ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「この世に神様なんているのかしら?

 本当にそんな存在があるなら…一生懸命生きている人間は誰も不幸にはならないんじゃない?

 そう…私にエンジェルは微笑みかけてはくれなかったもの…一度もね…」


CV:小山茉美


概要

黒ずくめの組織の幹部で組織のボスであるあの方のお気に入り。

秘密主義なので単独行動が多く、命令次第では他のメンバーと行動を共にする。

座右の銘は"A secret makes a woman woman." (女は秘密を着飾って美しくなる)。

愛車はハーレーダビッドソンVRSC、水冷エンジンを搭載したモデル。


江戸川コナン灰原哀の正体と居場所を知りながら組織に報告していない。


人物

プラチナブロンドのロングヘアをしたミステリアスな美女。

正体は1年前に他界したとされる大女優シャロン・ヴィンヤードであるが、表の顔はシャロンの娘で人気女優のクリス・ヴィンヤードでもあり、1年前まで一人二役を演じていた。

来日し、映画監督の巨匠『酒巻昭氏を忍ぶ会』に出席。その後は女優を休業宣言、復帰を熱望するサイトが作られている。

日本でも知られた女優のようで、黒ずくめのメンバーは「クリス・ヴィンヤード…アメリカのムービースターだ!!」とコナンが推理したとき、阿笠博士は「あの有名な二世女優の…」服部平次は「チチのでっかい、きれいで賢い姉ちゃんか!?」と驚愕していた。


なぜか年をとらない。

満月の夜の二元ミステリー』で「シャロンとクリスは同一人物」「20年前と同じ容姿」「クリスの姿が変装なしの素顔」だと判明。『漆黒の特急』では「大女優シャロン・ヴィンヤードはただの老けメイクだったなんて…」と言った工藤有希子に対して「あら…結構辛いのよ? 顔だけじゃなく普段から老けたフリをするのって…」と返答していた。

シャロンとしての年齢は不明。クリスの場合は初登場時に29歳と表記されているが、越水七槻の例もあるため、自称年齢の可能性も否定できない。17年前のラムによれば、組織に加わった若い女。


頭が切れて、語学堪能(『名探偵コナンBLACK PLUS SDB』にて、青山剛昌先生は「ベルモットは何ヵ国語話せるんですか?」という質問に対して「いっぱい。ありとあらゆる言葉」と回答)、拳銃の腕前も優れているが特筆すべきは変装能力の高さ。敵対者から「千の顔を持つ魔女」と呼称されるほどの男女を問わない変装の達人で、情報収集に攪乱工作、他人を変装させることも得意。変装術は黒羽盗一に教わったもので、さまざまな人の声帯を模写できるスキルを身に付けているのは、彼女の他は怪盗キッドのみ。怪盗キッド張りの変装の達人だとコナンに評されている。


組織と無関係な人間を脅迫して殺人を実行させる、自分に惚れている味方を利用して切り捨てるなど目的のためには手段を選ばない。

一方で、キールの事故を目撃した少年の口を封じずに去る(「情報をくれたガキ…FBIに匿われているようだが…」といったジンに対して「相手は子供…今のところ放っておいても問題ないんじゃない?」)、ジンの大量殺人計画に巻き込まれそうになった乗客達等については、殺害を阻止するよう動くなどの配慮も見せており(「粉々になるのはシェリーだけで十分でしょ?」)無暗な殺生はしないことが示唆されている。一度ニューヨークでシャロンとして出会った蘭は「すごく素敵な方だった」と話して(蘭を特別視していない時期)好きな女優の二人の内の一人となっている。また彼女に成り代わられていた新出智明は、帝丹高校の先生や生徒の言動から「本当に…本当に…悪い人だったんですか?」と当惑。「あの女は貴方の性格を恐ろしいほど忠実にトレースした、ただそれだけよ…」とジョディ・スターリングは思っている(身を挺してコナンを守ったのはベルモットとしてだと認識)。


20年前、組織の情報を集めていたFBIの捜査官を射殺。彼が集めていた組織の調査資料は火事を起こして処分した。火災で妻も亡くなったが、娘は運よく助かった。それがジョディで帝丹高校に在籍していた時期、ベルモットの標的名を聞かれて「腐った林檎(ラットゥンアップル)」と命名。赤井秀一曰く「大女優シャロンが脚光を浴びたのは、舞台のゴールデンアップル! あの時のままアンタは綺麗だが…中身はシワシワの腐った林檎ってな!!」ちなみに、シャロンとして登場した回のタイトルも『ゴールデンアップル』となっている。


目的

組織に属しながら、組織の壊滅を望んでいるかのような言動が見受けられる。

そう、よ…私の胸を貫いた彼なら…なれるかもしれない…

 長い間待ち望んだ…銀の弾丸(シルバーブレット)に…

新一(コナン)に期待を寄せており、彼の知らぬところで何度も組織から守っている。反面、あの方が恐れ、自身も新一と同じく「組織の心臓を射抜けるシルバーブレット」認識している赤井のことは、1年前に殺そうとしていた。また「2発なんていらないわ…シルバーブレットは…1発あれば十分よ…」だそうだ。


証人保護プログラムを「命の危険がある証人の名前や住所を変え別人にして保護する馬鹿げた制度」だと軽蔑。組織の研究を愚かだと思っている。薬で幼児化することを組織に隠したい。

板倉卓に言い放った「我々は神であり悪魔でもある。なぜなら時の流れに逆らって死者を蘇らそうとしているのだから」はどういった意味なのか。


とにかく謎が多い存在。行動の真意も非常に読みづらい。


人間関係

  • 工藤有希子

黒羽盗一に弟子入りして変装術を教わった女優仲間で、このときに仲良くなった。有希子が無理だと思っていたミュージカルのチケットを取ってあげ、観劇に愛車を暴走させてパトカーに捕まった彼女を警部に変装して助けて楽屋に案内するなどしていた。

シャロンとして死亡してからは一切会っていなかったが、新一の推理から生存を知られ、ベルツリー急行にて再会・対立。一応友人と言うこともあってか命を奪うつもりはないようで、拳銃を突き付けつつも手を引くよう忠告するだけに留めている。


組織にとって邪魔となる赤井秀一を抹殺すべく、ニューヨークで日系人の通り魔に成りすましていた最中、シャロンがくれたハンカチが風に飛ばされしまい探しに来ていた新一と蘭に遭遇。口封じを試みようとした際に柵が壊れて落ちそうになり、二人に助けられた。殺そうした相手に咄嗟に手を差し伸べた蘭の行動、新一の「人が人を助ける理由に…論理的な思考は存在しねーだろ?」という言葉に強く心を打たれた。

この出来事から新一を"Cool guy(クールガイ)"、蘭を"Angel (エンジェル)"と呼ぶようになった。新一については『二元ミステリー』ラストから"Silver Bullet (シルバーブレット)"。私にもエンジェルがいたみたいこの世でたった二つの宝物だと語っている。通り魔がベルモットの変装であったことを知る由もない新一は二元ミステリー時、灰原を殺害するために自分を遠ざけた理由は友人の子供だからじゃないかと推察していた。


  • 灰原哀(シェリー)

組織を裏切った元幹部。『二元ミステリー』で殺害しようとするが、蘭と赤井の乱入により失敗。『漆黒の特急』にて、再度「抹殺」を狙う。上記の回で「諦めてあげる」と交わしたコナンとの約束を反故にし「彼女だけはこの世にいてはならないのよ…」と独白。組織の存在に気づけば友だちを巻き添えにしないために解毒剤を服用して元の姿に戻ると考えて彼女に恐怖を与え、C-4を設置した貨物車に誘導し爆殺することを計画。だが怪盗キッドに協力を強要したコナンの策略によって失敗し、現在は手を引いている。

彼女を殺害しようとした際に「恨むのならこんな愚かな研究を引き継いだ貴方の両親を…」発言を鑑みるに組織の研究が不快で、それを引き継いで進める彼女も憎い。といったところなのだろうか?

黒鉄の魚影』では、彼女を助ける行動をとった(『余談』で後述)。


組織のボス。幹部ら曰く、ベルモットはあの方のお気に入り。実際「どうやら私はお前を自由にさせ過ぎたようだ。私の元へ帰って来ておくれ ベルモット」という内容のメールが届いており、特別な関係を示唆されている。青山先生は『BLACK PLUS SDB』において「ボスとベルモットの関係が知りたい!」という質問に「えええ!? そ、そうなのか…って感じです(笑)」とコメントされた。『黒鉄の魚影』で、ボスに送ったメールの文面は敬語だった。


  • ジン

組織の幹部。「無駄だ…この女のくだらねー秘密主義は今に始まった事じゃない…」と秘密主義にはうんざりされているが「あら…女は秘密を着飾って美しくなるのよ?」とまったく気にしていない。毛利小五郎の殺害を反対したときには、何かあるのかと疑われて銃口を首付近に向けられたが動じることなく、むしろ「あったらどうなの?」と口元に笑みを浮かべた。ベルツリー急行ではバーボン共々、爆発の巻き添えにされかけているが、彼の行動を読んでいたので、対策を講じていた。初期に肉体関係を持っていたことが示唆されている(アニメ版ではカットされている)。単行本83巻収録の原作者インタビューによると「ジンのことを好きだったことが、昔はあったんじゃないかなあ」で「深く付き合っていたこともあった」とのこと。


組織の幹部。キャンティに、カルバドスを勝手に連れ出して見殺しにしたと激昂されるが我関せず。キャンティがどう思うか分かってて「Good Luck♡」と投げキッスをして逆上させた。コルンには、カルバドスが惚れてたのを利用したと二人に嫌われているが、まったく気にしていない。「向こうの手に落ちそうになったら…構わずアンタに弾丸をぶち込んでやっからさぁー…」と言われても「ええ…その時はちゃんと顔を狙ってくれる? 私が、暗殺にかかわっていた事が世間に知られたら色々とマズイでしょ?」と平然としていた。


組織の幹部。その正体公安警察

お互いに秘密主義で単独行動派だが、行動を共にすることが多い。秘密を握られている立場だが普通に接しており、協力はするが言いたいことは言う。「何があってもあの2人(コナンと蘭)に危害は加えない」と約束させているが、あまり信用していない。

「組織のメンバーが知ったら驚くでしょうね…まさかあなたがボスの…」

…バーボンのこの一言で即座に彼の口封じをすべくベルモットが拳銃を出す(もっとも、直後にやんわりと「僕を撃ったら仲間を呼んで『秘密』の手はずがバレる算段だ」と釘を差して思いとどまらせたが)辺り、発覚すれば「作品の根幹がひっくり返るのは目に見える」程の重大な秘密を抱えているのは間違いなさそうである。


小山氏は『黒鉄の魚影』インタビューで、ベルモットは「出てきてもいつも秘密めいていて、よくわからなくて(笑)」とのこと。だが、インタビュアーから、バーボンとタッグを組むことが多いと思いますが、関係性や組織自体をどう思われますかと聞かれると、誰も信頼してないと思います。バーボンとも別にバディとは思っていないんです。全然誰の事も信じていないし、どちらかというと腹の探り合い。だと答えている。


バーボンが安室透として振舞う際のバイト先である「喫茶ポアロ」の店員。

ある事情で彼女に変装していたが、終盤で蘭に別人と見抜かれるも、ベルモット本人は上手くはぐらかしてその場をあとにした。


「漆黒の特急」にてコナン側の協力者となった彼に煮え湯を飲まされたためか、「工藤優作の推理ショー」にて工藤優作に変装している怪盗キッドという変則的にもほどがある変装でコナンの前に現れる。

所々でキッドの年代にしては不自然な言動(アニメのフィギュアを、上品に「ドール」と呼ぶ、など)をしていたが、離脱まで周囲にそれを悟らせずコナン(と読者・原作未読の視聴者)を見事に騙し通した。


余談

原作者曰く、「コンセプトは悪い方の峰不二子。いい方は有希子(笑)。」で、この裏設定は2013年『週刊少年サンデー33号』特別付録で明かされて、単行本83巻に再掲載されている。

ちなみに担当声優の小山氏は風魔一族の陰謀で一度だけ峰不二子を演じたこともあり、キャスティングもルパン三世との縁を思わせる(後の「1$マネーウォーズ」では九条玲子役の松本梨香氏とも共演した上で同作のゲストヒロインの一人も演じたこともあったりする)配役になっている。

  • 『ガンダムシリーズ』との絡み

「コナン」ではお馴染みの「ガンダムシリーズに出演した経験のあるキャスト」にももちろん該当し、小山氏は「機動戦士ガンダム」のキシリア・ザビが該当する。そのキシリアも設定年齢こそ24歳だが「彫りの深い外見」故に「年増」だの「鯖読み疑惑」があり、ベルモットと微妙な部分で重なったりしている。

また、安室…もといバーボンとの会話を「長年連れ添った夫婦関係のそれに近い」などと視聴者達からネタにされていたりもするが、これは安室…もといアムロ役の古谷徹氏とは一時期リアルで夫婦関係にあった事に由来している。

  • 劇場版『黒鉄の魚影』で灰原を助けた理由

エンドロール後、灰原がフサエブランドの限定ブローチ購入に必要な整理券を譲ってあげた相手はベルモットの変装だったことが判明。

「助けたワケ? それを探るのが貴方の仕事でしょ? シルバーブレット君」

謎めいた彼女らしいモノローグ後、彼女が帯留めにしているブローチがアップに映され、ブローチにあしらわれたダイヤモンドが美しい煌めきを放ちながら、エレベーターの扉は閉じて、雑踏の中でフェードアウト。


『週刊少年サンデー 2023年22・23合併号』付録・黒鉄の書に「助けたワケは、劇場版を観た人にしかわからない、コナンは…!? 観直すとアッと声が出ること間違いナシ!!」と記載あり。

監督を務められた立川譲氏は、Febriインタビュー記事【興収100億突破! コナンと灰原の「感情のドラマ」を描く映画『名探偵コナン 黒鉄の魚影』監督・立川譲インタビュー②で「ベルモットがおばあちゃんに変装していて、ブローチを譲ってくれた灰原(哀)を助けたというエピソードは、先生が初期の頃に足してくれたアイデア。それを序盤とラストに持ってくるというのは、初めの段階から決まっていました」と明かしてくれた。

  • A secret makes a woman woman

小山氏は、『黒鉄の魚影・100億円突破記念パーティー』で青山先生にベルモットの秘密を聞いて教えてもらったそうだ。実は以前に青山先生から話してもらっていたらしく、聞いたら「以前にお話ししてますよ」と言われたが、まったく覚えていなかったので、また教えてもらったとのこと。

  • 単行本の裏表紙

鍵穴キャラとしては3回、ファンブックを含めるなら4回も登場している。というのも、シャロンとして1回、クリスとして2回も登場しており、そのうえ榎本梓に変装した姿として登場しているためである。

  • 読者からの評価

敵側で悪いことをしていながら2012年『週刊少年サンデー』で行われた人気投票にて8位(女性に限れば3位)、2021年『緋色の総選挙』15位(女性に限れば4位)、女性キャラ限定の2022年『ハロウィンの花嫁』で4位と女性キャラクターの中では人気が高いほうである。


関連イラスト

A secret makes a woman womanベルモット

Vermouthセンシティブな作品


関連項目

名探偵コナン

江戸川コナン 工藤有希子 安室透 宮野志保

ベルモット シャロン・ヴィンヤード クリス・ヴィンヤード

シルバーブレット 黒ずくめの組織

関連記事

親記事

黒ずくめの組織 くろずくめのそしき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4123237

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました