ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:神田朱未
紅い蝶』及び『眞紅の蝶』の主人公。年齢は15又は17。天倉繭双子の妹で、射影機の開発者である麻生邦彦博士の子孫でもある(入り婿だった亡き父の旧姓が「麻生」)。
肝の据わった活発な少女で繭とは違いそれほど霊感は強いわけではないが、繭を通じて稀に不思議な光景を見ることがある(手を繋いだ時など)。
幼少の頃、姉との追いかけっこの最中に足の遅い姉を置いて行って怪我させたことを今でも悔いている。

父の死後、母と姉と都会へ移り住んでいたが、かつての故郷が水上ダムになって無くなると聞き、一時的に戻っていた。姉の繭と歩いていたところ、繭が紅い蝶の後を追って森に消えてしまい彼女の後を追う。そして首のない地蔵を越えた時、澪と繭はかつて儀式に失敗し闇に包まれた伝説の村に迷い込んでしまった。
消滅する寸前に村の調査に来ていたある民族学者が残した射影機を手に、怨霊たちを退けて姉と一緒に村からの脱出を試みるが、繭は何かに取り憑かれたようになり、更に村の各所には「双子」と「儀式」についての文献が残されており、澪の不安は徐々に増していく。そしてその不安は的中し…。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

リメイク版『眞紅の蝶』の発売元が任天堂であった縁があり、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』では繭とコンビでフィギュア化されている。

次回作の大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALでは、とコンビでスピリッツとして登場。
憑依するボディは活発であるデイジーになっている。

関連イラスト

約束
ごめんなさい、ごめんなさい・・・


さよなら


関連タグ

 紅い蝶 零~紅い蝶~ 眞紅の蝶 零~刺青の聲~ 
天倉繭 双子 天倉螢 女主人公
堂島菜々子中の人繋がりの妹キャラ(義妹。)。この少女もまた、澪と同じく自分が登場しているゲーにて都市伝説絡みの怪奇に巻き込まれてしまうことになる。

澪が迎えた結末

紅い蝶(正史)

再三に渡る立花樹月の忠告とは別の道を行く澪は、虚にてはぐれていた繭と再会する。だが、繭は黒澤紗重の霊に取り憑かれており、いつか澪と離れてしまうという不安な気持ちでいっぱいだった。その不安から解放される為に、儀式を行い一つになる事を願う繭の想いを聞いた澪は、繭の言葉に導かれながら繭を絞首する。儀式を終えると、繭の亡骸が虚に投げ込まれ紅い蝶が現れる。どこからか「ありがとう…」という言葉が聞こえ、声の主が繭である事を知った澪は「おねえちゃん!」と大声で繭を呼び、謝罪の言葉を述べながら蝶を追いかける。だが、蝶は朝日の向こうへ消えていった為、澪はその場でしゃがみ込んで罪悪感から泣いてしまう。エンディング後、夏の終りに水上ダムが完成したのを知り、ダムを見に来ていた澪の首元には紅い蝶の痣が浮かび上がり、頭の中では「ずっと…一緒だよね…約束だよね…」と囁く繭の声が聞こえた。

マヨイガ(異伝)

繭を置いていったまま、村から出てしまった澪。気がつくと、プロローグの時に訪れていた沢に一人で座っていたが、辺りを見回しても繭が見当たらなかった。
このエンドはこのゲームにおけるゲームオーバーを意味する。

凍蝶(異伝)

虚にて繭に取り憑いていた紗重を払った澪だが、繭に儀式を強いられそうになり、儀式を中断してしまう。すると、繭が「一つになれないなら…ずっと苦しいままでいい、ずっと地獄でいい…」と言いながら、狂喜しだした。そんな繭を見ていた澪の頭の中にかつて繭が怪我した時の映像が映りだした。そこには怪我した右足を押さえながら泣き笑いする幼少期の繭と目の前で起きてる奇妙な現象を前に気絶する幼少期の澪が映っていた。映像が終わると繭が澪の首に手を添えて「ずっとここにいよう」と言いながら澪を絞首した。その後、死体だらけの部屋には目を見開いたまま微動だにしない澪と澪に膝枕をする繭がいた。エンディング後、雛壇のある部屋にて生気の無い澪は繭にただただ愛でられていた。

(異伝)

激闘の末、繭に取り憑いていた紗重を払い、虚に落ちそうになった繭を助けた澪。だが澪は、繭を助けた際に虚の中を覗いてしまい失明してしまう。助かりはしたものの、この件から繭を守っていた澪が、この件以降繭に守られることになった。完成した水上ダムを見た後、帰宅する為にベンチから立ち上がる盲目の澪を眺めながら繭は心の中で「ずっと…一緒だから…」と呟き、微かながらも微笑んでいた

約束(異伝)

儀式で繭が死んでしまう事を危惧し、虚に着いた澪は繭の所へ近づく。その時、澪の体から黒澤八重の亡霊が出現し、繭に取り憑いていた紗重の亡霊と再開。一人で村を出た事を紗重に謝罪した八重は紗重とともに儀式を行う。紗重に巻き込まれて繭も虚に落ちそうになるが澪に助けられる。儀式が成功した事で虚より沢山の紅い蝶が浮かび上がり、村にいる者達は紅い蝶が作り出す美しい光景をゆっくり眺めていた。村の出口に着いた澪と繭はそれぞれの秘めていた本音を言い、昇ってくる朝日を眺めた。朝日を眺めている際に澪は「もう…この手は離さないから…」と繭に約束した。

陰祭(異伝)

繭のいる虚へ着いた澪だが、もうすぐ大償が始まろうとしていた。だが、澪は逃げたりしないで繭の傍にいる事を既に決めていた。瘴気が溢れ出した瞬間、澪は繭に「一緒に落ちよう」と言った。場面が変わり、夏祭りに来ていた澪と繭が映り出した。夜空に浮かぶ灯籠を見つめながら幸せな時間を過ごしていた。だが、全ては澪の夢であった。大償の中、何があってもそばにいてくれる澪に心を動かされた繭は澪を抱きしめた。最後には、綺麗な織物に包まれた澪と繭が手を繋ぎながら幸せそうな表情で眠っていた。

刺青の聲

3作目の『零~刺青の聲~』でも登場。紅い蝶及び眞紅の蝶で起きた一件で姉の繭を失ったショックから、澪は床に伏せるようになり、やがて都市伝説の「眠りの屋敷」に捕らわれるようになってしまった。

関連記事

親記事

零~紅い蝶~ ぜろあかいちょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「天倉澪」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「天倉澪」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1075507

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました