ピクシブ百科事典

221B

にーにーいちびー

サー・アーサー・コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズ』シリーズで、ホームズとワトソンが共同生活をしていたフラットの呼び名。

概要

原作でシャーロック・ホームズは1880年代初頭から引退する1903年まで、ハドソン夫人の経営する下宿のべーカー街221Bで過ごした。
ジョン・H・ワトソンも助手として同居していたが、メアリ・モースタンと結婚後、221Bを出ている。

作品の書かれた時点では、ベーカー・ストリートは85番地までしか存在しなかったので、221番地は架空の番地である。(後にベーカー・ストリートが延長され、実在する番地(旧アッパー・ベーカー街41)となった)
221は番地をさし、Bはラテン語・フランス語の「ビス(第2の)」という意味に相当し、一箇所に2つの家が建っていることを意味する。
よって221Bは、221番地の二階に位置することを示している言葉である。

『221B』の読み方については「Two Two one B(つーつーわんびぃ)」「Two hundred twenty-one B(つーはんどれっどつうぇんてぃわんびぃ)」など諸説ある。
また、『221b』と小文字で表記することもある。

作中での221B

ベイカー街221B


挿絵などから、ヴィクトリア調の半月窓がついたドアや、暖炉の前におかれた2対の肘掛け椅子が有名。

緋色の研究(a staudy in scarlet)
居心地のよい寝室二つと、気持ちよく家具も備えられてあり、大きな窓が二つあって、明るく風通しの良い大きな居間一室からなっていた。
空家の冒険(the enpty house)
一隅に科学実験の道具もあるし、酸で汚れた松板ばりの実験台もあるし、たなのうえには恐るべき切抜帳や参考書の類が並んでいる。(中略)それから、図表類、ヴァイオリンのケース、パイプ架、ペルシャのスリッパまでもが、そのなかに煙草がはいっているのだが、ひと目で見て取れた。
※この文章は、新潮文庫発行、延原謙の訳によるもので、手元で確認できた221Bに関する記述だけを記載していますので、記述漏れの可能性が大いにあります

pixivに投稿された作品 pixivで「221B」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98134

コメント