ピクシブ百科事典

黒田兵衛

くろだひょうえ

黒田兵衛は『名探偵コナン』に登場する警視庁捜査一課管理官である。
目次[非表示]

「君も…よろしくな…」

CV:岸野幸正

概要

長野県警捜査一課長→警視庁捜査一課管理官。階級は警視。50歳。

初登場時は警察庁から長野県警に出向していたが、その後は松本の後任として一課管理官に就任する。強面なうえに大柄な体格が特徴で、長野県警の大和には「どこかの組織の大ボスみたいな面」と評されている。紅茶党。
過去に何らかの大きな事故に遭い、10年近く意識不明で警察病院に入院していたため、本来はもっと若い頃に来るはずの地方警察への出向が遅れていた。顔の火傷痕と右目の義眼はその事故によるもので、当時の看護師によれば、黒かった髪が事故のストレスで白髪に変色しており、意識が回復した現在も細かい記憶が抜け落ちているようである。左側が普通のレンズで、義眼のある右側が黒いレンズという眼鏡をかけている。
「大柄で義眼」という特徴が、黒の組織のメンバーであるラムの特徴と一致しており、コナンにその正体を疑われている。一方、黒田もコナンのことを意外な着眼点で小五郎の推理に対してバックアップやフォローを行い、事件を解決へ導く「眠りの小五郎の知恵袋」として、実際に面識を持つ以前からその顔と名前を知っており、面識を持つようになってからもコナンの指示通りに部下を動かすなど、その推理力には信頼を置いている。
若狭留美に興味があるらしく、彼女の載ったニュースを見て反応を示し、独自に彼女のことを調べているかのような描写もある。また、ある事件では彼女がコナンたちに付き添いで行ったキャンプ場を同時期に訪れて留美と対面しており、その際に留美から睨み付けられるかのように凝視されている。
清水寺の事件において工藤新一の目撃情報がネットで呟かれた際は、留美の時と同様の反応を示し、後に見間違いだと呟かれた時には何かしらの笑みを浮かべていた。

疑惑

安室のことを電話越しに「バーボン」と呼んでいるが、直前の会話が事件解決への貢献についてという警察としてのものであるため、公安のトップである「裏理事官」として彼の潜入捜査を把握しているのか、「ラム」として呼びかけているのかは不明。

劇場版

2018年公開の『ゼロの執行人』にて劇場版へ初登場を果たした。

モデル

モデルとなった人物は戦国時代の武将・黒田官兵衛

関連項目

名探偵コナン 警視庁 長野県警 若狭留美 脇田兼則 ラム(名探偵コナン) 江戸川コナン 松本清長 大和敢助 諸伏高明 上原由衣 降谷零

関連記事

親記事

警視庁(名探偵コナン) けいしちょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒田兵衛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 505967

コメント