2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要


ストライカーの前に現れた、
異形の者達。
それは感情の権化たる存在であった。
未知なる敵との轟絶級のバトル。
果たして君は勝利を掴めるか。

                             ※XFLAG DICTIONARYより


2018年6月30日から登場したモンスターストライクが誇る最高難易度クラスの降臨クエスト。
これまで高難易度の降臨クエストでは超絶、その上の爆絶があったのだが、その爆絶をも凌駕した難易度として登場した。
該当するモンスターは、下記に書かれているように異形の姿をした特徴を持つものが多い。

爆絶では運極を5体所持していないと挑戦できないという制限があったが、轟絶はその更に上の運極10体所持でクエストに挑戦出来る様になる。勿論コンティニュー不可。

今までの降臨クエストとの大きな違いとしては、クエストの難易度が通常の降臨クエストの様に2段階になっていることである(現在は形式が異なる)。最初は「轟絶・極」に挑戦し、これをソロまたはホストでクリアすると更に難しい「轟絶・究極」が解放される。ドロップ率は轟絶・究極の方が高いので基本轟絶モンスターのドロップは轟絶・究極で狙う。

クエストは爆絶をも凌駕した難易度とあってその難易度は今まで出てきた降臨クエストよりも遥かに高く、どれもこれも難易度は最高クラスのクエストが勢揃い。道中やボス戦含めて非常に処理しにくい相互蘇生雑魚や即死攻撃を持つ敵だらけであり、複数のギミックの組み合わせにより適性幅が狭い上に配置やターン調整など正確無比な立ち回りが求められる。特に難易度が高くなるボス最終戦に関しては道中やその前のボス戦全てひっくるめてみても異次元のような難しさを誇る。よってどの轟絶クエストも爆絶等の高難易度クエストを難なくクリアしたストライカーでも苦戦は免れない難しさを誇る。

勝つためにはクエスト内容を完全に理解した上で一手一手が手順通り完璧に打てるほどのプレイヤースキル、強力で紋章やわくわくの実の厳選をさせにさせた適正モンスター、そしてイレバンやハート出現等の運が必要となってくる。特に安定して攻略する為にはプレイヤースキルと適正モンスターの厳選は必須と言える。

また、入手できる轟絶モンスターの進化形態が獣神化のみになっていることも特徴であり素材などで超絶や爆絶モンスターを必要としないが、通常のガチャモンスターとは違い、獣神化にはベースモンスター自体のラックが10以上必要な上、必要な獣神竜がガチャモンスターで合計5体なのに対し轟絶モンスターは合計8体になっている
正直、獣神化前の轟絶モンスターの性能はお粗末にも強いわけではない為、基本的には獣神化することで真の力を発揮するモンスターである。

よってクエスト攻略だけでなく獣神化させるのにもラックが10以上必要なので周回しなくては獣神化できないと、育成も大変なのだが、獣神化するとガチャモンスター同様、わくわくの実を装備するために必要な英雄の証を2つ獲得する
性能に関しても降臨の中でも頭一つ抜けたような性能ばかりであり、中にはガチャ限に匹敵、それすら凌駕するような強さを持つ者も存在する。
何より降臨モンスターの為、頑張ればこれらの強力なモンスターが運枠に出来るというのも魅力的

更に轟絶モンスターを入手するに応じて轟絶ボーナスという物も貰える。1体につき10ポイント加算され、1種類の轟絶モンスターに付き最大990ポイントまで獲得可能。これらのポイントを使うことで様々な恩恵を受ける事が可能になる。
その恩恵の種類は現在7種類あり、
オーブ生成『一定期間毎にオーブを5個入手
魂気生成『一定期間毎に魂気を3000入手
メダル割引『メダルアイテム及びメダルモンスター等の引き換えに必要なメダルの枚数を割引
アイテム生成1『一定期間毎にフエールビスケットエラベルベルわくわくステッキという順に貴重なアイテムが入手』
アイテム生成2『一定期間毎にミラクルミンわくわくミントラベルベルという順に貴重なアイテムが入手』
アイテム生成3『一定期間毎に英雄の証Lv.5以上でレベルの書Lv.8以上で戦型の書という順に貴重なアイテムが入手』
タス上限解放『各轟絶モンスターの種類別にタス上限値がアップする』
となっている。
1度獲得さえしてしまえば永続的にこれらの恩恵を受けられる上、更にポイントを消費すれば期間の短縮や割引の増加等その恩恵を強化する事も可能となっている。

また、轟絶モンスターを既に運極にしているストライカーが、轟絶モンスターをまだ運極にしていないストライカーをマルチプレイで手伝いクリアすると、轟傑ポイントが手に入る。轟傑ポイントを貯めるとポイントに応じた轟傑勲章が貰える。

最高レベルの難易度である分、勝利した際に得られる恩恵も非常に大きいものとなっている。
(もっと難しい物があるだろというツッコミはしない様に。)

1週目は「異形なる感情」シリーズと銘打っており「ナヴァ・ラサ」の「感情」にまつわる名称を冠したモンスター達で、最初の轟絶モンスターとなるシュリンガーラのクエスト「慄える愛」が2018年6月30日から登場した。その後も他属性の轟絶が追加されていき、翌年2019年3月8日に登場したアドゥブタのクエスト「驚天の刻」を最後に1週目の「異形なる感情」シリーズは幕を閉じる。

その後、2周目「異形なる思想」シリーズの轟絶モンスターとなるモラルのクエスト「美しき厳律」が2019年5月24日に登場し、2020年1月2日に登場したイデアのクエスト「顕れし真像」で「異形なる思想」シリーズを終えた。
このシリーズ以降から「轟絶・極」がなくなり「轟絶・究極」のみとなった。

そして新たな轟絶であるレクイエムが登場したことにより、音楽をモチーフとした轟絶シリーズ3周目「異形なる音色」に突入。
その後も新たに分断(ネガティブな考え)をモチーフにした轟絶シリーズ4周目「異形なる分断者」、更に仏教における戒律や煩悩をモチーフにした轟絶シリーズ第5周目「異形なる停滞者」、轟絶シリーズ第6周目「異形なる侵食者」が登場している。


様々なモンスターの公式設定が載っている「XFLAG DICTIONARY」では轟絶モンスターの設定も書かれている。


轟絶モンスター一覧

1周目「異形なる感情


ストライカーの前に現れた、
異形の者達。
それは感情の権化たる存在であった。
未知なる敵との轟絶級のバトル。
果たして君は勝利を掴めるか。


共通のモチーフは「仮面」

  • 「慄える愛」
初降臨日 2018年6月30日
ボスモンスター:シュリンガーラ [火属性] 
モチーフ:「愛」
獣神化前獣神化後
シュリンガーラ(ワンドロ)
「受け入れナさイ…私の愛ヲ…!」

  • 「嗤う悲劇」
初降臨日 2018年9月7日
ボスモンスター:カルナ [水属性]
モチーフ:「悲しみ」
獣神化前獣神化後

  • 「勇姿礼賛」
初降臨日 2018年11月9日
ボスモンスター:ヴィーラ [木属性]
モチーフ:「勇気」
獣神化前獣神化後
勇姿礼賛
最も勇ましきもの ヴィーラ

  • 「怒れる命」
初降臨日 2019年1月2日
ボスモンスター:ラウドラ [光属性]
モチーフ:「怒り」
獣神化前獣神化後
無題
怒れる命・三逆の咎

  • 「驚天の刻」
初降臨日 2019年3月8日
ボスモンスター:アドゥブタ [闇属性]
モチーフ:「驚き」
獣神化前獣神化後
アドゥブダ
無題

2周目「異形なる思想



ストライカーの前に現れた、
異形の者達。
それは思想の化身たる存在であった。
未知なる敵との轟絶級のバトル。
果たして君は勝利を掴めるか。  
 
    
共通のモチーフは「花」

  • 「美しき厳律」
初降臨日 2019年5月24日
ボスモンスター:モラル [火属性]
モチーフ:「moral(倫理/道徳)」
獣神化前獣神化後
無題

  • 「是なる逆説」
初降臨日 2019年7月13日
ボスモンスター:パラドクス [水属性]
モチーフ:「paradox(逆説/矛盾)」
獣神化前獣神化後
無題
逆理を抱えし者 パラドクス

  • 「華やぐ劣等」
初降臨日 2019年9月19日
ボスモンスター:コンプレックス [木属性]
モチーフ:「complex(劣等感)」
獣神化前獣神化後
無題
劣りに苛まれし者 コンプレックス

  • 「烈なる反立」
初降臨日 2019年11月13日
ボスモンスター:アンチテーゼ [光属性]
モチーフ:「antithese(対立命題/反立)」
獣神化前獣神化後
無題
堕ちゆく光

  • 「顕れし真像」
初降臨日 2020年1月2日
ボスモンスター:イデア [闇属性]
モチーフ:「idea(実在/理念)」
獣神化前獣神化後
無題

3周目「異形なる音色

轟絶なる音色



ストライカーの前に現れた、
異形の者達。
それは音色の化身たる存在であった。
未知なる敵との轟絶級のバトル。
果たして君は勝利を掴めるか。


共通のモチーフは「星座・恒星」
              

  • 「解きし鎮魂曲」
初降臨日 2020年3月13日
ボスモンスター:レクイエム [火属性]
モチーフ:「requiem(鎮魂歌)」
獣神化前獣神化後
「解きし鎮魂歌」
【モンスト】レクイエム

  • 「伴いし夜想曲」
初降臨日 2020年5月15日
ボスモンスター:ノクターン [水属性]
モチーフ:「nocturne(夜想曲)」
獣神化前獣神化後
ノクターン獣神化前
闇夜に浮かぶ月が想うは安らぎの眠り

  • 「捧げし小夜曲」
初降臨日 2020年7月11日
ボスモンスター:セレナーデ [木属性]
モチーフ:「serenade(小夜曲)」
獣神化前獣神化後
無題
歌うは…甘き死

  • 「結びし独唱曲」
初降臨日 2020年9月11日
ボスモンスター:アリア [光属性]
モチーフ:「aria(独唱曲)」
獣神化前獣神化後
落書きアリア。
無題

  • 「連ねし行進曲」
初降臨日 2020年11月27日
ボスモンスター:マーチ [闇属性]
モチーフ:「march(行進曲)」
獣神化前獣神化後
無題
愉悦を掲げしもの マーチ

4周目「異形なる分断者

            
ストライカーの前に現れた、
異形の者達。
それは分断の化身たる存在であった。
未知なる敵との轟絶級のバトル。
果たして君は勝利を掴めるか。  


共通のモチーフは「職業」

  • 「切なる裁断」
初降臨日 2021年1月2日
ボスモンスター:ディヴィジョン [火属性]
モチーフ:「division(分断/境界)」
獣神化前獣神化後
ディヴィジョン
世界を切り取る者 ディヴィジョン

  • 「喜なる黙殺」
初降臨日 2021年3月12日
ボスモンスター:イグノー [光属性]
モチーフ:「ignore(無視/黙殺)」
獣神化前獣神化後
イグノー運極記念
真を唱えるは黙殺

  • 「信なる分別」
初降臨日 2021年5月14日
ボスモンスター:エリミネイター [木属性]
モチーフ:「eliminator(排除)」
獣神化前獣神化後
エリミネイター
〘モンスト〙信なる分別 エリミネイター

  • 「悦なる不正」
初降臨日 2021年7月1日
ボスモンスター:アンフェア [闇属性]
モチーフ:「unfair(不公平/不正)」
獣神化前獣神化後
無題
悦なる不正

  • 「快なる虚報」
初降臨日 2021年9月17日
ボスモンスター:ダウト [水属性]
モチーフ:「doubt(疑念/疑い)」
獣神化前獣神化後
無題
「嘘は快楽」

5周目「異形なる停滞者

            
ストライカーの前に現れた、
異形の者達。
それは停滞の化身たる存在であった。
未知なる敵との轟絶級のバトル。
果たして君は勝利を掴めるか。 


共通のモチーフは「石」

  • 「深なる休怠」
初降臨日 2021年11月12日
ボスモンスター:カウシーディヤ [木属性]
モチーフ:「怠惰・懈怠」
獣神化前獣神化後
無題
世界を睡らす者 カウシーディヤ

  • 「餓なる執着」
初降臨日 2022年1月2日
ボスモンスター:アビニベーシャ [火属性]
モチーフ:「死の恐怖・執着」
獣神化前獣神化後
アビニベーシャ
世界を貪る者 アビニベーシャ

  • 「並なる均一」
初降臨日 2022年3月12日
ボスモンスター:サマ [水属性]
モチーフ:「均一」
獣神化前獣神化後
無題
世界を均す者 サマ

  • 「痛なる堅忍」
初降臨日 2022年5月19日
ボスモンスター:クシャーンティ  [光属性]
モチーフ:「堅忍・耐え忍ぶ」
獣神化前獣神化後
忍耐と辛抱
世界を制する者 クシャーンティ

  • 「秘なる隠蔽」
初降臨日 2022年7月9日
ボスモンスター:ムラクシャ  [闇属性]
モチーフ:「隠蔽」
獣神化前獣神化後
無題
世界を匿す者 ムラクシャ

6周目「異形なる侵食者

            
ストライカーの前に現れた、
異形の者達。
それは侵食の化身たる存在であった。
未知なる敵との轟絶級のバトル。
果たして君は勝利を掴めるか。

  • 「侭なる暴掠」
初降臨日 2022年9月9日
ボスモンスター:プレデビオル [木属性]
モチーフ:「捕食」
獣神化前獣神化後
無題
捕食者

  • 「艶めく剥奪」
初降臨日 2022年11月25日
ボスモンスター:カルニベ [火属性]
モチーフ:「搾取」
獣神化前獣神化後
無題
無題

余談

・モンストでは特定のクエストが降臨した際、クエスト選択画面にてその降臨クエストのバナーが画面下に表示されるのだが轟絶のクエスト関してはバナーが出てくる際に他の降臨クエストのような静止画ではなくバナーがアニメーションになっている。そして共通して獣神化前の姿をした轟絶モンスターがバナーに映っているが一部のバナーはアニメーション内に獣神化後の姿をした轟絶モンスターも映っているものもある。
また、セレナーデ以降のバナーは共通して獣神化後の姿が映るようになった(アニメーション内に獣神化前のモンスターが映っている者もいる)

・轟絶のステージ背景は特殊なものとなっており、今までのステージ背景と異なりステージを進むほど背景が少しずつ変化するようになっており、ボス最終戦に関しては正しく最終戦に相応しいステージ背景になっているので必見(なおこのステージ背景がステージを進むほど変化する演出は後に出てくる高難易度クエストやコラボクエストにも見られるようになった)。

・意図したかどうかは不明であるが1周目の「異形なる感情」のクエスト名は全て4文字に統一されており、2周目「異形なる思想」と4周目「異形なる分断者」以降のクエスト名は全て5文字に統一されている。また、3周目「異形なる音色」のクエスト名は全て6文字で統一されている。
特に4周目以降のクエストは「〇なる〇〇」というクエスト名に統一されており(切なる裁断深なる休怠など)、6周目最初のモンスターであるプレデビオルのクエスト名が「侭なる暴掠」であったことからこれは今後も続くと思われる。

・轟絶クエストは今まで超絶以上の難易度で実質コンティニュー可能として登場したミラクルミンとスタミナを2倍使うが、ドロップ報酬も2倍になるフエールビスケットが使用不可…だったのだが後の2019年7月17日のVer14.2のアップデートで上記の二つのアイテムが使えるようになった。同時にパラドクスを除く轟絶の究極ステージがストック可能となったため、攻略、及び運極作成が以前より格段にしやすくなった。そのパラドクスも後にそれらが可能になり、以降は最新の轟絶以外は全てミラクルミンとビスケットの使用、およびストック可能になるという流れが定着した。

・「轟絶・極」が廃止になった理由はおそらく轟絶・極と轟絶・究極でのギミックが違うことによる適正キャラの違い轟絶・究極の適正はいるのに轟絶・極の適正はいないということが起こり、かつ「轟絶・極」自体が爆絶に匹敵、もしくはそれを凌駕するほどの難しさのため「轟絶・究極」に挑戦できないストライカーが続出。そして周回するのは基本轟絶・究極の方であり、轟絶・極は1回クリアしたら基本2度はやらなくてもよいと「轟絶・極」そのものに不評があったためだと思われる。

・この手のモンスター達には2周目までは毎回新たな友情コンボと共に新たなSSが与えられているのがお約束(シュリンガーラとアンチテーゼ除く)だったが、3周目以降になるとそろそろネタが切れてきたのか全員既存もののSSになってしまった(現時点ではイグノー除く)。マーチなんかはただの貫通変化だったり、カウシーディヤはただの反射変化だったり、ノクターンに至ってはパワーも上がらないただの自走ものだったりと、新しいものを考えるのも限界が来ている節がある(一応、減速率が非常に低いという評価点はある)。だがその一方、最近の爆絶キャラは新たなSSが次々と与えられている(ただしあちらは友情コンボが全員既存ものになっているという、轟絶とは対照的な事になっている。一種の差別化だろうか?)。

・エリミネイター以降にバランス型を与えられた轟絶キャラは6周目のプレデビオルが登場するまで1体も登場しなかった。というのも、戦型解放でグレードアップ出来る超バランス型は2021年6月8日の上方修正で有利属性に対しての火力アップ倍率が20%になるという凄まじい程の超強化をされている(前までは5%で殆ど使い物にならなかった)。その為難易度が高いとはいえタダで手に入る上に獣神化形態で運極にもできる轟絶キャラにその超強化された超バランス型をばら撒き過ぎてはいけないという判断をしていたのだと思われる。ただし上述したように6周目のプレデビオルがバランス型になっているので、基準が曖昧になっている。

・モンストニュースで新轟絶の降臨告知が行われる際は、そのモンスターの世界観を伝える映像PVと共に発表されるのがお約束であったが、3周目の最初のモンスターであるレクイエムからはなぜかPV映像が無くなり他の高難易度降臨と同じように画像のみでの発表となってしまった。
しかし、2022年9月1日のモンストニュースにて発表された6周目の最初のモンスター、プレデビオルの降臨告知にて再び映像PVが使われ、6周目以降のこれから発表されるであろう轟絶モンスター達の降臨告知にも映像PVが使われるのではないかと期待されている。

関連タグ

モンスト 超絶 爆絶 
権化 化身
トラウマ みんなのトラウマ

関連記事

親記事

モンスターストライクの降臨モンスター一覧 もんすたーすとらいくのこうりんもんすたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1308155

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました