2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

APTX4869

あぽときしんよんはちろくきゅう

『名探偵コナン』の物語において、重要な役割を果たす薬物。
目次[非表示]

ジン「こいつを使おう…組織が新開発したこの毒薬をな…」

概要

黒の組織の科学者であるシェリーこと宮野志保が、同じく黒の組織の科学者であった両親(宮野厚司宮野エレーナ)から受け継ぎ開発した薬物。
外見上は赤と白のカプセル剤。

組織はこの薬が持っていた「一切の毒物反応を残さず生物を死亡させる」作用に目をつけ、完全犯罪に利用できる究極の毒薬として、開発者にも無断で暗殺活動に使い始めた。
その被害者の1人が他ならぬ工藤新一であり、組織の裏取引を目撃した彼の口封じとして、幹部の一人・ジンにより投与された。

だが、この薬には極めて稀な確率で、服用者が死亡せず肉体が若返ってしまうという奇異すぎる副作用があり、その事を知らずに去った結果、新一は幼児化した江戸川コナンとして生き延びる羽目になってしまう。


正確には開発者のシェリーだけは、実験に投薬したマウスの内、一匹だけ死なず幼体化した個体がいた事に気づき、副作用の可能性に思い至るが、その時点で組織に不信を抱いていたため報告せずにいた。
その後、新一が幼児化して生きていることを察知して彼に対し強い興味を持ち、「疑わしきはどんな手を使ってでも消す」組織から彼を研究対象として守るため、データを「死亡」に改竄した。

その後シェリー自身も、実姉である宮野明美を殺された上、引き継ぎの研究まで強要されて監禁される羽目に。
彼女は隠し持っていたAPTXを自殺目的で服用するも、偶然にも新一と同様の幼児化現象が現れ脱出に成功。以降灰原哀として新一=コナンの協力者として再起する事になった。


そして元々この薬は毒薬として開発されたものではなく、他の何らかの効果を求めて作られたものらしい。後に哀も「毒なんて作っているつもりはなかった」と語っている。
彼女が組織から脱走した影響で開発が滞っており、本来の開発目的の薬は未だ試作段階のままである。

その本来の開発目的について作中で明言されてはいないが、灰原や組織の一員・ピスコの台詞、また『そして人魚はいなくなった』に登場する名簿などから、若返り、あるいは不老不死の可能性を示唆する表現が散見できる。
また、コナンや灰原の他にも、領域外の妹ベルモットといった人物もこの薬を服用して若返った可能性が出ており、どうやらこの薬で若返った者達は、それを可能とする何らかの「因子」を持っていた可能性が高い。

後に灰原の口から、今より17年前に棋士の羽田浩司羽田秀吉の義兄)がこの毒薬で暗殺されていた事が語られており、APTX4869は17年前に既に毒薬として実用化されてたものの、宮野夫妻の死で一旦途絶。
その後シェリーが研究を再開した事で再び日の目を見、再生産された物は新一が初期に使用された模様である。

作用

『名探偵コナン大辞典』によると、プログラム細胞死(アポトーシス)を誘導すると共に、テロメアーゼ活性によって細胞の増殖能力を高めるとされる。

投与された場合、エネルギー消費を伴うアポトーシス作用によって強い発熱を伴い、「骨が溶ける」かのような感覚に襲われた後、通常は死に至り死体からは何も検出されない。
しかし極稀にアポトーシスの偶発的な作用でDNAのプログラムが逆行し、神経組織を除いた骨格、筋肉、内臓、体毛などのすべての細胞が幼児期の頃まで後退化することがある。

解毒方法

今のところ、幼児化に対する完全な回復方法は確立しておらず、作った灰原自身研究を進めているが、少しずつしか効果は出ていない。
それでも、偶然的もしくは実験的要因により、工藤新一は7回、宮野志保は2回元の体に戻ったことがある(数字は原作でのもの)。

偶発的要因

【1】コナンが白乾児(パイカル)を偶然飲んだことによる。
【2】哀がコナンの指示により、白乾児を飲んだことによる。
いずれも持続時間は1時間程度。

実験的要因

【1】上記の事実(=アルコールの成分が作用して元の体に戻ったこと)を参考に、哀が開発した解毒剤の試作品をコナンに服用させた、あるいは自らが服用したことによる。
なお、こちらは青と白のカプセル剤になっている。

効果

  • あくまでも不完全で、持続時間は最大約36時間
  • その時間すらも単なる目安であり、後にコナンが服用した際には約24時間持続した。
  • 上記の効果切れ直後にも再度服用したが、約4時間で効果が切れたことから、連続使用には向かないことが判明している。そのため、『紅の修学旅行』では再服用まで最低8時間のインターバルを設けている。


いずれのケースにも共通しているのは、被験者が風邪を引いた状態で白乾児またはそれに準じた成分を摂取したことである。
最初の事例後、コナンは「もっと大量に飲めば完全に元の姿に戻るだろう」と考えてもう一度白乾児を飲んだが効果はまったく得られなかった。これに対して阿笠博士は「免疫が出来た」という仮説を立てている。しかしこの時コナンは風邪を引いていなかった(治した)ため、「風邪を引いた状態でのみ白乾児は解毒作用を表す」可能性は否定できない。
尚、番外編とされる劇場版迷宮の十字路』でも、阿笠博士が開発した「風邪と同じ症状を出す薬」を使い、強い風邪を引いた状態を再現(本当に引いているわけではない)した上で解毒剤を服用しコナンは元の体に戻っている(効果は数時間程度)。

『名探偵コナン SECRET FILE』(少年サンデー特製DVD)第9話「10年後の異邦人」では、コナンが朝から38.7℃の熱を出し、哀から連絡を受けて新しい試作解毒薬を飲み新一に戻ったと思ったが、実際は新一に戻った状態で意識を失い10年後の夢を見ていただけで、目が覚めた時にはコナンに戻ってしまっていた。

いずれのケースにおいても、多量の人体構成たんぱく質、脂肪、カルシウムなどがどこから採取されているか、どこへ漏出しているかということが疑問であるが、そのことへの解説は今のところなされていない。

毎回、解毒薬の効果のタイムリミットが近づくにつれ、呼吸が荒く目も虚ろになり、激しい動悸で胸を押さえるシーンがある。
映画を除き、いずれも解毒剤を飲む前から風邪を引いた状態であり、風邪薬と間違えて解毒薬を飲まされたこともある。この場合熱が下がるどころか余計ひどくなる様子で、からは「すごい熱」と驚かれ、小五郎からは「苦しみ方が尋常じゃないぞ」と言われており、普通の状態ではないことがわかる。

名前の由来

薬の開発コード"4869"を語呂合わせで読むとホームズのファーストネーム「シャーロック」になることと、薬自体が試作品段階であることから、組織では"出来損ないの名探偵"という通り名で呼ばれることがある。
更に、組織のコンピュータに記録されたこの薬のデータにアクセスする際のパスワードは、ホームズという作品自体が試作段階だった頃にアーサー・コナン・ドイルが仮の呼び名として付けた"Shellingford Holmes(シェリングフォード・ホームズ)"を取って"Shellingford"と設定されている。

余談

現実世界の化学物質としてのAPTXとは、Aprataxin(アプラタキシン)と呼ばれる早発性失調原因たんぱく質である。

空想科学読本5によると、細胞の自己破壊プログラムは実際に確認されており、オタマジャクシがカエルになるときにしっぽがなくなるなどの現象のことを指し、「アポトーシス」と呼ばれている。
だが、そうなるとアポトーシスで死んだ細胞約40㎏はいったいどこに…。

コナンで学ぶ!相対性理論



ルパン三世』とのコラボ作品では、峰不二子が「永遠の若さ」を手に入れる手段として興味を持つが、当事者たる自分からすればたまったものではない哀は固辞した。

この薬実はお菓子のグミとして発売している。体が縮むことがないので安心してご賞味あれ。

関連項目

名探偵コナン
黒の組織 シェリー(名探偵コナン) 宮野志保 灰原哀
工藤新一 江戸川コナン
幼児化

関連記事

親記事

黒の組織 くろのそしき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2691933

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました