2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

以下ネタバレ注意。


























「誰かさんが助けに来てくれると信じて待ってたのに……」

CV:林原めぐみ

灰原哀の正体で、黒の組織の元メンバー。組織に所属していた頃のコードネームはシェリー(Sherry)。
同じく組織の一員であった宮野厚司エレーナ夫妻の次女。実姉は宮野明美

組織内でも有数の頭脳を持つとされる科学者で、組織が開発した毒薬「APTX4869」の開発者。

組織離脱の経緯

まだ人間には試していない試作段階だった「APTX4869」を勝手にジンが人間に投与したことで、志保は組織に嫌気が差し始めていた。

そして組織が約束を破り、唯一の肉親である姉・明美を殺した事で、反発心は決定的なものに。
彼らは明美の殺害について、大義名分としての理由すら語ろうとはしなかった為、納得のいく回答が得られるまで「APTX4869」の研究を中断するという対抗手段を取り、結果研究所のガス室に監禁される。

「どうせ殺されるくらいなら」と隠し持っていた「APTX4869」を自ら服用して自殺を図るが、江戸川コナンこと工藤新一と同様に身体が幼児化。拘束していた手枷から解放され、ガス室の小さなダストシュートから脱出に成功する。

身寄りも行く宛てもない彼女は同じ境遇であろう新一を頼り、工藤邸の前までたどり着く。力尽きて倒れていたところを、隣家の阿笠博士に保護された。そしてコナンに真相を打ち明け、現在は小学1年生灰原哀として生活している。

シリーズ中、宮野志保の姿に戻ったことは2回あるが、工藤新一と比べて回数は少ない。組織に追われる立場であることや、新一と違い黒の組織に加担していた時点で宮野志保としての社会的生命はすでになく、世間的に有名だった新一とは違い「宮野志保」という存在自体を知っている者が少ない為、元の姿に対する未練が殆どないためである(2回とも自分や仲間たちの危機的状況を脱するためにやむを得ず元に戻っている)。

エピソード“ONE”小さくなった名探偵

スペシャルアニメ『エピソード“ONE”小さくなった名探偵』では冒頭と末尾に登場。組織時代の彼女の姿がより詳細に描かれている。

冒頭では、研究所の一室(第4ラボ)で「APTX4869」のマウス実験のデータを確認。ほとんどのマウスが死亡していた中、1匹だけ幼児化して生存していた。志保は研究仲間らしき相手に「面白いものを見せてあげるわ」と連絡する。

終盤で明かされるのだが中盤で車での移動中、後に深い関わりを持つことになる工藤新一と毛利蘭の二人とすれ違っている。

工藤邸を組織の調査員と共に探索し新一の子供の時の服だけがなくなっていることを確認した志保は、新一が幼児化して生きていることを確信。「APTX4869」服用者一覧のデータにアクセス。生死「不明」となっていた新一の欄を「死亡」確認に書き換え、意味深な笑みを浮かべるのだった。

関連項目

名探偵コナン 灰原哀 シェリー 宮野明美 宮野エレーナ 黒の組織
江戸川コナン 工藤新一 阿笠博士 ベルモット パイカル APTX4869

関連記事

親記事

灰原哀 はいばらあい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37322692

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました