ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

黄衣の王

こういのおう

黄衣の王とは、クトゥルフ神話に登場する戯曲、ハスターとニャルラトテップの化身。
目次 [非表示]

黄衣の王とは


 黄衣の王(The King in Yellow)とは、架空の神話体系であるクトゥルフ神話に登場する戯曲、およびハスター、もしくはニャルラトテップの化身である。なお、読み方として、『こういのおう』以外に、『おういのおう』、『きごろものおう』とも読む。


戯曲『黄衣の王』について

 19世紀後半に自殺した作家(不明だがキャスティーヌという名前かもしれない)によって書かれたと考えれる戯曲。

 1895年に最初の『黄衣の王』が出版されるも政府と教会の糾弾により上演禁止となる。それ以降は他の版がひそかに発行されていた。

 詳しい内容の言及は避けるが、『黄衣の王』は二部構成になっており、空想と情緒不安から狂気を導く、非常に危険な内容である。


ハスター、もしくはニャルラトテップの化身

 戯曲の中心人物。

 ボロボロの黄色いローブをまとった巨大な人間の姿をしており、翼か光輪を持つこともある。蒼白の仮面でその恐ろしい素顔を隠しているとされる。

黄の印はすたこ。


登場する作品

 黄の印(The Yellow Sign)……ロバート・W・チェンバース著。クトゥルー (3) (暗黒神話大系シリーズ) などに収録。

 本を守護するもの(The Guardian of the Book)……ヘンリイ・ハッセ著。クトゥルー(13)(暗黒神話大系シリーズ)などに収録。作中、書物として言及。


実在の書籍としての「黄衣の王」

 上述するロバート・W・チェンバースが1895年に出版した短編集の題であり、黄の印(The Yellow Sign)ほか4編作中に戯曲タイトル、および超自然的存在として登場する。

 1930年のラブクラフトによる短編「闇に囁くもの」に登場したことにより、クトゥルフ神話の一部として取り入れられた。

 なおこれら作中で用いられたハスターをはじめとする固有名詞は、チェンバースがアンブローズ・ビアスから借用したものである。

 日本では2022年12月時点でBOOKS桜鈴堂による訳が紙・電子書籍で流通している。また、創元推理文庫版が発売されていたが、こちらは収録作品が原典と異なっており(『黄衣の王』に直接関連する4編はすべて収録されている)、また発売から年数を経ているため入手が難しい。


関連タグ

クトゥルフ神話

クトゥルフ

クトゥルー

ハスター

ニャルラトテップ

SIGNALIS:作中に重要アイテムとして登場する

関連記事

親記事

ハスター はすたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2011455

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました