ピクシブ百科事典

安室透

あむろとおる

安室透とは、『名探偵コナン』に登場する私立探偵である。 同時に黒ずくめの組織のメンバー・バーボンと公安警察ゼロ所属の降谷零としての顔を持ち、トリプルフェイスの異名を持つ。
目次[非表示]

「僕には命をかけて守らなければならないものがある!」

CV:古谷徹

概要

気前が良くて穏やかな性格の私立探偵。29歳。

容姿は優男なイケメンで、褐色肌明るい色の髪が特徴的である。
優れた推理力を持ち、荒事もこなす眉目秀麗な青年。原作者・青山剛昌によれば、働いている喫茶ポアロでモテモテとのこと。

名前の由来は、担当声優の古谷徹と古谷が担当した機動戦士ガンダムの主人公.アムロ・レイ
この人と同様のパターンである。→名探偵コナン×ガンダム

バーボン

彼の正体は、黒の組織のメンバーの一人である”バーボン”。
組織から脱出したシェリーを追っており、ある事件をきっかけに小五郎に接近して、彼に弟子入りを認めさせた上で、毛利探偵事務所の入っているビルの一階で経営している喫茶ポアロでバイトとして働き始めた。
以来、小五郎らに対して協力的な姿勢を見せながらシェリーの行方を探っていた。

漆黒の特急シリーズ』では、ベルモットとの取り引きでシェリーの暗殺を依頼されていたが、元より安室は依頼を反故するつもりで、確保したシェリーを組織に引き渡そうとする。しかし怪盗キッド謎の人物の妨害によって失敗している。

コナン側に正体がバレた後も、ある男の死についての再調査のため、何食わぬ顔でポアロでバイトを続けており、コナン達との付き合いも続けている。
この過程でコナンが小五郎や刑事たちの推理の糸を引いていることを密かに察知し、後には彼を「恐ろしい男」と高く評しており、コナンの時に突飛な発想にも一定の理解を示す。

ベルモットに関する「重大な秘密」を掴んでいるらしく、それをネタに何度か個人的な取り引きを行っている。
安室の台詞からしても、その秘密は、組織に知られると彼女の立場が危うくなりかねないほどの秘密であることが窺える。

ある目的のために活動しているようだが、他のメンバーと比べて、極力争い事や冷徹な活動は避ける傾向にあるという珍しい人物。

彼の行動や性格が組織の幹部であるジンからは、半ば鬱陶しがられており、「小説の中だけにして欲しいもんだぜ。シャーロック・ホームズのような探偵はな……」と評されている。
初登場回『ウェディングイブ』では当初眼鏡で変装し、探偵としての目的のためにドジなウエイターを装っており、演技力のある面が窺えた(ただし、本業が女優だったベルモットには敵わないらしく、安室としての登場以前、赤井に変装してコナンやジョディらに接近した際、ジョディに声をかけられても、自力では赤井の声色を使えなかったため無言のまま記憶喪失を装っていた)。

一方で後述の経緯により、組織潜伏時の赤井とは当時から非常に折り合いが悪く、現在でも彼のことになると普段の穏やかな物腰が崩れて、感情を剥き出しにする。

青山氏曰く「赤井の存在は、安室の唯一の弱点」とのこと。

降谷零

彼の本名及び真の正体は、警察庁警備局警備企画課・公安警察 通称「ゼロ」に所属する降谷零
こちらも安室同様、担当声優の古谷徹と担当したアムロ・レイの苗字をそれぞれ組み合わせた名前である。
詳細は担当記事を参照。

能力

洞察力や観察力および情報収集力など、「探り屋」としての能力に長けた切れ者。持ち前の饒舌さで相手を追い詰める。
は安室が明らかに「より切れる探偵」だと感じており、なぜ彼が小五郎の弟子入りを望んだのかを疑問に思っている。

2018年現在、披露されたスペックは主に以下の通り。

蘭の携帯電話での通話にノイズが発生したことから、盗聴器の存在を察知。
常備しているらしい発見器を使って次々と回収していった。
  • テニス(『密室にいるコナン』)
見事なサーブを披露した際、ジュニアの大会での優勝経験を明かす。
  • 医療技術(『密室にいるコナン』)
投げられたラケットにぶつかったコナンを医者が来るまでの間応急処置をした。
蘭曰く「医者が来るまでの処置も的確でとても頼もしかった」とのことであり、簡単な応急処置技術を会得している。
  • ピッキング(『密室にいるコナン』)
本人曰く、セキュリティ会社の知り合いに教わったとのこと。
青山氏によれば、ボクシングは趣味。
その腕前は本編と劇場版で1回ずつ披露されており、本編では1発で犯罪者を気絶にまで追い込むほどのパワーを発揮した。
初登場回では突然殴りかかられた際咄嗟にかわしており、反射神経も優れていることが窺える。
園子に絡むガラの悪い男達が聴き惚れてしまうほどの腕前。
アニメオリジナルではあるが、本職のパン屋が教えを乞うほどのサンドイッチを作れることも判明している。またそのサンドイッチを自分の店で売りたいというパン職人の願いをあっさり許可する(ポアロ店長の許可は取っていなかったが)など、コナンが驚愕するほどの気前の良さ、ポアロの仕事への真摯な取り組みなども明かされている。
また、「冷蔵保存していたケーキがなぜか頻繁に型崩れしてしまう」という事態が発生した際には、最初から型崩れの心配のないケーキを作るという斬新な解決策を編み出している。
  • 爆弾の解体(『純黒の悪夢』)
設計図を見なくても解体できる腕前を持つ。ある人物に教わったらしい。
  • ドライビングテクニック(『探偵たちの夜想曲』『純黒の悪夢』他)
愛車のRX-7が初登場した『夜想曲』にて、いきなりそのRX-7を犯人の乗る車にぶつけて止めるという離れ業を披露。
人質を救うためとはいえ誰が見ても「やり過ぎ」ということで、後日警視庁に呼び出され事情聴取を受けている。
劇場版ではアクションの度合いが上がっており、『純黒』では冒頭からキュラソーや赤井と激しいチェイスを繰り広げた。
最新作『ゼロの執行人』でも、予告の時点でモノレールの線路を走る場面の存在が明かされている。

余談

経済効果

映画「ゼロの執行人」公開後から彼の関連商品が売れまくる現象が多発、社会現象を巻き起こした。その勢いは伝説の男を彷彿させるという声も。

主な例は、
・映画「ゼロの執行人」の興行収入を100億にしよう、とSNSで会が立ち上がり映画館に通い詰める人が続出(2018年5月まだ達成されていない)。100億の男と囁かれるようになった。
・安室透が主人公のスピンオフマンガ「ゼロの日常」の第1話が掲載された24号は売り切れ続出。24号発売の当日から全国の書店で“完売”や“品薄”の報告が相次ぎ、確保に失敗したファンが後を絶たなかった。
・本名が「降谷零」なので、降谷苗字のハンコがバカ売れ。人気すぎて専用注文フォームまで開設したサイトも。本来降谷性は非常に珍しく、全国に30人程しかいない。
・つけているイヤホンと似ているとネットで話題になった「bluetoothイヤホン」 に注文が殺到。
・愛車「RX-7のトミカ」が争奪戦になるほど品薄に。本物を購入したという猛者まで現れた。
・彼モチーフのキャラ香水が何度も売り切れ都度生産されるほどの人気に。
・彼の好物であるセロリを食べる人が続出した。

また、ゼロの執行人公開を記念して名探偵コナン関係では初のLINE公式アカウントが作られた。

関連イラスト

安室
表の顔と裏の顔


三つの顔
CM


安室くん
Ready to Fight!!


安室さん
☆



関連項目

名探偵コナン 劇場版名探偵コナン
バーボン 降谷零
公安 黒の組織 喫茶ポアロ
トリプルフェイス
純黒の悪夢 ゼロの執行人
赤井秀一 スコッチ 沖矢昴 毛利小五郎
ベルモット 風見裕也 松田陣平

機動戦士ガンダム アムロ・レイ
名探偵コナン×ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「安室透」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112756379

コメント