ピクシブ百科事典

零~刺青の聲~

ぜろしせいのこえ

零~刺青の聲~とはテクモより発売された和風ホラーゲーム「零シリーズ」第三作目である。
目次[非表示]

「零~刺青の聲~ 」(ゼロ しせいのこえ)とは、テクモのシリーズ第三作。
キャッチコピーは「侵蝕する恐怖」。
舞台は眠りの家と呼ばれる悪夢の中の広大な廃屋敷と、怜たちが暮らしている現実世界の近代住宅。
主人公が黒澤怜雛咲深紅天倉螢の3人であり、悪夢と現実を行き来しながら進めていく。


話が進むうちに夢と現実の「境界」が曖昧になり、現実世界にも霊が浸食してくるという恐怖が特徴。

前二作「零~zero~」「零~紅い蝶~」から要素が繋がっているが、本作だけでも十分プレイ可能。

タグは「刺青の聲」が使用されている。

物語

主人公黒澤怜はフリーのカメラマンである。
ある日、彼女は取材の為に「死者に会える家」という噂のある朽ちた廃屋を訪れる。
そこで雪の降りしきる巨大邸宅の白昼夢を見た。そこにいたのは彼女が起こした交通事故により亡くした恋人の麻生優雨であった。
その日から彼女の眠りは不気味な夢に侵されていく…。

登場人物

零~刺青の聲~キャラクター設定寄せ集め※ネタバレ有


黒澤怜(くろさわれい)(声:皆川純子
本作の主人公の一人。フリーのカメラマン。23歳。
自身が起こした交通事故により恋人・麻生優雨を亡くしている。
零~紅い蝶~」に登場した黒澤家との関係は不明。
魅力的なヒップ美乳とシャワーシーンでファンを悩殺する。
一時的な無敵回避技の「フラッシュ」を使う。

麻生優雨(あそうゆう)(声:黒田崇矢
黒澤怜の恋人であった。黒澤怜の起こした交通事故により死亡している。
眠りの家に現れ、怜を屋敷の奥へと導いていく。
後述の雛咲真冬や天倉螢とは仕事仲間だった。”射影機”を開発した麻生邦彦博士の子孫である。


雛咲深紅(ひなさきみく)(声:わくさわりか
本作の主人公の一人。黒澤怜の助手・家事手伝いをしている。19歳。
零シリーズ第1作、「零~zero~」の主人公。
怜の影響を受けるかのように、氷室邸(1作目の舞台)での事件以降失われていた霊的な能力が復活。自身の兄への想いも重なり、眠りの家に囚われる。
スロー効果をもたらす「御神石のお守り」と固有のタメ攻撃「重(チャージショット)」を使う。

雛咲真冬(ひなさきまふゆ)(声:金丸淳一
雛咲深紅の故人
零~zero~」において黄泉の門を封じる縄の巫女・霧絵に寄り添うために氷室邸に留まり、運命を共にする。
麻生優雨天倉螢とは仕事仲間だった。


天倉螢(あまくらけい)(声:織田優成
本作の主人公の一人。ノンフィクション作家。26歳。
零シリーズ第2作、「零~紅い蝶~」の主人公である天倉澪と繭の叔父にあたる。
眠りの家に囚われた姪の澪(後述)を助けようと調査をするうち、自身も夢に引きずり込まれた。優雨、真冬とは仕事仲間だった。
本来心霊現象には懐疑的なため3人中最も霊感が弱い、マップ内の要所に回避する手段「隠れる」を使う。

天倉澪(あまくらみお)(声:神田朱未) 
「紅い蝶」の主人公。皆神村の事件で自らの手で殺害してしまった姉の繭(後述)への思いにより眠りの家に囚われている。
天倉繭(あまくらまゆ) (声:川澄綾子) 
「紅い蝶」の主人公の片割れ・澪(上記)の双子の姉。皆神村の事件において死亡。





久世零華(くぜ れいか) (声:皆川純子
人々の痛み、柊を刺青として引き受ける刺青の巫女
柊を刻む役割を終え眠りにつこうとしていたが、そこである悲劇を目撃してしまったことにより「破戒」が引き起こされ、怨霊となって眠りの家を彷徨うことになった。怨霊名は刺青の巫女。

関連イラスト

零 刺青の聲より 久世零華
おなじ


零~刺青の聲~
だから、生きてほしい。


関連タグ


零~zero~ 零~紅い蝶~

外部リンク

零~刺青の聲~公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「零~刺青の聲~」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64955

コメント