ピクシブ百科事典

赤井秀一

あかいしゅういち

赤井秀一は『名探偵コナン』に登場するFBI捜査官である。
目次[非表示]

「やっと会えたな… 愛しい愛しい宿敵(こいびと)さん…」

CV:池田秀一

概要

FBI捜査官の1人にして実質的エース格であり、FBIの切り札的存在。
32歳。左利き。截拳道の達人。「50:50(フィフティ・フィフティ)」を口癖としている。
現在の国籍はアメリカだが、出身はイギリスで、父に日本人の赤井務武、母にイギリス人のメアリー・世良をもつイギリス系(日系)アメリカ人。羽田秀吉世良真純の実兄。

常に黒いニット帽を被っており、緑の瞳と目の下の隈と、一年前までは長髪だったが「恋人にふられっぱなしであることによるゲン直し」と語って切った短髪のオールバックが特徴。
一人称は「俺」もしくは「私」。日本語は両親から教わったため堪能。
好物はコーヒーとバーボンで、かつてはスコッチも好きだったが、最近はバーボン一筋のウィスキー党。また、ヘビースモーカーで、タバコにはマッチで火をつける。

高い推理能力・捜査手腕・身体能力・700ヤード離れた場所から小さな盗聴器を正確に狙撃するスナイパーとしての技術を持ち、黒の組織のボスからは、唯一狼人間を倒すことのできる白銀の銃弾になぞらえ、組織を壊滅させ得る「シルバーブレット」として恐れられている。

黒の組織を追って日本に来日。来日後はジェイムズと合流し、しばらく米花町周辺に潜伏して調査を行っていた。「季節外れのハロウィンパーティー」では、ベルモットを確保しようとして逆に追い詰められたジョディを救出する形でベイエリアに現れ、カルバドスの動きを封じて彼の武器をすべて取り上げた後、ベルモットをショットガンで銃撃して負傷させるが、眠らされていたコナンを人質に取られて逃亡された直後、カルバドスに自決されてしまったため、手がかりは掴めずじまいとなった。
「赤と黒のクラッシュ」では、初めてコナンと共同戦線を張り、CIA諜報員であったキールこと水無怜奈本堂瑛海)を組織へ再潜入させることに成功するが、あの方の命令を受けた怜奈によって来葉峠にて肺と頭を撃ち抜かれ、証拠隠滅のために愛車ごと爆破される。その跡地からは身元が確認不可能なほどの損傷を受けた遺体が発見され、残った右手の指紋などの状況証拠からFBIにも組織にも、赤井本人と断定された。


しかし、この死はコナンの発案による偽装工作であり、赤井自身は「沖矢昴」という架空の人物になりすまして潜伏し、単独行動をとっている。その沖矢の姿では、声を阿笠博士が開発したチョーカー型変声機で変えており、チョーカーの存在を隠すため、ハイネックやスカーフなど常に襟の詰まった服装をしている。組織に悟られないようにFBI本部にも内密にし続けているが、直属上司であるジェイムズには偽装工作実行時に気付かれて事情を話し、後にジョディやキャメルにも真相を話したことから、日本滞在中のメンバーとは再び連携体制に入る。それ以外で赤井の生存を知っているのは昴の正体に勘づいていたバーボンこと安室透のみだが、当初コナンの策で優作が変装した昴と対峙させ、その最中電話越しに会話する事で生存を確認させ、同時に「赤井=沖矢」という推理を崩し、更に安室の正体が降谷零と突き止めた事により、追跡を断念させる。しかし、後にラムの命令で工藤家に探りを入れた零と対峙し、「赤井=沖矢」と確信される。


過去

赤井務武メアリー・世良の間に生まれ、イギリスで育つが、17年前に消息不明となった父からのメールに従って、15歳の時に家族と共にイギリス人である事を隠しながら日本へ来日。後に父の死の真相を探るため、表向きは留学という理由で単身渡米。10年前にはグリーンカード、アメリカ国籍、運転免許等を取得。同時期に母・メアリーに呼ばれ日本に帰国。弟・秀吉と再会、さらに渡米後に生まれた妹・真純や幼い頃の新一とと出会っているが、本人は忘れている模様。しかしこの時、当初FBI入りを反対していたメアリーからFBI入りを認められ、大学卒業後3年間の職務経験を経てFBIへ加入する。


人間関係

家族

赤井務武

赤井の父親。羽田浩司とアマンダ・ヒューズがアメリカで殺害された事件に関与していたらしく、その後、消息が途絶えている。赤井は、父の事件の真相を探るためにFBIに入ったほど、この事件にこだわっている。

メアリー・世良

赤井の母親。10年前は秀一に秀吉や真純の父親代わりになることを望んでおり、当初は赤井のFBI入りに反対していたが、後に赤井の強い決意を悟り、最終的にはFBI加入を承諾している。
赤井の生存を知らず、亡くなったと聞いている。

羽田秀吉

赤井の実弟。プロの将棋棋士で、高校卒業後羽田家の養子に入っている。17年前までは「赤井」、高校卒業までは「世良」の姓を名乗っていた。赤井の生存を知り、秀一との連絡専用の携帯を持っている。

世良真純

赤井の実妹。上述の通り赤井の渡米後に生まれたため、真純が7歳になるまで面識がなかった。赤井を「秀兄(しゅうにい)」と呼び慕っており、赤井の影響で截拳道を始め、探偵を志した。現在は赤井は亡くなったと聞いているらしい。

同僚

ジェイムズ・ブラック

日本に来日しているFBI捜査官の筆頭者。来葉峠による作戦の準備に気づいた事から、事前に赤井から作戦を聞いていたため、彼の生存をFBI内で唯一知っていた。

ジョディ・スターリング

FBIの同僚。元々恋人同士だったが、赤井が潜入捜査のため黒の組織の構成員と付き合うことになってから、事後報告で別れを切り出されている。現在でもジョディは赤井を想い続けており、彼の死(実際は偽装)を悟った時には誰よりも深く悲しんだ。「一緒に仕事ができるだけでよかった」と心中で吐露する場面もある。一方の赤井もジョディに心を許した行動が多く、重要な任務の前には彼女を心配している。

アンドレ・キャメル

FBIの同僚(部下)。赤井はキャメルの運転技術を買っており、キールに関する重要な作戦を任せている。2年前、秀一の組織への潜入捜査中に、秀一の正体が組織にバレるきっかけを作ってしまった。FBIが利用した宮野明美の死の原因は自分にもあると考えているが、赤井本人は彼女も覚悟していたことだから気にすることはないと話している。

黒の組織

あの方

黒の組織のボス。秀一を「シルバー・ブレット」と称して恐れている。羽田浩司の残したダイイングメッセージからその名が浮上する。

ラム

黒の組織のNo.2。秀一が組織に潜入していた頃から「ボスの側近」と噂され、秀一も耳に入れていた。羽田浩司の事件に関与しており、秀一からは羽田浩司の事件現場に残されていたダイイングメッセージから、同件の最重要容疑者として名のあがっている「浅香」がラムであると推測。しかし、後に工藤優作との話し合いにより、ダイイングメッセージから「あの方」の名を浮上させた。

ジン

秀一が「宿敵」と呼ぶ黒の組織の幹部。秀一をライバル視しており、左頬には秀一につけられた弾痕がある。秀一が組織に潜入していた頃から秀一を嫌っていた。ジンを捕縛する作戦の中で起こったミスに乗り正体が露見し、秀一が組織を去った2年後に秀一の元恋人・宮野明美を殺害した。

バーボン / 降谷零

組織にいた頃からのライバルにあたり、「敵に回したくない男」としている。上述の通り、公安のスパイであった組織の一員・スコッチが死亡してからは、零から深い憎しみの感情を向けられている。秀一の正体が組織に露見する前にから、秀一の正体に気づいていた。
沖矢昴が秀一であると確信され工藤邸に乗り込まれるも、コナンの策略によって「沖矢=赤井」という推理を崩し、逆に零の正体を掴む。秀一は零が乗り込んできた理由として、身柄を組織に引き渡し大手柄をあげて組織の中心近くに食い込むためだと思っている。

宮野明美

赤井の従妹。黒の組織の末端構成員であり、10億円強盗事件の犯人。赤井は潜入捜査のために彼女に近づき、その妹・志保と顔見知りになることで組織関係者とのコネクションを持ち、組織に潜入した。宮野明美を利用し組織に潜入していたが、正体がFBI捜査官だと露見したことで明美志保を残し組織を抜ける。その後、2年間音信不通だったが明美は強盗犯罪を実行する前日に、FBIに救けを求めるメールではなく復縁を求めるメールを赤井本人に送っている。

宮野志保(灰原哀)

赤井の従妹。組織の科学者。姉の明美がFBI捜査官である赤井を組織に引き入れ、その正体を知りつつも彼と関係を続けようと、組織の幹部や妹の志保に報告せず黙っていた。その事が原因で組織は彼女を危険視。宮野姉妹の組織離脱の条件として10億円強奪を命じ成功させるが、10億円の場所を教えなかったため組織は明美を裏切者として始末した。姉の死の原因を作ってしまった志保(哀)に対し、赤井は接触を避けており、現在においても「赤井秀一」として直接顔を合わせたことは一度もない。私情で阿笠邸を盗聴し灰原を監視している。盗聴されている事は灰原本人は知らない。

キール / 本堂瑛海

「キール」として黒の組織に潜入しているCIA捜査官。一度はFBIに拘束された状態となるも、その所属が明らかになると、本堂瑛祐に保護認証プログラムを受けさせることを条件に、組織に再潜入し、CIAに情報を提供した後FBIにも情報を提供することを約束。

協力者

江戸川コナン

正体不明だった時期にはコナンから警戒されていたが、水無怜奈(キール)の一件から興味を持ち、『赤と黒のクラッシュ』で秀一に協力するようになった。彼との間には、「ある計画」が存在していたことが後に明らかになる。FBIは子供のコナンにも秀一が黒の組織の女を利用し潜入していたことを詳しく話しているので、コナンは赤井の過去の恋愛事情を知っている。

工藤優作 , 工藤有希子

沖矢昴として潜伏する際にコナンからの連絡を受けた有希子に変装させてもらい、工藤家に居候させてもらう。あらかじめ秀一の生存を知っていた数少ない人物のうちの二人。優作と有希子が一時帰国してからは三人で暮らす。マカデミー脚本賞を受賞した優作の新たな代表作「緋色の捜査官」は秀一をモデルにしたFBI捜査官が主人公である。

阿笠博士

沖矢昴として潜伏する際に使用するチョーカー型変声器の開発者。あらかじめ秀一の生存を知っていた数少ない人物のうちの一人。


名前の由来

原作者・青山剛昌氏のお気に入りのキャラクター。名前の由来は『機動戦士ガンダム』に登場するシャア・アズナブルの異名「赤い彗星」と、担当声優の池田秀一から。

他作品からの出演

なんと妖怪ウォッチぷにぷにで少年サンデーコラボとして登場。しかもコラボキャラで最初の最高ランク「ZZランク」である

関連イラスト

赤井秀一
冬のデート


純黒
On your mark



関連項目

名探偵コナン FBI 沖矢昴 諸星大 まさかここまでとはな
江戸川コナン ジョディ・スターリング アンドレ・キャメル ジェイムズ・ブラック
ジン 灰原哀 羽田秀吉 世良真純 メアリー・世良 安室透 スコッチ

機動戦士ガンダム シャア・アズナブル 赤い彗星

関連記事

親記事

FBI(名探偵コナン) えふびーあい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「赤井秀一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140808829

コメント