ピクシブ百科事典

役小明

えんのちあき

役小明とは「鬼神童子ZENKI」のキャラクター。
目次[非表示]

鬼神童子ZENKIのヒロインであり、もう一人の主人公。小明と書いて「ちあき」と読む。

概要

日本最大の呪術者「役小角」を祖に持ち、女子高生の身でありながら後継者となった少女。
主人公のZENKIが人間の倫理観で動かない暴れん坊であるため、代わりに人間的な価値観を持って積極的に異変に介入し、何度もピンチに陥りながらも最後までストーリーを牽引し続けた。

プロフィール

身長158cm
体重46kg
スリーサイズB83 W54 H82(JC4巻より)
CV横山智佐


人物

未熟でヘタレることも多いが邪悪に立ち向かう「祓い師」としての使命感は強く、いざとなれば自分の命すら惜しまない正義感の持ち主。
両親がいない一人暮らしであるため良く言えばしっかり者、悪く言えば利己的な側面も強い。
当初は前鬼のことも「式神という道具」という程度の認識であったが、共に戦っていく内に信頼を深め、いつしか前鬼の持つ「不屈の心」に惹かれていった。

鬼神童子ZENKI
ぜ~ん~き~


黒髪ロングツインテールにしたミニスカ着物の美少女だが、作中ではそのジャジャ馬っぷりからブス呼ばわりされて憤慨したことも。
激闘の末に衣装がひん剥かれたり、入浴シーンがしょっちゅう描かれたり、精神世界で全裸になったりと過剰なまでのお色気シーンは最早語り草。
読者プレゼント用に描かれたカラーイラストでは上半身はタンクトップのみで下半身は何も身に着けず、両腕を内側に寄せて股間を隠しつつ胡坐をかいているという扇情的にもほどがあるイラストだった。
アニメ版では控えめになったものの、主に1クール目においてはお色気シーンも多く見られた。

衣装

追悼
役小明


当初は祖母と同型の呪術者の衣装(陰陽師に近い)を着崩したような衣装で、なぜか下の着物をはいておらずミニスカのようになっていた。
何度か服を新調してリデザインされているが、パンツを見られるのが恥ずかしいわりに最後までミニスカ風のままだった。

能力

呪符を用いた符術を得意技として風や炎など様々な現象を起こせるが、未熟で力不足なためサポートに回ることが多い。
金剛角を取り込んで「小角の力」を覚醒させてからは魔を焼き払う金剛の光のパワー「ヴァジュラ」を単独で使用可能となった。

護法輪具

役家に代々伝わるお守りで、小明の呪力を増幅させて前鬼の制御、封印、解放、呼び出しを行う。
自力で封印を破ることもある前鬼を恐れながらも自分の未熟さを憂いて力を高める決意をしたり、輪具が破壊された際には前鬼との別れを惜しんで修理を拒むこともあった。

護法神衣

原作最終回にて披露した輪具の変身形態。
役小角の力が宿り、小明の想いを力に変える衣と化した。
その際、それまで着ていた衣装はパンツ1枚を残して弾け飛んでしまう。
パンツだけ残るのはどこか不可解だが、護法神衣もミニスカ風なので下着がなくなっていたらノーパンで戦うハメになっていただろう。

読み切り版の小明

名前は「安倍野 千明」安倍晴明の子孫。
私立土御門高校に通う女子高生で先祖代々の陰陽術を操る陰陽師だが、能力的には連載初期の小明同様に未熟そのもの。
先祖伝来の秘伝書を持ち歩き、そこから前鬼に対しての知識を得ている。
異変に立ち向かう勇敢さを備えてはいるが、同級生に有料の占いを押し売り、欲に目が眩んで岩に埋め込まれた宝石(護法輪具)を売却目的で取り出そうとするなど、本編以上に欲ボケで考えなしな側面が目立つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「役小明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301672

コメント