ピクシブ百科事典

久世零華

くぜれいか

久世零華とは、ホラーゲーム『零~刺青ノ聲~』の登場人物。
目次[非表示]

CV:皆川純子(黒澤怜と二役)

概要(ネタバレ注意)


本作のラスボス、怨霊名は刺青の巫女。上半身(といっても代々の刺青の巫女は皆そうである)。
体中に縁者と死に別れた人々の思いや痛みを引き受けた刺青、が刻み込まれている。久世の宮に入る前の旧姓は雪代零華。
かつての久世の宮最後の刺青の巫女。「戒ノ儀」の失敗により怨霊化した。

元は久世の宮近隣の集落で暮らす普通の娘だった。しかし(災害によってか?)両親と弟が亡くなり、身寄りを失くしてしまったところで久世の宮に刺青の巫女として選ばれてしまう。
巫女として久世の宮に入れば二度と出ることはかなわないが、巫女になることで自分と同じように近しい人を亡くした痛みを持った人を救うことができると諭され、巫女となることを受け入れ久世の宮に入った。
その後が身体を埋め尽くしたため、最後に久遠の眠りに就き刺青を黄泉へと渡すための戒ノ儀を行うが、眠りに就く直前に再会した恋人の乙月要が追ってきた久世夜舟によって目の前で殺害される光景を見てしまう。
悲しみと絶望と自責の念にとらわれた彼女はの痛みを跳ね返した上、『戒ノ儀』で絶対起きてはならない目に柊が刻まれるという現象(本編では悪夢『忌目』と呼ばれている模様)を誘発、全身の柊を暴走させてしまうという最悪の禁忌「破戒」を引き起こしてしまい、久世の宮を現世とあの世の狭間に閉ざした。
……つまるところ、大元の原因は夜舟が事を急いてしまった上の凶行のせいである。
今でも要の悲惨な最期にとらわれ、「もう見たくない」「眠らせて」と黒澤怜に自身の苦痛を訴えている。

最期は、怜によってもう悪夢を見なくてもいいように目を閉じられ、恋人の要と共に、小舟で黄泉の門『涯』へと送られていった。

怜と同じ位置に泣きぼくろがある。上半身裸で執拗に男を狙う姿は、色々ヤバいようなものである。

関連イラスト

ゆきなさよ はたて
侵食する


蝕んでいく 記憶の破片
久遠の眠りを



関連タグ

 刺青の聲 零~刺青の聲~
黒澤怜 天倉螢 雛咲深紅

pixivに投稿された作品 pixivで「久世零華」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 434926

コメント