ピクシブ百科事典

曖昧さ回避


DEATH NOTE

ミサ&レム
レム


CV:斉藤貴美子(アニメ)/ 池畑慎之介(映画)/恒松あゆみ(ドラマ版)

弥海砂デスノートを与えたメスの死神。階級4。リュークとは逆にミイラ骸骨を思わせる白い身体をしている。作画担当の小畑健メデューサをイメージソースとしたらしい。
海砂に好意を抱いており、夜神月を嫌っている。
海砂に与えたノートは階級13のジェラスが有していた物(ドラマ版では赤い)で、ジェラスが海砂を護る為に暴漢を殺してしまったため粛清され、レムに託された。見分け方は、表紙に奇妙な文字が書いてある方がジェラスのノートで、無地の方がレムが最初から持っていたノート。
ちゃらんぽらんで享楽的なリュークとは対照的に責任感が強く生真面目であり、月に対し「海砂が死んだらお前の責任だからノートに名前を書く」と頻繁に脅していた。

Lに海砂が拘束されたことで焦燥し、月・リュークと結託してノートを地中に隠蔽、リュークの持っていたノートを携えてヨツバキラを新たなキラに任命するべくノートを託す。レムはひそかに拘束された海砂にそのことを伝え、所有権を放棄させる。そして月は自らLに拘束を受け、海砂から数日遅れて所有権を放棄することで一時的にキラの記憶を失う
一方でヨツバキラの器に失望したレムは、ヨツバキラの毒牙にかかることを懸念し海砂にノートを触らせて再会した。
こうしてレムはヨツバキラを見限ってL陣営に内通し、月がノートに触れ記憶を取り戻したことでヨツバキラは死亡。Lはレムの存在を知ったことで海砂が「第二のキラ」だと疑うようになる。もはや月にとって、海砂の身の安全を第一に考えるレムは、「新世界」を作るうえでL以上の障害になっていた。
Lがデスノートの存在を試そうとしたその時、ワタリが倒れ、ほどなくしてLも絶命する。
「愛する人間の寿命を延ばす為、故意にデスノートで殺人を犯した死神は抹殺される」…ジェラスが犯した罪を、今度はレムが背負う番だった。
キラ捜査本部の隣室でレムは灰となって消滅し、ノートは月の手に渡ることとなる。

なお、実写映画版では最後の力を振り絞って自らノートを焼いたうえで死亡しているため、ノートは消滅している。

ドラマ版では月が元から海砂のファンであるため、例の脅しは行っていない。出番が原作に比べて少ないため、最後まで生存したまま死神界に帰還した。

ペーパーマン

センシティブな作品


CV:斎藤千和
2012年2月実装の比較的新しいキャラクター。

前時代文明の遺跡から発掘された記憶喪失オッドアイロリ巨乳ロボ娘
低身長かつスレンダーで当たり判定がかなり小さいことから、ゲームを席巻する強キャラの一角になりつつある。
全キャラ中一番防御力が低いのが難点といえば難点。

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101564347

コメント