ピクシブ百科事典

雛咲深紅

ひなさきみく

雛咲深紅とは、ホラーゲーム『零~zero~』および『零~刺青ノ聲~』の主人公。
目次[非表示]

CV:わくさわりか

概要

シリーズ第1作『zero』の主人公で、当時の年齢は17歳。 シリーズ第3作『刺青ノ聲』ではもう一人の主人公として登場し、こちらは19歳。またシリーズ第5作『零~濡鴉ノ巫女~』でも、大人になった彼女が登場する。

生来より強い霊感を持ち、幽霊を見たり、残留思念を読み取ったりすることが出来る。
しかし、その影響で唯一の肉親であり理解者でもある兄・真冬にしか心を開けないでいる。

雛咲家には射影機が受け継がれており、母・深雪は射影機の力に耐え切れず首吊り自殺をしてしまった。また父は研究に没頭して家族を蔑ろにしたまま、旅先で事故死している。

zero

行方が分からなくなった兄を追って氷室邸に辿り着くが、怨霊の力により屋敷に閉じ込められてしまう。氷室邸内で兄が持ち込んだ母の形見の射影機を発見し、兄を探すため射影機を使い怨霊と対峙し、やがて呪いの元凶・霧絵と出会う。

氷室邸が儀式の失敗で無人となった後に民族学者の宗方夫妻が住むようになったが、その夫妻のひとり娘美琴は深紅や真冬の祖母にあたる。美琴は氷室邸で暮らしていた時に、着物の少女の霊(怨霊化した霧絵から切り離された霧絵の良心)から麻生博士が残した完成品の射影機を譲り受けており、後に神隠しにあった時も射影機を持っていたおかげで助かった。その間に両親が行方不明になった為、父の友人である雛咲氏に引き取られ射影機も共に雛咲家に渡った。
つまり、深紅や真冬は氷室邸とは浅からぬ縁があり、射影機と共に氷室邸を訪れたのも運命に導かれての事であった。


刺青の聲

主人公黒澤怜の仕事のアシスタントで登場し、怜の持ち家に同居しながら家事全般も担当している。
恋人を失って仕事に没頭している怜の身を案じているが、怜の影響を受けて眠りの家の悪夢に囚われてしまい、『zero』で別れてしまった兄の姿を見て追うようになる。またそれをきっかけとして『zero』の事件以降失われていた霊感が復活する。
霊感が非常に高いため、射影機の攻撃力は一番高いが、霊からの攻撃も強く受けやすいという欠点も持つ。

スタッフによると、キーワードは「ちょっと大人びた可愛さ」「和風」「兄さん」。

濡鴉ノ巫女

『刺青の聲』から十数年後の作品、ある理由で少しだけ大人になって登場。
刺青の聲の最後に想い人の子を腹に宿したという設定が後付される。
妊娠を機にアシスタントを辞め一人で深羽を産み育てるが、深羽が3歳になる頃に失踪している。
深羽の身元引受人の井山サチという女性から捜索の依頼が黒澤密花に出されているが、深紅自身は生きているものの見つかることを望んでいないため、行方知れずのままとなった。

関連イラスト

初代零
気配


雛咲深紅
ドット深紅



関連タグ

 零~zero~ 刺青の聲 零~濡鴉ノ巫女~
雛咲真冬 黒澤怜










ネタバレ注意

刺青ノ聲まではやんわりとしか明かされなかった深紅の真冬への気持ちが、濡鴉ノ巫女で『実は幼い頃から兄の真冬に恋慕している』と明確にされた。
だが彼は縄の巫女と共に黄泉の門を半永久的に封印する道を選び返らぬ人となる。
二年後の刺青の聲の終盤で霊体の兄と再会。
このときに実の兄である真冬の子(深羽)を夜泉子という形で身籠った。
しかし夜泉子を産んだことで寿命の殆どが削られ、一人で死ぬことを考えていたがある時日上山と幽婚を知ってしまう。
最期は自分の心のままに兄と終わることを望み、娘を置いて家を出て行ったのが事の真相。

『再会によって深羽を授かった』との事なので、方法は定かではないが接触によって子を成したと思われる。
また幽婚に同意したことからも、真冬は妹の想いを受け入れた(もしくは真冬も元から深紅を一人の女性として想っていた)と思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「雛咲深紅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1865528

コメント