ピクシブ百科事典

ハドソン夫人

はどそんふじん

ハドソン夫人とは、コナン・ドイルの小説 『シャーロック・ホームズ』シリーズに登場する下宿の女主人の名を指す。
目次[非表示]

本編

シャーロック・ホームズが下宿している、ベイカー街221-Bの管理をしているおばさんである。
原作者コナン・ドイルはその辺の細かい設定が頭に入ってないらしく、ものすごく時々ではあるが「ターナー夫人」になる。けっこう設定がいい加減なのはよくあることである。
ホームズ復活編である『空家の冒険』の原稿にも、そう書いてあったのだが、印刷されたのはちゃんと「ハドソン」になっていた。
よく読むと、下宿で働くおばさんは、「老婆」「厨房係」「ハドソンさん」の三人いる可能性があるそうである。

さらに、ファンの間では「マーサ・ハドソン」というのが正式名称だ ということになっているらしい。

あの変人探偵(ドラッグ決めてるわ、家ん中で拳銃ぶっ放すわ、化学実験かますわ、スリッパにタバコ詰めてるわ)によく飯とかやってるなあ、とか思った人が結構いるらしく、sherlockでは、そのコンサルタント探偵がハドソン夫人へ「いろいろやってあげた」という設定である。

Pixivでは

ミセス・ハドソン


名探偵ホームズに出てくる、マリー・ハドソンさん19歳の方を指す。
まさかりで飛行機をぶっ壊す、拉致された悪者の家で見事なお料理を作る、車をダイナミックにかっ飛ばす、某スナイパーばりの精密射撃までする、完璧かつ豪快なかわいい未亡人という設定。
モリアーティ教授、ワトソン、ホームズ、みんな惚れてます。
設定では「ホモサピエンスのおねいさん」だったらしいのだが、却下された。宮崎駿曰く、原作通りのおばさんを描いてても面白くないから、せめてもの抵抗として美少女にしたとのこと(『名探偵ホームズ』アニメコミックス第5巻)。
そのせいでテレビ放送されていた当時、多くの人がケモナーに目覚め、そうでなくても「名探偵ホームズ」を通して初めてシャーロック・ホームズを知った少年が、原作を手にしてガッカリした。なんてことも多かった。

学園ホームズでは

シャーロック ホームズに登場する、ビートン校の寮母。 
タララッタッタッターラララ、ラッタララー♪と歌いだす。人気コーラスグループ・トレジャーズを抜いて歌唱賞を受賞したこともある。
シャーロックホームズをシャーロックと呼び、息子同然に可愛がる。
手作りのクッキーを半ば強引に食べさせて、食中毒事件の容疑者となる。シャーロックの名推理で真実がわかり、助けてもらう。そのことを記事にした際はターナー夫人と匿名されている。

なんか表記ゆれんなっちゃったよ

ハドスン夫人 ・・・・・・ wikiではこっちが正綴だそうな
マリー・ハドソン

pixivに投稿された作品 pixivで「ハドソン夫人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 321518

コメント