても、極刑を免れる事はないだろう。



因みに、その拘束方法とは鎖でがんじがらめ、などと言う生易しいものではなく、相手の意識を強制的に切り離す陰魔法「シャマク」で固めるというもの。
規模こそ違うがかの『嫉妬の魔女』サテラの封印と同じ方法である。
相手は大罪司教。用心するに越したことは無いということである。

関連記事

親記事

魔女教 まじょきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロイ・アルファルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2628

コメント