ピクシブ百科事典

パトリシア・ドーヴァル

ぱとりしあどーゔぁる

「IdentityV」に登場する女性サバイバーのうちの一人である。
目次[非表示]

うわさ
血の中に隠された呪いはパトリシア・ドーヴァルに限りない苦痛と強大な力をもたらす。力には代償がともなうもの —— 彼女はそれを痛感している。

概要

アプリゲーム「IdentityV」に登場するサバイバーの一人。

                            出身階級:不詳  職業:呪術師

性能

外在特質

  • 猿の魔像
Patricia Dorval


呪術師は魔像を常に携帯している。魔像のバリアを1スタック消費することで、魔像の呪いにより一定の範囲内の直近のハンターを短時間マヒさせることができる。魔像のバリアが3スタックたまると、バリアを爆発させることができる。バリアを3スタック消費することでハンターを数秒間マヒさせる。

  • 魔像守護

じゅじゅちゅしさん!


呪術師の付近にハンターがいるとき、魔像のバリアが発動する。時間の経過とともにそのハンターに対するバリアが累積していき、呪術師にそのハンターを呪う力を与える。ハンターと魔像の距離が近いほど、バリアは早く累積する。全呪術師のバリア1つ(爆発させられているか否かは問わない)につき、累積速度が7%減少する。(最大70%減少)。ハンターが呪術師にダメージを与えると、バリアが1スタック増える。そのハンターに対するバリア効果は最大5スタック。

  • 魔力庇護
呪術師を治療するか、呪術師によって治療を受けたサバイバーはその呪術師の庇護を受ける。魔像の庇護は代替されず、重ねがけされない。そのため、呪術師およびすでに庇護を受けているサバイバーは他の魔像により庇護されない。ハンターが庇護を受けているサバイバーにダメージを与えたいときも、呪術師の魔像のバリアが累積する。

  • 魔像反動
呪術師は苦しみを受け続ける。治療を受ける時間が20%増加する。

衣装(スキン)一覧

UR
宿命
◇IdentityⅤ◆Twitterまとめ◇
Enchantress
生命とは罪の本体である。時間と沈黙を守ってそれは消え去る。


SR
洗浄器用な女性
デェゴLOG①
まったく汚れていないものなど存在しない。洗浄は永遠に続く。手になじむ道具を使わせれば、ライオンのたてがみさえサラサラになるという。
ショップ販売S6・真髄3
夢の中に出てくる人毒苺
咒術師
私にとっては、恐ろしい海の鳴き声はよく眠るための音に過ぎない。美しい果実は危険を意味すると、彼女はよく理解している。

R
紫蝶
蝶がさなぎから生まれる前の姿を気にする者はいない。私もそうだ。
S6・推理の径マス報酬

初期衣装ボロい服
呪術師
初期衣装。すべてが自然に見える。服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?
背景推理目標

関連イラスト

ツイッターログ
咒術師



関連タグ

IdentityV 第五人格

背景推理(ネタバレ注意!)

この先はゲーム内における「背景推理」のネタバレを含むので注意。






















1.お母さんサイコロを振る前に彼女の名前を呼んでみて!あなたに幸運をもたらしてくれるかもよ。
一枚の写真:スカーフを頭に巻いた色黒のご婦人が腕に赤ん坊を抱えている。
2.バンジョー音楽はこの街で高みに立った物ではない。
一枚の写真:バンジョーを弾いている色黒の男性、服がボロボロで、手足に鞭で打たれた痕がある。
3.血統「あなたは特別なの」お母さんはよくこう言っていた。
「あなたはきっと立派な魔術師になれるよ、あなたのお母さんはハイチ出身よ、きっとあなたのことを誇りに思うわ」
4.タンブラお前が彼を選んだんじゃない、彼がお前を選んだのだ。
ノート1:白ラム酒と七匹色の違う蛇を用意して、真夜中に七本のろうそくに火をつけて、「白ラム酒を聖なる水として、偉大なる蛇の神タンブラ、我に祈りの力を」と呪文を唱える。七日後の真夜中に施術対象者は家に戻る。
5.遠く及ばない待つのよ、私のお嬢ちゃん、あなたは辛抱強さが足りないわ。
ノート2:40歳の聖なる魔術師はタンブラと交流することができる。魔術師は同情心があり、善良で、自然と平和を敬わなければならない。タンブラはいけにえを捧げるだけでつながりを持っている神様ではない。こういった交流は魔術師のポジティブパワーと関わっている。
6.誇り私の美しい娘。
「あなたは私の誇りよ」と彼女は言った。
7.リゴバ天神との仲介役、橋渡し。
ノート3:杖、つばの広い帽子、喫煙パイプ、質の良いタバコ葉を用意し、一本のろうそくに火をつけ、リゴバおやじの名前を呼ぶ。リゴバは施術者を見極め、グリの魂との会話を許可または拒絶する。
8.恥私の不幸な娘。
「あなたは私の恥だ」と彼女は言った。
9.「呪い」みんな私のことを雑種と呼んでいる。
その理由は今わかった。罪の種、暴行の産物。その半分の血統は彼女の故郷を踏みにじった侵入者からきている。
10.「科学」少人数の民主と同じように、それも少人数の科学だ。
燃やされた本:表紙に「カトライト博士のコーカサス人種とアフリカ人種について」と書かれている。
11.加護お別れのときにお母さんから最後のプレゼントをもらった。
魔像:粗削りの猿の頭の彫り物、そこには小さい文字で「自分の心の声を聴いて、パティシャ」と刻まれている。

背景ストーリー

パトリシア・ドーヴァルは奴隷船で生まれ、ハイチから来た母親は船の上で最後の息を引き取った。
まだ幼いパトリシアはニューオリンズまで無事に着いたが、町中で船主に見捨てられた。
だが、その原因で彼女も新たな‘母親’を見つけた。
パトリシアは、‘母親’から薬草の知識、医術と呪術を学び、成人した後に見知らぬ故郷を辿る事にした。
パトリシアがあの土地に踏み入れた時から、彼女の血脈に隠された呪いが徐々に蘇って、彼女に絶えない苦しみを与えた。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パトリシア・ドーヴァル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11139

コメント