ピクシブ百科事典

ラム(名探偵コナン)

あのかたのそっきん

漫画・アニメ『名探偵コナン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「待て…!下がりなさい、ベルモット

人物像

黒の組織の幹部で、ボスの側近。
昔は組織のNo.2だったらしく、未だ正体は不明。

コードネームを持つメンバーの中でも唯一別格と目される。
その地位は組織の中でも大物然と振る舞っているジンやベルモットと比べてもかなり開きがあるらしく、ベルモットはラムに敬語を用い、ジンもラムからの命令は確実に遂行せねばならないと気合いを入れてかかる程で、それだけ恐れられている。

17年前、アメリカで発生した羽田浩司と大富豪アマンダ・ヒューズの殺害に関わっていたとされており、コナン赤井の二人は、羽田の殺害現場にあった割れた鏡の文字から、アマンダのボディ・ガードをしていた「浅香」という女性が、ラムではないかと推測している。

過去に大きな事故にあい、片方の目が無いらしい。
屈強な大男・女のような男・老人…とあらゆる情報が錯綜しており、それら全てが影武者とも言われている。
現在、黒田兵衛若狭留美脇田兼則の三人がラムの候補となっているが、いずれも全くの無関係か、または本物のラムの影武者の可能性もある。
ちなみに灰原はラムの名前を出されたとき「だっちゃ…?」とつぶやいていた。


劇場版での登場

劇場版20作品である純黒の悪夢では声のみ登場した。声は変声されており、エンディングのクレジットにもラムという記述はあるが演者は空欄にされている。
劇中ではかなり丁寧な言葉遣いで話している(変声されておりマツコ・デラックスっぽい声になっている)。
キュラソーを自らの部下にしていた事が明かされる。
小説版ではジンがよく使うような、ポエマーっぽい謳い文句でキュラソーを腹心の部下にしていた。

なお、キールとバーボンによれば、キュラソーはラムの腹心である情報収集のスペシャリストで、かつオッドアイの特徴を持つ人物として組織の中では有名な存在とされる。
しかし、灰原はキュラソーの情報を全く知らなかった為、ラムがキュラソーを部下にした時期は意外と最近の可能性がある。

否定人物

大和敢助
金城玄一郎
世良真純

関連タグ

名探偵コナン 黒の組織

コメント