ピクシブ百科事典

上原由衣

うえはらゆい

上原由衣は、漫画・アニメ『名探偵コナン』の登場人物である。

概要

CV:小清水亜美

長野県警の刑事。29歳。大和敢助諸伏高明とは幼なじみ。

敢助のことを昔から親しみを込めて「かんちゃん」と呼んでいるが、今は上司でもあるため、仕事中にはしばしば呼び名をたしなめられることも多い。

名前の由来は諏訪氏の居城であった上原城と、諏訪御料人(正確には井上靖の小説『風林火山』での作中名『由布姫』および新田次郎の小説『武田信玄』での作中名『湖衣姫』)から。

かつて長野の名家である虎田家に嫁いで刑事を辞めていたが、虎田家を巻き込んだ名家連続殺人事件で夫を殺害されるも無事解決し、再び刑事に復帰している。
実際には敢助が事故に遭う前に関わっていた事件に関連していると推理し、無断で潜入捜査まがいのことをしていた。

長野県警の他のメンバーと同様に、頭脳明晰な刑事ではあるものの、敢助や高明の二人とは異なり、文章や資料のみに頼った捜査や推理はあまり得意ではない様子である。また、怪談話の類にも滅法弱いようだ。(『赤い女の惨劇』)

関連項目

名探偵コナン 長野県警(名探偵コナン) 大和敢助 諸伏高明 諏訪御料人 風林火山

pixivに投稿された作品 pixivで「上原由衣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 350225

コメント