ピクシブ百科事典

ウィラ・ナイエル

うぃらないえる

「IdentityV」に登場する女性サバイバーのうちの一人である。
目次[非表示]

うわさ
闇市で手に入れた神秘的な香水のレシピにインスピレーションを得て、独特の「忘却の香水」を調合した。しかし香水はまだ不完全なため、彼女はそのレシピの由来を追って荘園に来た。

概要

アプリゲーム「IdentityV」に登場するサバイバーのうちの一人である。

                        出身階級:没落した貴族  職業:調香師

性能

外在特質

  • 忘却の香
第五人格調香師


調香師は「忘却の香水」を噴射することで、その時の自身の状態と位置を記録することができる。スキルが持続している一定時間内、調香師はその間発生したことを忘れ、記録した時の状態と位置に戻ることを選択できる。調香師は香水の製作者であり、使用回数が追加される。

  • 記憶喪失
調香師は忘却の香水を頻繁に使い、記憶喪失の症状に苦しんでいる。暗号調整に失敗するとロジックが分からなくなり、進度の低下が一般サバイバーの3倍になる。

  • 敏感
調香師は匂いに敏感で、医薬用の器材が生み出す異臭を好まない。治療必要時間が30%増加。

衣装(スキン)一覧

調香師大好き!



UR
珊瑚夫人今宵こそ
Identity V
センシティブな作品
海底に沈む火山の傍の檻から目を覚ました彼女は、体が珊瑚や暗礁と融合していた。熱水は身を焦がし、心は淵へと堕ちる。ワインを飲んでほろ酔いが覚める前に、離れてください。忘れることにした真相から離れてください。

SSR
籠の中の蝶致命的な優しさ
籠の中の蝶
致命的な優しさ
彼女は「胡蝶夫人」に出てくる天真爛漫な東方の女性に憧れていた。自分もいつか同じような愛情に出会えると思っていたが、運命がこんなにも残酷だとは予想しなかった —— 波は彼女の水夫を飲み込み、全てを奪い去った。未亡人の体から終始漂う脂粉の香。次の目標は誰?
時の砂スカーレットの新婦
【IdentityVイラコン】零れた砂は、二度と戻らない。
無題
高塔が凍りつき、エネルギーが枯渇した。彼女の先見では、街が極寒に呑み込まれるのは見えたが、あの少年の最後の選択までは知ることができなかった —— 時間を一時遡ることはできても、運命までをコントロールすることはできないのだ。あの終わっていない結婚式は彼女の心の中に消えない烙印を残した。しかし彼女はそれでも呪いを背負い前に進む。恨みもなく、後悔もなく。

SR
貴族のマナー月神の侍女
第五人格おえかきまとめ
華美な礼服を身に纏って宴に参加することは、ひとつのマナーでしかない。彼女はより純粋な香りを追い求め、自分自身をこれらの凡俗な取り巻きから超越させたい。月神様に仕える最も忠実な侍女として、彼女は自分の揺らがない信仰に誇りを持っている。
キリンの優雅まだらの憂
ウィラちゃん♡
キリンの傲慢さは、優雅にすべてを見下ろすところにある。人もまたそうなのだが。日ごとにまだらになっていく記憶は、微かな憂鬱をもたらす。過ぎ去ったことを思い出すことはできない……
竜舌蘭紅葉の赤
無題
무제
もし一生で一度しか花が咲かないのなら、その一度だけの絢爛さを楽しむだろうか?枯れる前にのみ見ることができる色があるが、見てみる価値があるのだろうか?
魔薬剤師薬剤師
She desires "                ".
最近描いたまとめ
神秘的でなまめかしい魔の薬剤師は魔法学園の魔薬授業の教授だが、陰では誰に忠誠を誓うか全くわからない。魔薬学の研究に専念しているが、魔法に利用するのは少なく、原料を組み合わせるのが得意な薬剤マスターです。
なぞ
彼女は理性的に物事を判断するが直感で善悪を語る。

R
青の風鈴幽香の粉
調香師
第五人格・調香師
朝露に濡れた青の風鈴、その清らかさは美しい季節のほころびのようだ。幽香が薄れた後に残るのは何色だろうか?
セイヨウキヅタ
セイヨウキヅタは元々夫婦の髪飾りであったが、結婚式後に行方がわからなくなってしまった。

初期衣装ボロい服
IdentityVイラコンファンアート
初期衣装。すべてが自然に見える。服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?

携帯品

UR
バラの下寡黙なあなたにこの花を。
Tonight or never
特殊効果:調香師のスキル影の切替。特殊アクション:お別れ。香水の残像が、胸の前で腕をクロスさせるものに変わる。そして香水を噴射する時の、自身の残像の色を設定から変えることができる。色は「タンニック」「ピンクビューティー」「オーシャンソング」の3種類あり、「タンニック」では白色に、「ピンクビューティー」ではピンク色に、「オーシャンソング」では水色に、残像の色が変化する。特殊アクションでは、自身そっくりの香水の幻と踊る。背景推理を考慮すると…。


SSR
凝縮の水瓶に入っている水が回り続き、渦となり、ある種の生命体のように見える。
特殊効果:調香師スキルの影を交換。香水を噴射すると、自身の残像が水っぽくなる。
胡蝶蘭籠の中の蝶は花の香りを忘れられない。
ナイエル嬢
特殊効果:香水を放つ特殊効果を追加。香水を噴射すると、しばらくの間、半透明な紫の蝶の羽が生える。よくみると少し羽ばたいている。

SR
ホラ貝伝説によると、死んだ者を蘇らせるホラ貝があるそうだ。それを手にすれば永遠の若さを保つことができ、無数の人間がそれを求めていた。しかし、これは艶までも見せない、普通のホラ貝のようだ。

関連イラスト

調香師の日常
ソロダンス



関連タグ

IdentityV サバイバー(IdentityV)

背景推理(ネタバレ注意!)

この先ゲーム内における「背景推理」のネタバレを含みます。





















1.以心伝心私達には、他人が知りえない心のつながりがある。
古びた写真:瓜二つの女の子が2人、手をつなぎ花畑にたたずんでいる。一人はとても明るく、もう一人は気が弱そうなたたずまいだが、とても親密な様子だ。写真の右下には、2人の名前が記されている:ウィラ・ナイエル、クロエ・ナイエル
2.疎外大人達は常に自分の物差しで物事を評価し比較し続ける。
「クロエ?あんな香水作りしかできない変人なんて、誰も気にもとめないさ。姉のウィラは、優雅で誰にでも愛される美人だけどね。」とあるグラース市民の言葉。
3.恩恵香は大自然を物語っている。しかし、全ての人が幸運にもその共鳴を得られるわけじゃない。
ウィラの日記:クロエには、調香師であれば誰もが羨む天賦の才があるのだから、もう少し自信を持つべきよ。
4.試み何かを作り出すということは、成功が確証されるまで、人から疎まれるものだ。
手紙:自分の作品を世に送り出したいのであれば、即刻その怪しく滑稽な試みをやめるのだ。署名:グレイグ・ナイエル、家族経営店舗管理人
5.温もりバラを2、ビャクダンを5、ゼラニウムとカリンをそれぞれ1の割合で配合すると、姉さんの香のできあがり!
ウィラがよくしてくれた記憶は、彼女にとって数少ない温もりの思い出だ。姐だけが、彼女の言葉に真剣に向き合い、他人からしたらおかしな行動に見えた実験に対しても背中を押してくれていた。
6.信じがたい事実本来ならこれは全て私のものよ!
ニュースの切り抜き:調香師ウィラ・ナイエル頭角を現す。彼女の作り出した作品は業界内からも多大な賛辞が寄せられ、ニューオープンした香水ショップの人気はうなぎ登りだ。本来なら、喜ばしいニュースのはずだが、この切り抜きは一度破られてから、再度張り合わされた痕跡がある。
7.復讐悔しさと恨めしさの種に、芽吹きの雨が降り注ぐ。
混迷の香と鋭いナイフ手に、彼女は今日よりウィラ・ナイエルとして生きていく。突如失踪したクロエはどうなるかって?そんな者のことなどきっと誰も気にとめないだろう。
8.正常軌道人に注目されるのって、こういう気持ちなのか。
1枚の写真:香水ショップの前で、人々に囲まれている「ウィラ」の表情は、自信に満ちあふれ、とても優雅にみえる。その瞳には、皮肉さやそれを楽しんでいるかのような色も見受けられる。
9.後悔の薬世の中には正せない誤りもある。
ウィラの日記:クロエの才能は、このまま埋もれさせていいものじゃないわ。色眼鏡で彼女のことを見ている奴らなんて、私が見返してやる。でも、クロエの性格じゃあ、私が彼女を表舞台に出そうとするのをよく思わないはず。どうしたら良いのかしら?
10.選択この世で唯一自分を心から愛してくれていた者を殺してしまい、胸が張り裂けそうなクロエ。
しかし、その事実よりもさらに耐えがたいのは、殺してしまった彼女が送るべきであった生活を、自分が当たり前のように受け入れてしまっている現状だ。

つまり、調香師の名を冠する彼女の真の名は、ウィラ・ナイエルではなく、クロエ・ナイエルだったのだ。

背景ストーリー

名が知れている調香師。
長年の模索を経て、遂にとある神秘的な香水のレシピからインスピレーションを得たのち、
独特の「忘却の香水」を調合した。
しかし香水はまだ不完全なため、彼女はそのレシピの由来を追って荘園に来た。
荘園の主が、彼女の悩みを解決してくれるといいのだが。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィラ・ナイエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76659

コメント