ピクシブ百科事典

夜麻みゆき

やまみゆき

「夜麻みゆき」とは、日本の女性漫画家である。代表作は『レヴァリアース』『刻の大地』などの通称『オッツ・キイム三部作』。
目次[非表示]

概要

夜麻みゆき」とは、日本の女性漫画家である。
デビューは『DQ4コママンガ劇場』から。
代表作は『レヴァリアース』、『幻想大陸』、『刻の大地』など。
これら三作は世界設定を共有しており、「オッツ・キイム三部作」と呼ばれている。

コミカルかつほのぼのした雰囲気を基調としながら、ストーリーにはシリアスなテーマが盛り込まれている。
哲学に傾倒しており、作品にも影響が見られる。

2005年、『刻の大地』連載中に過労により体調を崩し、3ヶ月間入院する。
『刻の大地』は未完のまま終了と発表するが、編集部は「一旦連載を終了」とした。
以降の5年間は医者にかかりきりであり、通院しながら執筆していた(参考)。


2007年、ファンの間で引退も囁かれていた中、『トリフィルファンタジア』で復帰しファンを喜ばせた。以降は体調に合わせて活動している。
しかし作家活動の休止中にその腕はすっかり錆びついてしまっており、画風の変化に戸惑う声もあった。

2011年、雑誌「WARD」に読み切り『Kanon Texte』を掲載。その後は同人活動として『Kanon Texte/Opening』を7冊、『Kanon Texte/Remake』を1冊発行。2015年に復刊ドットコムで一般書籍にまとめた。

2017年、『Kanon Texte』への未練を残しつつ、作家業をなんとか継続させようと未完のままだった『刻の大地 塔の戦い編』のクラウドファンディングを開始。
800万円という目標金額は、この手の漫画プロジェクトとしてはかなり多い(参考に『天体戦士サンレッド』の単行本化プロジェクトは120万円)。だが、往年のファン達が応え、目標の倍額近い1688万2000円で見事にプロジェクトを達成させた。ジェンド役を演じた緒方恵美も賛同し、インタビューに答えるなど協力を惜しまなかった(参考参考)。
なお余剰部分は『塔の戦い編』を一般流通化させるための資金として使用した。ファンからは「次回製作に回す予定の支援金を本来用途に無い自費出版に使用していた」と疑問の声があがったが、夜麻は「"2018年12月頃製本し、販売を検討しています"と記載してあり、本来の用途通りである」と説明している(参考)。
また父親からも「赤字になるくらいなら執筆をやめろ」、「わがままを言うなら縁を切る」と激怒されてしまう(参考)。
夜麻みゆきは両親を納得させるべくTwitterでありのままを打ち明けた。さらに読者に次回CF参加へのアンケートを募り、3000人近い読者がこれに反応を見せた(参考)。

反発する父親を説き伏せられたのかは不明だが、新章に向けての序章として『刻の大地 天秤の代理編』のCFを開始。募集金額は前回のCFを参考に1200万に増えた(参考)。作者が「半分諦めかけていた」というように、CF参加は滞っていたが、プロジェクトの終盤に怒涛の申し込みが続き、1228万780円でプロジェクト達成となった。

イラスト

pixivでの夜麻みゆき本人による執筆作品のイラスト。影に水色を大胆に使うのが特徴。

2019 メリークリスマス
主にiPadで描いた特訓絵集


センシティブな作品
ハッピーバレンタイン



ファンアート

夜麻みゆき本人による他作品のファンアート。

フェイト/ゼロ
まどか☆再投稿


スマイルプリキュア
2012年夏コミ Mproject よろず本 表紙 



主な作品

レヴァリアース
幻想大陸
刻の大地
『不思議の環~RIDDLE~
トリフィルファンタジア
アドビスウォーク企画
『KanonTexte/Opening』

外部リンク

夜麻みゆき - Wikipedia
miyuki's blog:夜麻みゆきブログ
夜麻みゆきTwitter

マンガ図書館Z:夜麻みゆき作品掲載ページ
レヴァリアース
幻想大陸
刻の大地
『不思議の環~RIDDLE~』
を無料公開中。
特に『刻の大地』はコミックス未収録作品が多く公開されている。

関連タグ

漫画家
月刊少年ガンガン
月刊Gファンタジー
マンガ図書館Z

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夜麻みゆき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 428311

コメント