ピクシブ百科事典

パトリシア・ドーヴァル

ぱとりしあどーゔぁる

「IdentityV」に登場する女性サバイバーのうちの一人である。
目次[非表示]

うわさ
血の中に隠された呪いはパトリシア・ドーヴァルに限りない苦痛と強大な力をもたらす。力には代償がともなうもの —— 彼女はそれを痛感している。

概要

アプリゲーム「IdentityV第五人格)」に登場するサバイバーの女性。日本語の声優は小林ゆう(S12・真髄3ミニストーリー動画)。

プロフィール

名前パトリシア・ドーヴァル
年齢35歳※1(1月3日生まれ)
出身階級不詳(日本版公式ウェブサイトでは「奴隷階級」)
職業呪術師
性格保守的、しっかり者、プライドが高い、酷薄※2
好きなもの薬草、木彫り、ゴールドアクセサリー
嫌いなもの
特技呪術
趣味薬草、木彫り
星座山羊座(魚座)


※1、年齢のソース
※2、誕生日と同様に発表されたがこの要素だけでキャラクターを判断して欲しくないという運営の方針によりこの項は削除された

容姿

パティシャHappy Birthday♡


バンダナを巻いたドレッドヘアにチューブワンピースを身に着けて、顔や腕に模様がある黒人女性。

サバイバーは目元がボタンであり彼女もそうなのだが、基本他のサバイバーのボタンは4つ穴ボタンであるが彼女の両目はシャンクボタンとなっている。

性能

外在特質

  • 猿の魔像
Patricia Dorval


呪術師は魔像を常に携帯している。魔像保護を1スタック消費することで、魔像の呪いにより一定の範囲内の直近のハンターを短時間マヒさせる。魔像保護が3スタックたまると、特殊アイコンをタッチでバリアを爆発させることができる。バリアを3スタック消費することでハンターを数秒間マヒさせる。

  • 魔像守護

じゅじゅちゅしさん!


呪術師の付近にハンターがいるとき、魔像守護が発動する。時間の経過とともにそのハンターに対するバリアが累積していく。ハンターと魔像の距離が近いほど、バリアはより早く累積する。全呪術師のバリア1つ(爆発させられているか否かは問わない)につき、累積速度が7%減少する。(最大70%減少)。ハンターが呪術師にダメージを与えると、バリアが1スタック増える。そのハンターに対するバリア効果は最大5スタック。

  • 魔力庇護
呪術師を治療するか、呪術師によって治療を受けたサバイバーはその呪術師の庇護を受ける。魔像の庇護は代替されず、重ねがけされない。そのため、呪術師およびすでに庇護を受けているサバイバーは他の魔像により庇護されない。ハンターが庇護を受けているサバイバーにダメージを与えたときも、呪術師の魔像守護が累積する。この効果はサバイバーがダウンすると失われる。

  • 魔像反動
呪術師は苦しみを受け続ける。治療を受ける時間が20%増加する。

主な立ち回り方

・特徴
複数回使用可能なスタンでハンターを足止めできるチェイス型サバイバー。通常であればハンターから逃げ切れない距離、板や窓の操作が間に合わない状況でもスタンを使用してチェイスを続行できる。

呪いの増加、発動はハンターを視認できない壁越しでもできる。赤の教会などのマップで、高く薄い壁越しのチェイスに強い。また、ハンターに命中させるなどの特別な操作を必要としない、ハンターの存在感を増加させずにチェイスできる、使用回数上限は無く5スタックまでためられるなど使い勝手が良い。

芸者道化師のような高速で接近するハンターに強い。道具ボタンを連打しながら逃げていれば、ハンターが射程内に入った瞬間に呪いを発動でき、攻撃を受けることなく距離を取れる。

風船運び中のハンターをスタンさせて救助(風船救助)できる。呪術師以外のスタンキャラでもできるが、前述の使い勝手の良さから地形やオブジェクトなどの状況に左右されにくいのが利点となる。

協力狩りでは粘着、治療、アイテムの香水を使ってノーダメージで呪いを増やせるなど通常モードとは異なる独特の強みを持つ。ただし、呪いはハンターごとに別々に扱われる点と、スタン対策をされやすい点には注意が必要。タロットモードにおいても、粘着性能の高さから強力な侍従になれる。

・弱点
チェイス型サバイバーだが、プレイヤーのスキルが高くなければチェイスできない。板窓操作速度の上昇は無く、呪いがたまるまでは能力が使えず立ち上がりが不安定なため、呪いに頼らずにチェイスができるだけのスキルが求められる。呪いによるスタンも強力とは言えず、板窓乗り越えやポジション移動など効果的なタイミングを見極めなければ無駄打ちになってしまう。チェイスが苦手だからチェイスの強いサバイバーを使うということであれば、庭師などの方が安定しやすい。

相性の悪いハンターが多い。遠距離から攻撃できる血の女王、呪いが信者ごとに別々に扱われる夢の魔女を筆頭に、飛び道具持ちのハンター全般、呪いを増やさずにダウンを取れる上に相性の悪い要素が複数ある写真家破輪などが挙げられる。ガードNo.26彫刻師もスキル攻撃が0.5ダメージで呪いを増やしやすいが、遠距離攻撃なので呪いを発動できずにダウンを取られかねない。白無常黄衣の王、写真家は溜め攻撃の射程が長いので、呪いの範囲外から攻撃を当てやすい。

こうした点は探鉱者にも似ているが、アイテムの使用回数が時間経過で増加する点、回復バフがある点など(磁石の操作が正確に行えれば)探鉱者の方が有利に立ち回りやすい。

スタンキャラの常として、ハンターの補助特質「興奮」や内在人格の「檻の獣の争い」「怒り」に弱い。呪術師のためだけに興奮を採用することは考えにくいが、味方にオフェンス空軍などがいる場合には警戒が必要。風船救助時の1スタックスタンを怒りで軽減した場合、落ちたサバイバーが動く前に攻撃できるため、存在感の増加や風船もがきゲージのリセットでハンターを有利にしてしまう。

内在人格の項でも触れるが、上記の通り自力でチェイスをする必要があることと、呪いのスタックが少ない状態では救助に行きにくいことから割れ窓理論の取得が必須(=危機一髪を取得できない)であり、味方に救助役を任せる必要がある。危機一髪持ちの必要人数を考えると、特に占い師が割れ窓理論を取りにくくなるが、呪術師は占い師から割れ窓理論を奪ってまで編成したいサバイバーではない。

・おすすめの内在人格
受難、起死回生、中治り、割れ窓理論(いわゆる39)が必須。残りのポイントで医師を取得すると、味方の立て直しと魔力庇護による呪い増加がやりやすくなる。医師を取得する途中にある吊り橋効果も、治療のための合流やチェイスの巻き込み回避に便利。呪いによるスタンも込みで板当てを行えるなら、怪力に振ってチェイスに特化させる構成もある。

残りは奇襲を回避してチェイスを延ばせるように寒気や、ダウン後に備えて不撓不屈を取る。癒合を取るのもいいが、他の人格に割り振りにくくなる。

衣装(スキン)一覧

UR
宿命オズを彷徨って
Enchantress
Maroon Crystal - 陌路仙蹤
生命とは罪の本体である。時間と沈黙を守ってそれは消え去る。道に迷った少女が嘘と裏切りを見抜いた時、この世界はすでに朽ち果てていた。決して屈しない彼女は真っ赤な靴を踏みしめ、未知の旅へと舞い戻っていく。


SSR
沈黙者「導く者」
第五イラスト
センシティブな作品
教会から離れた後、沈黙者はまるで糸が切れた凧のように、彼がかつて抱いていたあつい信仰心もこの村での平凡な生活の中でだんだん消されて行った。もし、自分が「母親」として見てきたあの人が、私をこの歪んだ運命に押し寄せたのならば…いったい誰が、彼女の「運命」を、この呪われた密林に導いたのだろう。

SR
洗浄器用な女性
JUJU
第五人格LOG①
まったく汚れていないものなど存在しない。洗浄は永遠に続く。手になじむ道具を使わせれば、ライオンのたてがみさえサラサラになるという。
ショップ販売S6・真髄3
夢の中に出てくる人毒苺
enchantress
[腐]ててご詰め[ホセノト]
私にとっては、恐ろしい海の鳴き声はよく眠るための音に過ぎない。美しい果実は危険を意味すると、彼女はよく理解している。
目元をよく見ると…
帰化者消え逝く
彼女は魔典に帰化されたが、自分を失ってはいない。立場とは裏腹に、教会の知られざる秘密の扉に潜入し、双方の根源を探ろうとしている。荒野に響き渡っていた呼びかける声は、いつの間にか文明の波の中に消えてしまった。

R
紫蝶
蝶がさなぎから生まれる前の姿を気にする者はいない。私もそうだ。
照りつける太陽(旧名称:白い猟犬)
猟犬の色なんて気にするものか?獲物を捕らえるならば十分だ。
青いクラゲ
センシティブな作品
クラゲは儚く見えるが、不意に触るとケガするぞ。

初期衣装ボロい服
呪術師
初期衣装。すべてが自然に見える。服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?

関連イラスト

ツイッターログ
仲間



関連タグ

IdentityV 第五人格

背景推理(ネタバレ注意!)

この先はゲーム内における「背景推理」のネタバレを含むので注意。






















1.お母さんサイコロを振る前に彼女の名前を呼んでみて!あなたに幸運をもたらしてくれるかもよ。
一枚の写真:スカーフを頭に巻いた色黒のご婦人が腕に赤ん坊を抱えている。
2.バンジョー音楽はこの街で高みに立った物ではない。
一枚の写真:バンジョーを弾いている色黒の男性、服がボロボロで、手足に鞭で打たれた痕がある。
3.血統「あなたは特別なの」お母さんはよくこう言っていた。
「あなたはきっと立派な魔術師になれるよ、あなたのお母さんはハイチ出身よ、きっとあなたのことを誇りに思うわ」
4.タンブラお前が彼を選んだんじゃない、彼がお前を選んだのだ。
ノート1:白ラム酒と七匹色の違う蛇を用意して、真夜中に七本のろうそくに火をつけて、「白ラム酒を聖なる水として、偉大なる蛇の神タンブラ、我に祈りの力を」と呪文を唱える。七日後の真夜中に施術対象者は家に戻る。
5.遠く及ばない待つのよ、私のお嬢ちゃん、あなたは辛抱強さが足りないわ。
ノート2:40歳の聖なる魔術師はタンブラと交流することができる。魔術師は同情心があり、善良で、自然と平和を敬わなければならない。タンブラはいけにえを捧げるだけでつながりを持っている神様ではない。こういった交流は魔術師のポジティブパワーと関わっている。
6.誇り私の美しい娘。
「あなたは私の誇りよ」と彼女は言った。
7.リゴバ天神との仲介役、橋渡し。
ノート3:杖、つばの広い帽子、喫煙パイプ、質の良いタバコ葉を用意し、一本のろうそくに火をつけ、リゴバおやじの名前を呼ぶ。リゴバは施術者を見極め、グリの魂との会話を許可または拒絶する。
8.恥私の不幸な娘。
「あなたは私の恥だ」と彼女は言った。
9.「呪い」みんな私のことを雑種と呼んでいる。
その理由は今わかった。罪の種、暴行の産物。その半分の血統は彼女の故郷を踏みにじった侵入者からきている。
10.「科学」少人数の民主と同じように、それも少人数の科学だ。
燃やされた本:表紙に「カトライト博士のコーカサス人種とアフリカ人種について」と書かれている。
11.加護お別れのときにお母さんから最後のプレゼントをもらった。
魔像:粗削りの猿の頭の彫り物、そこには小さい文字で「自分の心の声を聴いて、パティシャ」と刻まれている。

背景ストーリー

パトリシア・ドーヴァルは奴隷船で生まれ、ハイチから来た母親は船の上で最後の息を引き取った。
まだ幼いパトリシアはニューオリンズまで無事に着いたが、町中で船主に見捨てられた。
だが、その原因で彼女も新たな‘母親’を見つけた。
パトリシアは、‘母親’から薬草の知識、医術と呪術を学び、成人した後に見知らぬ故郷を辿る事にした。
パトリシアがあの土地に踏み入れた時から、彼女の血脈に隠された呪いが徐々に蘇って、彼女に絶えない苦しみを与えた。

誕生日タスククリア

尊敬なる(プレイヤー名)様
この世にどう生まれてくるかなど、決められる人間はいない。
赤ん坊の泣き声は、生まれたての頃に予知の力を授かり、未来で待ち構えている苦難を目にしたからなのだと、マリーママが言っていた。
ただ、成長していくにつれて、その予知能力は生まれた瞬間の記憶と共に掠れていく。それは人間が生きる希望を抱けるよう、神がお与えになった恩賜なのだそうだ。
なら、その記憶を取り戻そうとすれば、私たちはどうなるんだ?
彼女は答えなかった。
だが、私はその方法を見つけ出した。
リゴバおやじに通じて、もう一人のその由縁を知っている魂――私の真の母親と言葉を交わすこと。
私に肉身を与えてくれた、あの女に。
もちろん、その過程は順調ではなかった。
むしろ、最悪だったと言ってもいい。
私はとある暴行の証拠であり、恥を知るべき罪の子であり、不潔な血統の持ち主でもある。
そして私の母親は敬虔なジャック一世の追随者だ。彼女の怒りも当然だった。
驚いたかって? いや。ニューオーリンズの街には毎日のように数えきれないほどの混血児が歩いている。
悲しくなかったかって? 多少はあったかもしれない。だが、私には驚嘆するほど素晴らしい養母がいる。彼女は平等に、無私に私を愛してくれていた。
まあ、この事で何かしらの影響を受けたのも事実だ。
リゴバおやじには報酬を支払わなければならなかった。神と結んだ契約は絶対だから。
かつての私は、如何に重罪を抱える魂を探し求めるか酷く悩んでいた。
もちろん、今は解決しているよ。豊かな猟場を見つけたからね。
お元気で
パトリシア・ドーヴァル


補足
背景推理の1・4・5・7はハイチで発展した「ブードゥー教」の呪術・儀式で行われるもの。
自身の出生について知りたかったパトリシアは、本来なら40歳を超えて行うロア(神・精霊)タンブラとの交流の儀式を行い死んだ実母と話すことに成功した。
その過程で人間とロアの仲介者であるリゴバおやじ(ロアのパパ・レグバ)に「重罪を抱える魂」を捧げると契約し、エウリュディケ荘園をその猟場として訪れている。

育ての母であるマリーママは、場所がニューオーリンズであることとサイコロを振る前に名前を呼ぶことから「マリー・ラビュー」がモデルと思われる。
術師として名高い育ての母から呪術を学び、死者の霊を呼び出せるほど大成したパトリシアを実母は「私の誇り」と呼んだ。

ジャック一世はハイチ建国の父である「ジャン=ジャック・デサリーヌ」のこと、奴隷の子として産まれフランスから独立を勝ち取ると蛮行の仕返しとして強固な白人迫害を行った人物。
パトリシアの実母はハイチ出身、かつ追随者ということは白人に対し強い恨みを持っていると推測できる。そのため白人との望まれない子であるパトリシアを「私の恥」「血脈の呪い」と呼んだ。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パトリシア・ドーヴァル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166872

コメント