ピクシブ百科事典

カヴィン・アユソ

かゔぃんあゆそ

「IdentityV」に登場する男性サバイバーのうちの一人である。
目次[非表示]

うわさ
アメリカ大陸から来た冒険家のカウボーイ。彼はかつて神秘的なインディアン部族と共に生活し、驚くべき投げ縄の技術を習得した。

概要

アプリゲーム「IdentityV」に登場するサバイバーの一人。

                    出身階級:アメリカの牧場  職業:カウボーイ

性能

外在特質

  • 投げ縄
救いの英雄


カウボーイは鞭で投げ縄をするのが得意であり、タップ或いは長押しすると指定方向に投げることができる。長押しした状態では目標を狙うことができ、照準範囲内で投げると必ず目標に命中する。その間、照準範囲を外すと照準進捗が失われる。仲間が輪に入れば、引き寄せて自分の背中に結い付け、パワーが漲った状態に入り、一定時間続く加速効果を得る。ハンターが輪に入れば、ハンターの頭上を飛び、反対方向の位置に着地する。カウボーイは風船およびチェアにいる仲間を輪に入れて救出することができる。投げ縄の消費は命中した物体によって決まり、チェアまたは風船の仲間に命中した時はより多く消費する。

  • 馬上英雄
馬上の英雄は勇敢かつ屈強であり、板で気絶させたハンターの回復速度が20%低下する。

  • 自由奔放
自由奔放で、複雑な機械の操作を好まない。解読速度が10%低下。しかしカウボーイが女性キャラと共同で解読すると、自己顕示欲によって解読速度が10%上昇する。男性キャラと共同で解読する時は、よりぞんざいになり解読速度が30%低下する。

  • 庇護欲
女性に対する庇護欲で溢れており、女性キャラを背負っている時にハンターの攻撃が命中すると、カウボーイは2回負傷するが、仲間は負傷しない。男性キャラを背負っている時にハンターの攻撃が命中すると、2人がそれぞれ1回ずつ負傷する。

衣装(スキン)一覧

UR
国王の裁縫師
彼は聡明な詐欺師だ。巻き尺は国王を騙すための武器にすぎない。


SSR
部族の勇士
ててごろぐ
第五人格 カウボーイ(部族の勇士)
部族の勇士は、野牛と共に暴れ、荒狼と共に舞い、大鷹と共に高みを競う。

SR
コレクター霜葉の白
一生をかけて珍しい葉を収集してきた彼のそばには、最後も葉だけが残った。葉緑素が死にゆく前に、人々は深夜の白い霜を見る。
無体の魂無魂の体
カウボーイさん
神の怒りは一つの都市を消滅させるほどである。だがそこで生活する民が絶えることはない。神々の城は人間によって築き上げられたが、人間は入ることを許されない。
鉄帽の刑事蹄鉄
第五人格FAとおまけ漫画
蒸気の都は、法から逃れている全ての者の憩いの場。ここでは、海賊のような強さが生き延びる鉄則とされているが、自警を謳うことを妨げることはない。チリン、チリン。次の駅についたら、不運は私たちから離れてくれるだろうか?
花の馬鞍
色鮮やかな馬を持っていても、旅が鮮やかなものになるとは限らない。

R
墨紫色枯草色
たとえ紫色でも、カウボーイの力強い気概は覆い隠せない。枯れ草が広がる草原は、野火の温床。

初期衣装ボロい服
カヴィン・アユソの休息
初期衣装。すべてが自然に見える服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?

関連タグ

IdentityV サバイバー(IdentityV)

背景推理(ネタバレ注意!)

この先ゲーム内における「背景推理」のネタバレを含みます。


























1.遭遇新たに誰かと知り合うということは、悪運が降り注ぐまで、誰もがそれを幸運と思ってしまうもの。
1枚の写真:雪に足をとられ地面に座り込んでいる少年が、みすぼらしい服に身を包んだインディアンの女の子とその近くにいる狂牛を見上げている。女の子の手には、精巧に作られた投げ縄が握られている。
2.恩に報いる良識人であれば、困っている女の子に手を差し伸べないわけがない。その子が自分の恩人ならなおさらだ。
1枚の写真:カヴィン一家と女の子が古く壊れかかった暖炉を囲み楽し気にしている。女の子が自分の投げ縄を渡している瞬間を捉えた一枚だ。
3.期待生きるということは、こういうことなのだ。すべての願いが簡単に叶うわけではない。
別れが訪れた後に、再び会える確証もないのだ。
4.悪夢違う、ありえない!彼らはそんな人じゃない。少なくとも昔はそうじゃなかったはず。
懸賞通知:インディアンを殺した米国住民には、懸賞金が与えられる。ということは、ついこの間家に来た牛や羊は、こうやって得たものなのか?
5.生計家を離れるということは、決心と勇気だけでなく…お金も必要だ。
雇用契約:農場主は、定期的に、カヴィン・アユソさんに対し報酬を支払うこととする。幸運にも、心身共に健康なカウボーイにとって、生計をたてるのはそう難しい事ではない。
6.九死に一生ここに閉じ込められてから3日が経つ。寒い、そしてお腹がすいた…このままここで…死ぬのか?
1枚の写真:火の傍に横たわるカヴィンの周りを数人のインディアンが囲んでいる。とても興奮した表情を浮かべる族長のような老人の手には、精巧に作られた投げ縄が握られている。
7.贖罪その熱意は、感謝からくるものか?それとも申し訳なさからくるものか?
日記の1ページ:僕がかくまっているあの2人が行なった罪と同胞たちによる悪行を、できる限り償っていきたい。
8.完全殺戮彼らの攻撃がますますひどくなってくる!もう、なすすべがない。
「信じてくれ!皆の行先を漏らしたのは僕じゃない、僕は裏切者なんかじゃないんだ!」
9.躊躇い当時の真相を話せば…いや…やっぱりやめよう。
「お嬢さんとは、昔とても仲の良い友人でした。一緒に素晴らしい冬を過ごせたのです。その後、彼女は戻られていないのですか?」
10.背負いきれない重荷死んだ者は、二度と現れない。あれは…良心が生み出した影だ。
族長に書いた別れの手紙と、お金が入った袋。恐らくこれが彼の全財産だろう。

背景ストーリー

アメリカ大陸から来たカウボーイ。
若い頃あるインディアン部族の少女と親友になり、彼女から誰もが驚くロープの技を学んだ。
そして数年後、カヴィンは再びインディアン部族の者に助けられ、
自由奔放な彼はすぐに彼らの生活に馴染む。
しかし楽しい時間も長くは続かず、部族は衰退し、彼も矛盾にとどまることを諦め、
ヨーロッパ大陸で旅を続ける決心をした。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カヴィン・アユソ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37262

コメント