ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「見よ、これが"真実"か?世界は"矛盾"に満ちている!」

概要

パラドクスとはモンスターストライクの現状最高難易度轟絶」のモンスターにして、轟絶2周目「異形なる思想」シリーズの水属性。

一見妥当に見える前提と理論であるが、結果として受け入れがたい結論、矛盾逆説を意味するパラドクスの名を持つモンスターであり、モンスト通算7体目の轟絶クエスト『是なる逆説』のボスモンスターとして登場する。
1周目のモンスターと同じく異形の者であり、獣神化前はを持った異形でもない普通の高僧にしか見えないが服の中からは体にひびが入っているのが確認できる。そして獣神化後になると一変、醜悪な自我がパラドクスの体の中から突き破ってその紫色の体が露になっている姿をしている。

イラストでは獣神化前は前述の通り杖を持ち片足で立ったまま胡坐をし、目をつぶり瞑想をしている姿であり杖とそれを持っている手からは水が溢れている。頭から伸びている布で自身の体を包み込んでおり、その隙間からは青紫色の痛々しいひびが入っている。
獣神化後も前述の通りパラドクス本体の左半身が砕け、中から紫色の人のような姿をした者が突き破ってその姿が露となる。そしてその中から出てきた者によって杖から溢れる水から無限回廊が展開されているのが描かれている。砕けた体の内部にはビスマス結晶や創り出した無限回廊と思しき物が存在する。
よってパラドクスという名の通り、清らかな自分と醜悪な自分が同時に存在するという矛盾した存在となっている。

ただ、モラルと同じく1周目である「異形なる感情」シリーズの轟絶モンスターが人の原形をも留めてない程の正しく異形のモンスターであるのに対し、パラドクスは確かに異形ではあるがまだ人の形を保っている姿をしている。
イラストや見た目通りモチーフは高僧と思われる。
後に公式の動画から轟絶2周目の「異形なる思想」の共通モチーフが「」と判明し、同時にパラドクスはアロエがモチーフであったことも判明した(イラストから見ると杖の頭の部分がアロエをモチーフにしている)。

降臨

かつて轟絶1周目である「異形なる感情」シリーズには轟絶・極と轟絶・究極の2つのクエストがあったのだが、2周目「異形なる思想」シリーズから難易度、轟絶・極が無くなり轟絶・究極のみとなった
ただし轟絶2周目からは『属性効果超アップ』となり、有利属性は与えるダメージが1.99倍、受けるダメージが0.33倍となっている。よって1周目以上に他属性のモンスターを連れていくことが火力不足や被ダメージの関係上非常に困難、つまるところ編成には必ず有利属性であることが前提となる。
更にパラドクスのクエストでは新しいギミックである『キューブ』も初登場した。これは動かす味方以外の味方が常にキューブ状態というものとなる。キューブの状態の味方は、他の味方がふれても動かず、また通り抜けることも出来ない。ただし、友情やアビリティは通常通り発動する為、味方が常時ブロックのような状態となっている。
初降臨は2019年7月13日

クエスト内容

出現するギミックは地雷とウィンド。減速移動床に加えて撃種変化パネル。
そして新ギミックである『キューブ』。

地雷は一個13万以上のダメージと即死であり、大量に展開される上に8ターン後に起爆する為、飛行持ちだけ固めるのではなくマインスイーパー持ちを複数固めなくてはならない。
ウィンドも減速移動床の真上に引き寄せたり、配置を狂わせてくる上に後述するBATTLE 1では(順番にもよるが)対策してないキャラが1体でもいるとほぼ敗北が確定する初見殺しが存在する為、対策必須。
よって地雷とウィンド、どちらも対策必須となっている。

更に前述の通り轟絶2周目からは『属性効果超アップ』の為、木属性モンスター以外のモンスターの使用は敵への火力不足や被ダメージの関係上、非常に困難なものとなっている。
出現する敵の多くは内部弱点が存在し、内部弱点を持つ敵には貫通で弱点を攻撃、内部弱点が無い敵で撃種変化パネルが存在するステージでは反射に変化して挟まるという立ち回りが基本の為、これらの要素の関係上、撃種はほぼほぼ貫通が推奨されるものとなっている。

したがって『貫通のマインスイーパー(飛行)&アンチウィンドの木属性モンスター』で固めるのが必須となっている。
更にこのクエストでは減速移動床が出現しており、一見するとキューブによるキャラの行動制限に加えて減速移動床もある為、とても厄介に思えるのだが一方でこれらを上手く利用することでボス際に配置し、ループヒットを決めたり減速移動床を塞いで攻撃ターン時に他のキャラに減速移動床を踏ませない等攻撃手段に用いることが出来る。

よってキューブの性質と減速移動床を利用し、味方を上手く配置して敵の弱点にループヒットするような環境にしなくてはならない。
特にこのクエストでは中ボス、ボスのHPが尋常でない程に高く弱点効果アップ後でも尚、鉄壁の耐久力を誇る。その為、味方を配置せず何も考えないで攻撃しに行ってもボスのHPを削り切るのは非常に困難となっているので味方の配置次第ではボス削りの際に大きな違いが現れてくる。
敵のHPは少なくとも100万は越えており、直殴り倍率は3倍、弱点倍率も3倍となっているので基本は友情コンボよりも直殴りが有効である。

このクエストの全ステージに出現するダスティルは、3~5ターン後に全体に40,000ダメージの電撃を放ってくるのでそれまでには処理をすること(第5ステージでは7ターン後に放つ代わりに即死級攻撃に変貌しており、第5ステージ以降からも電撃は即死級攻撃となる)。また、中ボス戦、ボス戦からはダスティルが呼び出されてくる上にクロスドクロマークが存在するダスティルは処理するとステージによって効果は異なるが、弱点倍率アップ防御ダウンなので電撃攻撃を短いターンで放ってくる関係上中ボスやボスに火力を出す為にも最優先で処理しなければならない。

他に出現する敵としてはセンプウガーは7~8ターン後に即死級の白爆発を放ってくるので一番長い攻撃ターンが来る前に処理することは攻略上必須。
ミケランジェロの長い攻撃である2~3ターン後は即死攻撃ではないが3,000ダメージの睡眠メテオを2発放つ為、他の敵に比べて処理する優先度は低い。
そして中ボスは左の攻撃ターンの2ターン毎に5,000ダメージの伝染霧を、ボスは左下の攻撃ターンに6,000ダメージの伝染霧を初回1ターン、次回2ターン毎に放ってくるので同じキャラの複数体編成に注意

また、攻略には直接関係ないが、轟絶では珍しくこのクエストでは一切蘇生をする敵が登場しない

攻略

轟絶・究極


「心理と逆説の狭間を...永遠に彷徨うがいい!」

BATTLE 1

左右にクロスドクロマークを持つダスティルが2体おり、中央にセンプウガーが鎮座している。どちらも内部弱点が存在しており、左右のダスティルのすぐ傍に左右向きに移動する減速移動床が2つ、センプウガーの真上には上下の向きに移動する減速移動床が1つ配置されている。
このステージのみ、ウィンド対策されていないキャラがいるとで画面下に吹き飛ばされた後にそこに向けて1体につき50,000ダメージのレーザーが放たれる上に3ターン目以降は毎ターン放たれてくる為、少なくとも3番手と4番手はアンチウィンド推奨

中央のセンプウガーのHPは990万であり、普通に弱点を貫通で殴るだけではダメージをほとんど与えることが出来ず、弱点効果がアップ後に初めてまともなダメージが通る上に毎ターンHPを3分の1回復する為、先にクロスドクロマークを持つダスティルを2体全てを最優先で倒さなければならない。ダスティルの下の3ターンの攻撃は上記の通り全体に40,000ダメージの電撃の為それまでには処理するように。
左右にいるダスティルのHPは135万であり、内部弱点を2、3回程往復すれば倒すことが出来る。
ダスティルを全て処理すればクロスドクロマークが発動し、中央のセンプウガーの弱点効果がアップするのでまともにダメージを与えられるようになる。しかしそれでも数回殴るだけでは到底即死攻撃まで削り切れないので、ダスティルを処理するのと同時に減速移動床を用いて減速移動床の軌道上に味方を配置して次動かすキャラに減速移動床を踏ませない様にしつつ、味方がキューブ状態という特性を生かしセンプウガーをループヒット出来る環境にすることが大事となる。
センプウガーの中央の8ターンの攻撃は即死攻撃の白爆発なので、それまでに倒し切るようにしなくてはならない。

尚、高難易度クエストはBATTLE 1でクエスト攻略のヒント、仕方が多く組み込まれておりこのクエストがどういう仕組みなのかを示す関係上、ステージ全体からで見れば一番簡単なものがほとんどであるのだがこのクエストに関してはBATTLE 1の時点で非常に難しく、挑んだ多くのストライカーに改めて轟絶の難易度の高さを叩きつけた

BATTLE 2

真上と真下にダスティルとミケランジェロが2体ずつおり、左上と右下の端に撃種変化パネルが2つ配置されている。ダスティルとミケランジェロのどちらも内部弱点は存在しない。

ダスティルとミケランジェロのHPは150万であり、内部弱点も無く2体の間に隙間があるよう配置されている為、撃種変化パネルを踏み反射になった後その間に挟まって同時に処理することが出来る。
ダスティルとミケランジェロは挟まるように配置されているものの、この2体は相互蘇生雑魚という訳ではない為、1体ずつ処理することも可能となっている。ダスティルは下の5ターンの攻撃は上記と同じく電撃攻撃の為、どうしても同時処理が難しい場合はダスティルを優先的に処理するように。

そして右上に配置されているウィンドンの左下の7ターンの攻撃は全体に160,000ダメージの電撃と即死攻撃なので、それまでには全ての敵は倒し切るようにしなくてはならない。

BATTLE 3

右上と左下に左右向きに移動する減速移動床が2つ配置されておりそのすぐそばにダスティルが1体ずつ配置されている。そして中ボスの獣神化前のパラドクスが右下端に鎮座している。どちらも内部弱点が存在しており、パラドクスは弱点3つとも内部弱点となっている。

中ボスのパラドクスはHPが4,200万あり、BATTLE 1のセンプウガーと同じく普通に弱点を貫通で殴るだけではダメージをほとんど与えることが出来ず、弱点効果がアップ後に初めてまともなダメージが通る為、先にクロスドクロマークを持つダスティルを2体全てを最優先で倒さなければならない。ダスティルは下の3ターンの電撃攻撃が放たれる前には処理するように。
ダスティルを全て処理すればクロスドクロマークが発動し、パラドクスの弱点効果がアップするのでまともにダメージを与えられるようになる。
雑魚処理が終わった後はパラドクスにダメージを与えるためにパラドクスの周囲に味方を配置してループヒット出来る環境にすること。パラドクスはHPの回復こそ行わないものの、その分耐久力が非常に高い為ループヒット攻撃を怠ると後述する全敵ロックオンレーザーの攻撃まで間に合わなくなる。
特にパラドクスは左下の5ターンの数字で左上端に移動する為、左下の残りの数字が少なくなったら左上端に移動することを見越して配置するように立ち回ると中ボスの削りが楽になる。
更に左上の3ターンの数字で10,672ダメージのワンウェイレーザーの攻撃と同時にダスティルを呼び出してくるので電撃攻撃をしてくる下の3ターンの数字までには処理するように。

中ボスの中央の10ターンの攻撃は1体に付き10,662の全敵ロックオンレーザーであり、配置によっては即死攻撃となる上に耐えたとしてもその後2ターン毎に放ってくる為、その攻撃が来る前までにはHPを削り切るようにしなくてはならない。

BATTLE 4

中ボスの獣神化前のパラドクスが中央に配置しており、右下と左上にダスティルが1体ずつ配置されている。左上のダスティルの上と右下のダスティルの下に撃種変化パネルが2つ配置されている。ダスティルとパラドクスのどちらも内部弱点は存在しない。

中ボスのパラドクスはHPが3,600万あり、内部弱点も存在しない上に防御力ダウン後に初めてまともなダメージが通る為、先にクロスドクロマークを持つダスティルを2体全てを最優先で倒さなければならない。ダスティルは壁とは離れている為、撃種変化パネルの位置で反射化して縦カンすれば倒すことが出来る。ダスティルは中央の5ターンの電撃攻撃が放たれる前には処理するように。
ダスティルを全て処理すればクロスドクロマークが発動し、パラドクスが防御力ダウンするのでまともにダメージを与えられるようになる。
パラドクスは左上の数字で初回は2ターン後にパラドクスの左右に、次回は3ターン後にパラドクスの上下にミケランジェロを2体呼び出す。左右のミケランジェロとパラドクスの間は反射で挟まることが出来ない為、横に薄く弾いて反射化し横カンすることでダメージを稼ぐことが出来る。上下のミケランジェロとパラドクスの間は反射で挟まれる上に挟まることが出来たら大ダメージを与えられるので、積極的に狙っていこう。
逆にミケランジェロとパラドクスの間でダメージを稼ぐことが出来なかったらその後中央の10ターンの攻撃の全敵ロックオンレーザーまでにパラドクスのHPを削り切るのはほぼ不可能となる為、ミケランジェロとパラドクスの間で挟まる際には上記の通りな隙間の入り方で攻撃しよう。

BATTLE 5

(後日追記)

BATTLE 6

(後日追記)

BATTLE 7

(後日追記)

BATTLE 8

(後日追記)


性能

逆理を抱えし者 パラドクス(獣神化)


種族幻妖
撃種反射
戦型バランス
ステータスHP攻撃力スピード
1918815212232.23
タス最大値+4900+7425+118.15
タス後限界値2408822637350.38
ゲージショット成功時-27164-

アビリティマインスイーパーM/アンチブロックアンチ魔法陣(ゲージ)
ストライクショット醜くも美しき自我に依る逆説的幸福 (ターン12+8)スピードとパワーがアップ&敵にふれる度に溜めたパワーを放出する
友情コンボ超爆発【無属性】自分を中心に無属性の超爆発攻撃最大威力7499
サブ友情コンボウォールスルーバレット【水属性】壁をすり抜ける貫通属性弾をふれたキャラの進行方向に発射最大威力35875
ラックスキルシールド発動ターンは敵から受ける、ほぼすべての攻撃が1ダメージになる。

例に漏れず轟絶のみ登場している種族、幻妖のモンスター。この種族は他のクエストで出現する敵からのキラーが存在しないので敵のキラーを恐れることなく連れていきやすい。

バランス型らしく全てのステータスが総じて高めであり、そして獣神化なのでわくわくの実を2つ(英雄の書を用いると3つ)付けることが出来るのでその分大幅にステータスを強化可能と考えると非常に高水準に留まっている。

新友情コンボのウォールスルーバレットを持つ。ウォールスルーバレットはふれた味方の進行方向に放たれ、壁を6回すり抜けると消える。ウォールスルーバレットの判定は小さいが、その分威力が高く、火属性相手に『弱点に1回当たるだけで18万ダメージ』を与えることが可能である。使いこなすのは非常に難しいが、敵全体にダメージを与えられる事も出来ればボス単体にも火力を出す事も可能であり、状況によって使い方を変えることが出来る友情コンボとなっている。
もう一つの友情コンボである超爆発も火力自体は低くダメージソースにはならないものの、触れた味方の友情コンボの誘発することが出来るので優秀。

そしてSSは、スピードとパワーがアップ&敵にふれる度に溜めたパワーを放出するというこちらも初めてのもの。動き出す瞬間にパワーを溜め、敵に触れるとそのパワーを放出するもので、敵にふれる度に攻撃力が0.85倍に下がっていくが、『元々の強化倍率が2段階目で3倍』と非常に高く、最初の攻撃が一番火力が出るので他の自強化ssと比べても最初の一撃で多くのダメージを出すことが出来るパワーアップウォール等1回の攻撃が重要な場面では特に活躍する。

地雷、ブロックに魔法陣と3つの幅広いギミック対応力と優秀なアビリティを持っているので高難易度クエストにも多くの適正を持つ為活躍できるクエストが非常に多い。
特に禁忌の獄の一ノ獄や、後にモンスト全体でも屈指の難易度を誇る真・アマテラスの超究極クエストに関しては出現する全てのギミックに完全に対応しており、どちらも降臨キャラの中でも最適性の活躍をするのでこれらの高難易度クエストでこのキャラにお世話になったストライカーも多いことだろう。
最近でも多くのクエストに次々と適正をもらっており代用も効きづらい性能の為、徐々に評価が上がってきている。

ラックスキルはシールド。発動すれば敵から受ける、ほぼすべての攻撃が1ダメージになるというもの。確率ではあるが被ダメを大幅に軽減できる。

獣神化素材

獣神竜【蒼】8体
※獣竜玉使用不可
パラドクスのラックが10以上でないと獣神化不可

バックストーリー

性格(獣神化前)清らかで理知的(獣神化後)醜く清らか、感情的で理知的
好きなもの(獣神化前)祈りと静寂(獣神化後)呪詛と祈り、混沌と静寂
嫌いなもの(獣神化前)悪しきもの、醜いもの(獣神化後)悪しく正しきもの、醜く美しいもの

※XFLAG DICTIONARYより

逆理の化身たる存在。この世を美しく正しいものにするべく、醜く歪んだ思念を己の身へと吸収し、抑え込むことで世界を正常化させることを使命とする高僧であり長い時間、使命にその身を捧げている中で、歪んだ思念に対しわずかに肯定的な思いが芽生えた際、蓄積されていた歪みが自我を持ち、肉体を蝕み始めた。この内に存在する醜悪な自分と、常に正しくあろうとする本来の自分という相反する二つの自我に苦悩し、体にはひびが生じてしまっているが、パラドクスは冷静に、聖なる水が溢れ出る槍を用いて体内に取り込んだ歪みを浄化している。
獣神化後は正しくあろうとする清らかな意思と、抑えつけられた悪しき思念との激しい衝突の果て、パラドクスの内を蝕んでいた醜悪な自我が肉体を突き破り、ついにその姿を現した姿。なお歪みを押し留め正しくあろうとするパラドクスだったが、歪みこそがこの世の真の姿であるとする醜い自我は世界を混乱へと叩き落とす。醜い自我によって槍の力が解放され、無限回廊が展開されているが、この無限回廊はパラドクスの捻れた深層心理と繋がっており、その中に取り込まれた者は果てしなく彷徨い続けたのちに吸収されパラドクスの一部となってしまうという。

余談

イラストが公開された際に、パラドクスの持っている杖がトウモロコシに見える(というかトウモロコシにしか見えない)ということで一部のストライカーからイジられていたが、後に公式の動画である新キャラ大解剖で杖がトウモロコシに見えるというのをネタにした。

関連動画

新キャラ使ってみた動画



新キャラ大解剖

※15:16から


宇宙最速攻略!?



関連タグ

モンスト 轟絶 獣神化

  • アロエ…獣神化後のパラドクス持っている力を解放した杖がこの花をモチーフとしており、花言葉が「苦痛」「悲嘆

異形 思想 モンスター
パラドクス 矛盾 逆説
ビスマス結晶 高僧 無限回廊 

関連記事

親記事

轟絶 ごうぜつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パラドクス(モンスト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59305

コメント