ピクシブ百科事典

ほろう

中身が無いこと。本項では、漫画『BLEACH』に登場する怪物化した人間の霊体、いわゆる悪霊であるところの虚(ホロウ)について解説。
目次[非表示]

曖昧さ回避

――読み方は「うつ」「うろ」「キョ」など様々。
意味は「からっぽ」(用例:虚空虚ろ虚しい)、「」(用例:虚偽虚構)など。

  • 虚(ホロウ)……漫画「BLEACH」に登場する怪物。本項で述べる。
  • 虚(うつろ)……漫画「銀魂」の登場人物。→虚(銀魂)

「BLEACH」の虚(ホロウ)

「虚」と書いてホロウ(hollow、英語で虚のこと)と読む。
人間が変質して生まれる怪物。いわゆる悪霊である。
強い執着を持って現世に留まり続けた霊は数か月から数年で胸に丸い孔が開き爆散。その後、霊子が虚として再構成される。また、地縛霊であっても第三者が胸の孔を開けてしまうと虚化する。ヴァストローデの場合穴が空いている位置は腹や、稀にどちらでもないこともある。

虚は人間を主食とし近親者や霊力の強い者の魂を求める習性がある。また、特に食欲(?)が強い虚は人間や通常の霊のような整(プラス)の魂魄ではなく同じ虚を捕食するようになる。
人間らしい感情はすでに失われており、知能はあるがほとんどの場合捕食破壊の為のみに使われる。
多くは人間と動物の中間のような姿で、顔には髑髏のような白い仮面を着けている。これは心を失い剥き出しとなった本能を隠す為とされる。
死神の持つ斬魄刀に斬られる事で虚としての罪が洗い流され尸魂界(ソウル・ソサエティ)へと送られる。しかし、生前から悪人だった場合は斬られた瞬間地獄へ引き渡される。

主な個体

フィッシュボーンD
のような顔の虚。黒崎家を襲撃して一護を食おうとした。
黒崎一護の死神代行としての最初の敵。

アシッドワイヤー(CV:うえだゆうじ
大蛇の下半身を持つ虚。
武器は口から吐く強酸と硬質の
その正体は井上織姫の兄である井上昊(そら)の霊が虚化したもの。
織姫への思いが虚化した事で殺意に変わり彼女を襲うが、一時的に正気を取り戻し一護の斬魄刀に自ら刺し貫かれた。

シュリーカー(CV:江川央生
コウモリに似た虚。
カエルに似た分身「小虚(ミューズ)」を操り、小虚は爆発するを放ち、下から放つ特殊な周波数を持つ音波で起爆させる。
生前は凶悪な殺人鬼だったがシバタユウイチを襲った際に事故死し虚化。シバタの魂をインコに移し、彼と関わる人間を殺すゲームに興じていた。
朽木ルキア茶渡泰虎を嬲って追い詰めるが一護に倒され、地獄の怪物クシャナーダによって地獄へ引きずり込まれた。

グランドフィッシャー(CV:茶風林

Ichigo and Grand Fisher Sketch


四足獣のような虚。
狡猾な性格で触角の先にある人間の姿をした「疑似餌」で霊力のある人間をおびき出し捕食する。また、爪で相手の記憶を読み取り疑似餌を大切な人に変身させることも可能。本体が破壊されても、疑似餌に乗り移ることで尻尾を自切するトカゲのように逃げることが出来る。
一護に敗北後、虚圏で仮面を除去する手術を受けて「破面もどき」となって一護(中身はコン)を襲うが、一護の父黒崎一心により倒される。
一護の母黒崎真咲を殺害した「直接の」犯人でもある。

メタスタシア(CV:大塚芳忠
100年前に藍染惣右介によって作られた実験体の虚。
相手の霊体と融合して乗っ取る能力と、触腕に触れた斬魄刀を消滅させる能力を持つ。
当時の十三番隊第三席志波都を殺害し副隊長の志波海燕を死に至らしめ、海燕もろとも斬ったルキアの心にトラウマを遺す。
倒されても虚圏で再生されるように準備していたが、アーロニーロ・アルルエリに取り込まれた。

ゾンザイン(CV:安元洋貴
単行本のオマケ漫画とTVアニメ版に登場。その名の通りぞんざいなデザインの巨大虚。
飄々とした言動で魂葬刑事カラクライザー(コン)を翻弄するが、救援に来たカラクライザー・ゴールドドン・観音寺)らに倒された。
アニメ版ではカラクライザーのライザービームで倒される。

ホワイト
本編(千年血戦篇)の20年前に現世に現れ一心と戦った藍染の実験体。
大きさ・形状は人間とほぼ同じで、悪魔のような角、全身を覆う黒い鎧、肉のようなもので塞がった胸の孔が特徴。隊長である一心と渡り合うなど戦闘力も高い。
名前は鎧の下の皮膚が真っ白であることから東仙要によって命名された。
一心に加勢した真咲に噛み付いた隙にゼロ距離からの「神聖滅矢」で頭部を粉砕され一度は倒されるが、噛み傷から真咲の体内を侵す。
浦原喜助の助力を受けた一心によって真咲の虚化は食い止められ、その力は二人の息子である一護に受け継がれる。

分類

半虚(デミ・ホロウ)

胸の孔が開きかけた霊で外見は生前と同じ。厳密にはまだ虚ではない。外部から孔をこじ開けられたり、何もされずとも時間が経つにつれ、やがて虚化してしまう。

巨大虚(ヒュージ・ホロウ)

名前通り巨大な虚。後述の大虚と違い単体で巨大なもの。

大虚(メノス・グランデ)

互いを喰い合った数百の虚の集合体。

最下級大虚(ギリアン)

大虚の中で最下層の分類。
グランドフィッシャーやシュリーカーのような自我はほとんど無く知能も低いが、戦闘能力は通常の虚よりも遥かに高い。隊長格の死神でなければ戦う事すら不可能。
一様に全身が黒いのようなものに覆われ鼻の尖った仮面を着けている。3種類に大別される大虚の中で最も数が多く、外見での個体差は見られない。それら全てが高層ビルに匹敵するほどの巨大な体躯である。

似たもの同士?


体を構成する幾百の虚の中に、巨大虚のような突出して強力な個体がいた場合、そのギリアンは自我を持ち仮面のデザインも異なる。

中級大虚(アジューカス)

強い自我を持ったギリアンの個体が他のギリアンを喰らい続けることで進化した大虚。
ギリアンと比べると、体は並の虚ほどにまで小さくなったが、戦闘力はギリアンの数倍であり知能も高い。
一体一体姿が異なり、通常の虚よりも更に動植物に近い形状をしている。グリムジョー・ジャガージャックの回想に登場した何体かのアジューカスはみな仮面と同じ白い甲殻に覆われていた。
アジューカスとしての形態を維持するには同じアジューカスを捕食し続ける必要があり、一度ギリアンに退化すると永遠にアジューカスに戻れなくなる。また、体の一部分でも捕食されると、後述の最上級大虚に進化できなくなる。

最上級大虚(ヴァストローデ)

アジューカスが進化した最上級の大虚。
総じて姿がヒトに近く、大きさも同程度。
その戦闘力は隊長格すら上回ると言われる。

破面(アランカル)

仮面を外して死神に近い能力を得た虚の上位種。
詳細は該当項目を参照。

破面もどき

不完全な破面。
姿は虚だった頃の特徴を大きく残している。

その他

アニメ版ではの霊が虚化した虚が登場し、原作でもヤミー・リヤルゴが子犬のような虚(破面?)を従属官にしている。
虚圏の砂漠には小さなトカゲのような虚が生息しており、石田雨竜は虚圏の濃密な霊子の中では魂を食べずとも霊体を維持できると推測している。

その他の用語

虚に関する用語は主にスペイン語から取られている。

虚閃(セロ)

大虚が放つ収束された霊力の閃光。いわゆる破壊光線

反膜(ネガシオン)

大虚が同族を助ける際に使用する光線。
光の中は隔絶された異空間となり攻撃など外部からの干渉を受け付けない。

虚圏(ウェコムンド)

現世と尸魂界の狭間に存在する世界で虚たちの本拠地。
詳細は該当項目を参照。

超速再生

損傷部分を瞬時に修復する再生能力。

別名・表記ゆれ

ホロウ

関連タグ

BLEACH 破面 虚圏

pixivに投稿された作品 pixivで「虚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 601975

コメント