ピクシブ百科事典

ベイカー街の亡霊

べいかーすとりーとのぼうれい

劇場版『名探偵コナン』シリーズ第6作目。
目次[非表示]

「待ってろ…絶対、また逢えっから…」「夢か幻か!?歴史の迷宮に隠された真実をつかめ!」

概要

公開日2002年4月20日
英題The Phantom of Baker Street
監督こだま兼嗣
脚本野沢尚
主題歌B'zEverlasting
興行収入34億円


本作では、史実とコナン・ドイルの小説の世界が入り混じった19世紀末のロンドンを舞台にした、完全催眠型の仮想現実ゲームが登場する。

ゲームと現実世界で起きた殺人事件がリンクしており、江戸川コナンがミステリー方式で、その父親で推理小説家の工藤優作がサスペンス方式で謎解きしそれぞれ真実に迫るという、SFや歴史ロマン要素も強い作品となっている。

今作は仮想現実が舞台となるためコナンが常備している阿笠博士の発明品は使えず、さらにコンピューターウイルスの妨害でプレーヤーの助っ人として本来登場するはずのシャーロック・ホームズとも会えないので、持ち前の頭脳といつもの仲間たちを頼りに事件を解明していく事になる。

「父と子の絆」がテーマの一つとなっている。

コナンの両親である優作と有希子が劇場版に登場したのは現時点で本作のみであり、しかも有希子はOPのみの登場で、本編ではゲーム内で容姿と声がモデルとなったアイリーン・アドラーが登場する。

ストーリー

コナン(工藤新一)の父優作がシナリオを提供した仮想体感ゲーム機「コクーン」の完成披露パーティーに招かれたコナン一行。
そのパーティーには日本の未来を担うことになる、警察官僚や政治家、財界人などの二世・三世が勢ぞろいしていた。

そんな最中でゲーム開発者が殺害される事件が発生。コナンは被害者のダイイング・メッセージから事件の手がかりがゲームの中にあると考え、コクーンに乗り込む。
ところがゲームスタートの直後にシステムが人工頭脳のコンピューターウイルス「ノアズ・アーク」に占拠され、コクーンに乗り込んだ催眠状態の50人の子供達を人質に取られてしまう。

「日本という国のリセット」を企てるノアズ・アークは、プレイヤーである子供達が誰一人もゲームをクリアすることができなければ全員脳死させると宣告。
覚悟を決めたコナン達は、5つのゲームステージの中から優作がシナリオ提供した「オールド・タイム・ロンドン」を選択した。19世紀末に実在した殺人鬼切り裂きジャックを追いかけるという、命がけのゲームに挑戦する。

一方現実の会場では優作たちが殺人事件の捜査に乗り出していた。ゲームの世界と現実の世界、次元を隔てた2つの世界でコナンと優作父子が事件解決に挑んでいく。

主なゲストキャラクター

名前声優職業
ヒロキ・サワダ折笠愛2年前に自殺した天才プログラマー少年
諸星秀樹緒方恵美コクーン参加者。警視副総監の孫
滝沢進也高乃麗同上。与党政治家の息子
江守晃愛河里花子同上。銀行頭取の孫
菊川清一郎斎賀みつき同上。有名狂言師の息子
樫村忠彬平田広明コクーン開発責任者。優作の学友でヒロキの父親でもある
ジャック・ザ・リッパー速水奨ロンドンステージの連続殺人犯
ジェームズ・モリアーティ小林清志ホームズの宿敵で、ロンドンステージの黒幕
トマス・シンドラー津嘉山正種IT企業シンドラーカンパニー社長


関連項目

名探偵コナン 劇場版名探偵コナン 青山剛昌
江戸川コナン 工藤優作 ヒロキ・サワダ
ロンドン シャーロック・ホームズ 切り裂きジャック

関連記事

親記事

劇場版名探偵コナン げきじょうばんめいたんていこなん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベイカー街の亡霊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 490187

コメント