ピクシブ百科事典

レイチェル・ガードナー

れいちぇるがーどなー

レイチェル・ガードナーとは、フリーゲーム『殺戮の天使』の主人公である。
目次[非表示]

「お願いがあるの 私を殺して—」

概要

通称名Ray(レイ)
身長156cm
血液型AB
誕生日6/10
星座双子座
CV千菅春香


記憶を失っている13歳の少女。金髪碧眼の容姿。
服装はボーダーのインナーに襟なしの上着を羽織り、ショートパンツとブーツで活動的。
黒いポシェットを斜めに掛けており、裁縫道具などを所持している。
頭がよく冷静沈着な印象だが、どこか奇妙に人間の感情を失っている。
ビルの最下層で目を覚まし、地上を目指してB6Fに着いたときにアイザック・フォスター(ザック)と出会う。

自分が何故ビルの最下層(B7F)に居るのか分からない、など記憶を失っているが、「人が殺されるところを目の前で見たから」という理由でダニエル・ディケンズの元でカウンセリングを行うため病院に来たことや、父母のことなどは覚えており、完全な記憶喪失ではないらしい。
ただし、無残な姿になった小鳥を裁縫道具で縫い合わせ、「私の小鳥に直してあげる」と言い放つなど、ただの少女ではない、どこか異常な一面をもつ。

当初は普通の生存欲を持っていたが、B5フロアの出来事を切っ掛けに「死にたい=殺されたい」と願うようになる。
B5Fまで追いかけてきたザックに殺してもらおうとするが、彼からは「人間らしい表情を見せないと、殺す気になれない」と言われて困惑する。
そこでザックに頭のよさを見込まれ、「殺してもらう」ことを条件に行動をともにする。
ちなみに自殺はしない理由は、「神様が言ったから自殺はいけない」など特定の宗教観念を持ち合わせているから、とのこと。

余談

綴りは『Rachel・Gardner』。
レイチェル」の名前の意味は『子羊雌羊純粋なもの』。
本編の登場人物の一部と同じく、旧約聖書創世記』の登場人物が由来となっている名前である。
また、名字の方は読みのイメージから「守護」を意味する「ガード」の方と勘違いされがちだが、作品のモデルであると考えられる英語圏、特にアメリカ辺りだと職業に由来する名字がつけられることが多く、実際は「ガードナー」は『庭師』という意味である。

関連イラスト

殺戮の天使
レイチェル


ザクレイ
殺戮の天使 まとめ



関連タグ

殺戮の天使 アイザック・フォスター

pixivに投稿された作品 pixivで「レイチェル・ガードナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1420476

コメント