ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

バッカじゃないの!? 不確かで脆いから、いいんじゃない!!

だから、心が通じ合った時にあったかくなれるのよ!!

もしも、それがガチガチで鉄板な都合のいい物だったら…あったかくなれないっつーの!


CV:松井菜桜子

演:岩佐真悠子(ドラマ版1・2作)、秋元才加(ドラマ版3作)

概要

帝丹高校2年生。テニス部所属。

工藤新一毛利蘭保育園時代から一緒に過ごしてきた幼馴染で、蘭とは一番な盟友関係。

クラス公認である二人の仲を度々からかっては楽しんでいる。


世界的な大財閥である鈴木財閥の会長・史郎の次女。

財閥の令嬢だが、本人は庶民的でサバサバした気さくな性格で、流行に敏感でイケメンに弱いミーハー気質の持ち主。かつてはいい男探しに奮闘するも、その男運の悪さゆえにハズレを引くことが多かった。

茶髪のボブカットがトレードマークで、カチューシャの色は回によって変わる。


直接的な部活の場面はないものの、テニスの腕前は先輩たちでは練習相手にならないほどらしいが、格闘技を得意とするわけでは無く、事件絡みで殺されかけたことも数回ある。ただし、周辺には(空手)、世良(截拳道)、和葉(合気道)、英理(一本背負い)、佐藤(関節技と射撃)、コナン=新一(サッカーの鍛錬を応用した戦闘力)、小五郎(柔道)、平次(剣道)、安室(ボクシング)と恐ろしいメンツが揃っており、さらに現在は最強な防犯システムこと京極真という杯戸高校空手部主将の彼氏がいるので、今後誰かに狙われても安心である。


その京極とは遠距離恋愛中で、恋愛に疎い京極になかなか思いが伝わらずにいたが、バレンタインデーを機に正式な交際関係となった。

彼氏一筋だが、京極と付き合うようになってからもイケメンに弱いのは相変わらずで、特に怪盗キッドの大ファン。キッドが予告状を出す度に対面出来るのを夢見ており、「怪盗キッドVS京極真」にてその願いが成就されている。かつてキッドについては『別腹』と断言したことも併せて京極をヤキモキさせたが、念願の対面で持ち掛けられた賭けに乗った対価は、大会を控えた恋人の無事を保証することであった(その意を汲んだキッドも「元々彼女の心を盗んでいない」と京極に返答している)。その後も陰ながら協力しようとすることや擁護する発言もあるが、あくまでファン心理の一環と見てよい模様。


原作では初登場が宮野明美よりも後だったのだが(存在が示唆されていた)「明美の妹」とシルエットが似ていたことから、園子が登場した際にアシスタントに明美の妹だと認識されたという逸話がある(アニメでは明美より登場は早い)。これを受けたのか、劇場版第5作『天国へのカウントダウン』では本物の明美の妹である灰原哀シェリー)に倣って髪型をウェーブにした所、ジン彼女だと誤認されて危うく狙撃されかけている(コナンの機転により事なきを得る)。


劇場版には何気に皆勤賞である。作品によってはチョイ役同然の出番だったりもするが、逆に劇場版第11作『紺碧の棺』では蘭と共にメインを張り、第23作『紺青の拳』でも物語の行方を左右するキーパーソンとして、ペアで抜擢された京極との掛け合いが見所となっている。同作では前髪を下ろした姿が初解禁、水に濡れた姿も相まって「可愛い」「美少女」との声が多数寄せられている。

プロポーションはあまり安定せず、劇場版第6作『ベイカー街の亡霊』では蘭に匹敵する巨乳で描かれていたが、以降は段々平均的なスタイルに落ち着いてきた。


人物

毛利小五郎と並ぶお調子者で、主人公の江戸川コナンに探偵役として眠らされることにより、記憶に無いながらも「推理クイーン園子」を自称している(近年は世良真純安室透の登場によって機会は以前より減っているが)。ただし、園子本人も正義感は強く権力による口封じや隠蔽を嫌う。


また、財閥の令嬢という身分に似合わず、割引キャンペーン中の店や人気店の行列並びに出向いたりと言動が庶民的であることも多く、予約してあったフレンチのディナーをキャンセルしてまで蘭や世良とラーメンを食べにいったこともある。

その一方で、蘭やコナン達、そして京極のために実家の財力やコネを利用することも多い。


蘭との友情は厚く、彼女とは保育園時代からの付き合いのため実は新一より蘭との付き合いは長い。蘭と新一の仲をからかいつつも見守っている。劇場版第4作『瞳の中の暗殺者』で蘭が記憶喪失になった際は「たとえ記憶が戻らなくても、アタシは一生友達だから」と涙を流したり、蘭が記憶喪失になっても姿を見せない新一に憤りを覚えていた。第17作『絶海の探偵』でもXによって蘭が海に落とされて行方不明になったときは大粒の涙を流して蘭の身を案じていた。また、『黒きドレスのアリバイ』では、友情のもつれが原因で罪を犯した犯人を一喝したこともある(見出しの台詞はこの時のものである)。


コナンや少年探偵団のメンバーにからかわれたりすることも多いが、なんやかんやで仲は良く年下の友人として扱っていて面倒見も良い。劇場版第14作『天空の難破船』で灰原を殴った女テロリストに対して「子供を殴るなんて最低!」と啖呵を切ったり、第15作『沈黙の15分』では雪崩に巻き込まれたコナンを蘭達と必死に探したり、第18作『異次元の狙撃手』では東都タワーを貸し切りにしたり、第20作『純黒の悪夢』では東都水族館の観覧車を探偵団からの頼みでVIP待遇で乗れるよう手配したりしている。


コナンのことは初登場からしばらくは「コナン君」呼びだったが現在は「ガキンチョ(あるいは生意気なガキンチョ)」呼びで定着している。ついでに蘭や真純で「コナンの好きな人」と言う話題で会話した時には「どーせ歩美ちゃんにメロメロでしょーけどね!!」と予想していた(ついでに蘭の方は灰原だと予想していたらしい)。近年では上記の通り外見が似ている灰原との共演も増えてきたが、性格が正反対なのであまり折り合いはよくない。


名前について

名前の由来は同名のタレント兼美容研究家の鈴木その子……ではなく、作者である青山剛昌の高校の後輩から(鈴木氏が芸能界で活躍するようになるより先に園子は本編登場している)。


逸話

劇場版名探偵コナン』で、三代目監督である静野孔文は、『名探偵コナン』で一番好きなキャラクターに「好意をストレートに伝えてわかりやすいところがいい」という理由から園子を挙げている。またストーリー展開で「困った時の園子ちゃん」といつも助けられているという。


関連イラスト

園子さん鈴木園子

たまには着物も推理クイーン


関連項目

名探偵コナン 毛利蘭 京極真 怪盗キッド 鈴木史郎 鈴木朋子 鈴木綾子 鈴木次郎吉 前髪園子

紺碧の棺 紺青の拳

鈴木財閥 幼馴染 帝丹高校 推理クイーン園子 蘭GIRL&新一BOY 京園 キ園 新蘭園


昨日見た映画でドラムの子:88巻掲載の『仲の悪いガールズバンド』で見た映画における推し。理由が「私に似てるから」らしい。

関連記事

親記事

鈴木財閥 すずきざいばつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26256472

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました