ピクシブ百科事典

松田陣平

まつだじんぺい

松田陣平は『名探偵コナン』に登場する元爆発物処理班所属の刑事である。
目次[非表示]

『悪いな萩原…どうやらおまえとの約束は…』
『あんたのこと、割と好きだったぜ』

概要

CV:神奈延年

警視庁刑事部捜査一課強行犯三係に所属していた刑事。 享年26歳。

3年前に警視庁捜査一課に配属されてきた孤高の刑事で、佐藤美和子とは両想いだった模様。手先が器用で携帯電話でメールを打つのが早い。

強行犯係に来る前は警備部機動隊の爆発物処理班に所属していたが、爆弾事件で親友の萩原研二を亡くしたため、爆弾事件を担当する特殊犯係に転属を希望するも、頭を冷やすようにと強行犯係に回された。その荒っぽい態度や周囲の言うことに我関せずの態度は佐藤をはじめ周囲の刑事たちから反感を買う。そんな中でも1人で必死に爆弾魔を追い続けるが、転属されてわずか1週間後の11月7日(アニメ版では1月6日)に、爆弾魔が仕掛けた爆発物の場所を突き止めるものの、爆発物から人々を守るために親友の無念を晴らすことなく殉職する。
彼の死は佐藤の心に長く傷を残すことになり、3年後に仇である爆弾犯の男が逮捕されるまで引きずっていくこととなる。

その後は主に佐藤の回想のみの登場と思われたが純黒の悪夢で再びとある人物の回想で台詞はないものの再登場を果たした。これにより年齢や警察学校時代の同期などが判明した。
しかし、このシーンは尺の都合で地上波で放送された時にはカットされ、各所で反発を招いた。

見た目のモチーフは松田優作、下の名前は太陽にほえろ!に登場した刑事のあだ名(ジーパン)から。

物語開始時には既に死亡していて、出番は回想のみでありながら根強い人気があるようで公式人気投票では佐藤、歩美、小五郎と言ったレギュラーキャラを抑えて13位にランクインしている。
アニメ化の際に作者から「すごいイケメンに描いて欲しい」とのリクエストがあるなど、かなりのイケメンだったらしい。

過去

幼少期に、プロボクサーの父・松田丈太郎を、殺人事件の犯人として誤認逮捕された過去を持つ。
22歳で警察学校に入校。降谷零諸伏景光萩原研二伊達航は、同じ鬼塚教場に在籍していた同い年の同期。
零とは当初殴り合いになるほど反りが合わなかったようで、彼を「パツキン野郎」と呼び、殴り合っていた。
手先が器用で、学科や実技、専門知識などのレベルは非常に高く、面接でのマイナスを挽回したほど。しかし、協調性がなく、鬼塚教官には「致命的」と評されている。

関連タグ

名探偵コナン 揺れる警視庁1200万人の人質
佐藤美和子 萩原研二 安室透(降谷零)
警察学校組 警察学校編

松田優作・・・モデルと思わしき人物

関連記事

親記事

爆発物処理班(名探偵コナン) ばくはつぶつしょりはん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「松田陣平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13108957

コメント