ピクシブ百科事典

零~紫の日記~

ぜろむらさきのにっき

零~紫の日記~とは、任天堂から発売されたホラーゲーム「零シリーズ」第五作目。
目次[非表示]

概要

任天堂から発売された「零シリーズ」第五作目。制作はコーエーテクモゲームス

零シリーズとしては初のニンテンドー3DS作品である。
『心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜』のオリジナルソフトに「ARストーリー 零〜紫の日記〜」として収録されている。

タグとしては『紫の日記』で登録されていることが多い。

あらすじ

その日記はある日、突然届けられた『紫の日記』。
いつの頃からか、都市伝説で囁かれる古い日記…。

不気味な古い写真や意味不明の文字が綴られたその日記の最初のページ…?
ぽかりと空いた、白紙のページに、「あるはずのない」文字を見た者は…。
神隠しに遭い、やがて変わり果てた姿となって発見されるという。
「顔の削がれた」遺体となって…。

主人公は紫の日記に囚われた少女「眞夜」と共に日記の謎を解き明かす。
その先に待つ真実を確かめるために…。

主要人物

???(プレイヤー自身)

『紫の日記』の主人公。偶然手に入れた射影機を所有している。

眞夜(まや)

『紫の日記』に囚われていた謎の少女。
自らの失った記憶を取り戻すため、主人公(プレイヤー)と共に日記の謎を調べるため同行する。

長谷部 海斗(はせべ かいと)

失踪した妹を探す為、原因である『紫の日記』を調べている男性。日記に囚われ、一部となっている。

あきら

かつて『紫の日記』に囚われ神隠しにあった少年。日記について調べる者の前に現れ『遊び』に誘う。『遊び』に負けた者は彼同様、神隠しに遭うらしい…

長谷部 紫織(はせべ しおり)

長谷部海斗の妹。『紫の日記』に誰かの身代わりとして囚われ黒い服の女に人形の姿にされた女性

老婆

『紫の日記』に関わった者の前に現われる老婆。
彼女が唱える呪文には『紫の日記』に関わる重要な秘密があるらしい。
そして、その呪文を聞いた者は『紫の日記』から逃れられないとも…。

黒い服の女

『紫の日記』に人を誘い込み、囚われた人が黒い服の女に捕まってしまうと『顔を削がれ』てしまう。

関連タグ



外部リンク

心霊カメラ ~憑いてる手帳~

関連記事

親記事

ぜろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「零~紫の日記~」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6654

コメント