ピクシブ百科事典

伊達航

だてわたる

伊達航は『名探偵コナン』の登場人物である(写真中央)。
目次[非表示]

概要

CV:藤原啓治

元警視庁刑事部捜査一課強行犯三係の刑事。享年28歳。
佐藤刑事の1つ上だが、老けた顔立ちで、いつも爪楊枝をくわえていた。
由美から「殺しても死なない」と評されるほどのタフガイで、巨漢の被疑者を瞬時に確保するなど身体能力も高かった。
高木刑事の教育係を務めており、彼とは非常に仲が良く名前の読みも同じであることから、自分たちのことを「ワタル・ブラザーズ」と触れ回っていた。高木とは対照的に肉食系であり、恋人で英会話講師のナタリー・来間の自宅にも頻繁に泊まりに行き、婚約を目前としていた所、一年前にとある詐欺師を逮捕した直後、高木の目の前で居眠り運転の車にはねられ、死亡する。
死の直前には婚約指輪をナタリーに渡すよう高木に託したが、伊達の死を知ったナタリーもまもなく後追い自殺してしまったため、その思いは果たされなかった。高木が普段使っている黒い手帳は、伊達の遺品である。
降谷零安室透)とは警察学校時代の同期で、長らく音信不通ながらも互いに気にかける友人同士だった。当時の零については、「自分の成績はいつも2番」、「頭も体もアイツには一度も敵わなかった」と評しながらも、同時に零が自分の力を過信し、無茶をしがちであることを心配しており、高木にも「刑事といえど命は一つ、そいつの張り所を間違えるな」と忠告していた。

過去

22歳で警視庁警察学校に入校。降谷零諸伏景光松田陣平萩原研二は、同じ鬼塚教場に在籍していた同い年の同期。辞職した元警察官の父親の件を引きずっている。
成績は零に続く2位という優秀さ。逮捕術の訓練時に零と対戦した際は、痛めていた自分の膝を打ち抜くのを零が躊躇して気が逸れていたとはいえ、零から一本取っている。躊躇してしまった零に、ある事件でボロボロになった自分の父親を思い出しながら厳しい意見を言った。約6年後にあたる原作での高木との会話から、この時の試合については自分が勝ったと思っていない様子。
また、教官が零と松田に顔の傷の理由を尋ねた際はゴキブリ退治で負った傷と説明(本当は殴り合いが原因)したり、その2人が言い争いを始めた際には仲裁に入ったりと、面倒見の良さも発揮していた。この時からナタリー・来間と付き合っており、ハーフでありなにかと見た目で絡まれる零を彼女に重ねて庇っていた。その行動を見た萩原から零に好意があるのではと指摘され、思わず彼女がいることを話してしまい零たち4人を仰天させた。
偶然同じタイミングで外出していた零と行ったコンビニで偶然コンビニ強盗に巻き込まれ人質になるが、零や萩原、松田、諸伏の機転により強盗犯は制圧される。その際、伊達が引きずっていた父親の辞職の原因となった事件の現場に実は居合わせていた萩原の言葉で父の本当の『強さ』を知り、吹っ切れた。この事件の後、久しぶりに父に電話しており、父親と同じように爪楊枝を咥えるようになる。

関連項目

名探偵コナン
安室透 降谷零 高木渉
高木刑事 佐藤美和子 佐藤刑事
警視庁
警察学校組 警察学校編

関連記事

親記事

警視庁(名探偵コナン) けいしちょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊達航」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4551088

コメント