ピクシブ百科事典

ノクターン(モンスト)

のくたーん

ノクターンはゲーム「モンスターストライク」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

2020年現在でモンストの最高難易度とされる轟絶の3周目「異形なる音色」の1体で、通算12体目、水属性では3体目の轟絶キャラとなる。
クエスト名は「伴いし夜想曲
また、このクエストより新ギミックである「ボールユニット」(ギミックについてはクエストの項にて記述する。)また、このクエストは属性倍率が超絶アップ(木属性で与ダメージ3倍被ダメージ0.3倍)している。

クエスト

メインギミックは地雷と魔方陣、そして前述したボールユニットである。地雷は当然ながら即死レベルで爆発も6ターンと短いのでマインスイーパーが望ましい。ボールユニットは他のユニット系ギミック同様に判定があり、攻撃力に威力が依存する。また、1つのボールユニットにつきそれぞれ1回ずつしかボールが出ず、反射するボールが出るユニットと貫通するボールが出るユニットが有ることが特徴としてある。なお、レクイエムの撃種加速パネルの様に触れた次のターンに反射→貫通または貫通→反射と変化することはない。
大まかなクエスト内容はボールユニットを活用して制限雑魚とユニバ雑魚を同時撃破するというもの。ペアは5ステージを除いてレーザーバリアが有るもの同士と無いもの同士がペアとなっている。また、ボールユニットの位置や貫通制限が多めに出るので、貫通4体を連れて行くことを推奨するが反射になって貫通制限を処理する場面も多いので1体ならば反射キャラを入れても良いかもしれない。
このステージにおいて最も厄介なのは恐竜雑魚でボールで4体以上を同時処理することを求められることが多い点や、大ダメージの白爆発まで3ターンしか猶予が無い点が主な理由として挙げられる。
中ボス戦からはクロスドクロによって呼ばれる玉や分身をボールで撃破して中ボスの防御を下げて攻撃することになる。この時の攻撃はボールではなく直殴りである。
また、大きな特徴としてこのステージではボスが覚醒しない。

そう、覚醒しないのだ。
このステージの真に恐ろしい点は雑魚の同時処理や防御ダウンにターンを割くにもかかわらず、即死ターンがリセットされないことにある。また、前述した玉や雑魚はターン経過でボスを防御アップさせるので一度撃破しても放っておくことができない。
幸いなことに防御ダウンはターンで解除されないのでボスを攻撃するターンと玉、分身を処理するターンをしっかり分けるようにすることをお薦めする。
遊撃特Lと対水極前提だがユグドラシルを連れていくと、
トライブパルスやSSにより魔導師や恐竜を一斉に処理できるので編成に入れてみてもいいかもしれない。(但しユグドラシルにはアンチ魔方陣がないので配置に注意する事)

キャラクター性能

レベル99レベル120
HP3010031606
攻撃力33377(40052)34357(41228)
スピード(km/h)197.70214.53

轟絶キャラクターのため、ラック10の状態で素材を使って獣神化する。種族は轟絶キャラ専用の幻妖パワー型。アビリティはマインスイーパーと超アンチウインド、状態異常回復。ゲージでアンチ減速床。
ストライクショットは12+8ターンの自強化。
また、轟絶モンスター恒例の新友情コンボとしてサブ友情にマーキングボムを搭載している。この友情は近くの敵に地雷を投げつけるというもの。この地雷は他の味方が触れると爆発(2回爆発して消滅)する。なお、この爆発には他の友情コンボを誘発する効果がある。早い話ロッコウのSSを常に友情で出すことができるということである。
但し、前述したようにこのキャラはパワー型の上、スピードが197.70km/hしかなく艦隊性能に向かない。

余談

轟絶キャラクターのとも言うべきか絶妙に使い辛いアビリティと一の獄適正を持っている。
また、獣神化前は人型ではない故に発表時に何処に顔があるかわからない現象が多発した。(公式のサイトにもあるように飾りの様なものが顔である。)
またSSのボイスは母親のような声ではないかと思われていたが実際はお爺さんのような声であったこともストライカー達を驚かせた。

関連タグ

夜想曲
ショパン…彼の作曲したノクターンが恐らく最も有名
ゆりかご銀河…恐らくモチーフの一つ

pixivに投稿された作品 pixivで「ノクターン(モンスト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120

コメント