ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キュラソー(名探偵コナン)

きゅらそー

キュラソーとは、劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』に登場するゲストキャラクターにして黒ずくめの組織のメンバーである。
目次 [非表示]

私はどんな色にでもなれるキュラソー。

前の自分より、今の自分の方が気分がいい……ただ、それだけよ


CV:天海祐希


概要

黒ずくめの組織の幹部。組織のNo.2・ラムの腹心であり、情報収集のスペシャリスト。

純黒の悪夢』(以下『純黒』)の主題歌世界はあなたの色になるは、ある意味彼女自身を表しているとも言える。


任務遂行中に記憶喪失に陥って茫然としていた時、阿笠少年探偵団と東都水族館に訪れたコナンにガソリンの匂いを嗅ぎ取られて話しかけられた。コナンとの忠告を聞かずに歩美元太光彦はキュラソーに積極的に友好的に接していく。しかし、ある理由から組織に命を狙われることに。


登場は『純黒』のみだが、26作目の『黒鉄の魚影』でも存在が言及されたほか、その悲劇的な運命や声を担当した天海氏の熱演などから、ファンの間でも人気が高い。


なお、映画公開まで「謎の女」として名前が伏せられていた。


人物

容姿

銀色のロングヘアーと、左が、右目は虹彩と白目の部分(強膜)が同じ色で透明に見えるオッドアイが特徴。短眉で色は黒。厚めの唇をしている。

歩美から「目、右と左で色が違う、綺麗」「スタイルいいもん」光彦から「スーパーモデルみたいですよ」と言われ、写真を見た小五郎が「美しい」と評価してるあたり、容姿端麗。


能力

生まれつき脳弓にある損傷により、高精度の記憶能力を持つ(おそらくフォトグラフィックメモリーと思われる)。

コードネームである『キュラソー』にちなんだオレンジ・ホワイト・ブルー・グリーン・レッドの5色のプラカードを使うことで、膨大な量の情報を記憶することができる。

カードを使わずとも記憶力自体は相当なもので、元太が誤ってバラバラにしてしまったオセロの石を寸分違わず元の状態に戻している。

プラカード以外でも5色が映える物を目にすれば同様の能力を発揮するため、記憶を失ってからは、5色に近い色を見ると激しい頭痛を起こすようになってしまう。

これはわたしの色よ

また身体能力も人間離れしており、ボクシングの達人である安室(降谷)と互角に渡り合った他、記憶喪失後にも不注意で観覧車乗り場から落下した元太を間一髪ほぼ無傷で助け出している。

ちなみに元太の体重は(原作の設定によれば)40kg。凄すぎである。


ダーツの腕前も高く、劇中では投げた矢の全てをダブルブルに命中させていた。


性格

記憶を失う前は、組織のメンバーの中でもかなり粗暴(はっきり言えば凶暴)な性格で、一般人の車両を平気でクラッシュさせたり、逃走中に立ちふさがった赤井に対し「轢き殺してやるよ!」と叫び躊躇なく実行に移そうとするなどしている。


一方で記憶喪失時には真逆の大人しい性格になり、多少戸惑いながらも元太たちと一緒にダーツオセロを楽しみ、笑顔を見せている。


過去

「組織にとって都合の悪い情報」を知ってしまったことでベルモットに口封じされかけるが、キュラソーの能力を重宝するラムの計らいにより難を逃れている。


後にラムも映像記憶能力(フォトグラフィックメモリー)をかつて持っていたことが判明したことで、ファンの間では「自分と似た能力を持つために利用価値を見出した」「自分の代わりにするため生かした」などの説が浮上している。実際、「君の特殊能力を私のためだけに使え」と言い放っている。


最期

終盤で記憶を取り戻し、一度は組織に戻ろうとしたが、歩美や元太や光彦と過ごした時間を経て「今の自分の方が気分がいい」と組織からの逃走を決意。合流場所である観覧車のゴンドラからいなくなった事で、ジンから裏切りを察知され、抹殺対象となってしまう。過去にキュラソーを始末しようとしていたベルモットは、(さすがにNo.2の側近ということもあってか)まだ裏切ったと決まっていないと消極的だった。


途中で哀と遭遇し、彼女が幼児化したシェリーだと見抜くが、この場から逃げるように促す。少年探偵団が観覧車に取り残されていることを哀から知らさせるとジンたちのオスプレイからの銃撃を自身に集中させるため、囮となって飛び出し重傷を負ってしまう。


最期は脱輪して転がり出した観覧車を止めるべく、腹部に鉄骨が刺さる致命傷を負いながらも建設中エリアにあった重機に乗って特攻、ゴンドラに取り残された少年探偵団の姿を確認し、捨て身で観覧車の懐に重機を潜らせる。


「止まれぇぇぇぇーーーーーーーっ!!!」


何とか観覧車を止めるが、自身は操縦席ごと潰された上に(直前に彼女によって助けられていた哀だけは観覧車の窓越しからキュラソーの最期を直接目撃している)重機の爆発に巻き込まれ、身元の判別が不可能な遺体となって発見された。


ありがとうキュラソー


元太から手渡された、3人とお揃いのイルカのキーホルダー(ダーツゲームの景品・彼女のは未着色で白のまま)を最期まで大切に持っており、ラストで彼女と同じように潰れてしまったそれをノックリストの記憶媒体かと疑う風見に、「記憶(Memory)じゃない。思い出(Memorial)だよ…。黒こげになっちまったけどな…」とコナンが呟いている。


エピローグでは身元不明の外国人女性として、組織が起こした東都水族館爆破テロの犯人扱いとして報道されるも顔は流されず、真相を知らないままである少年探偵団には「元の居場所に帰った」と認識されている。


子供達を守って命を落とし、イルカのキーホルダーは黒焦げ。もの悲しさを感じさせるが黒は「何色にも染まらない色」。どんな色にもなれると語った彼女がイルカのキーホルダーと同じように色が付いた、確固たる自我を獲得したという解釈もできる。


彼女の死によって、『黒鉄の魚影』ではラムの側近の立場にはピンガが就くことになった他、中盤では哀が自身と彼女のことを指すであろう言葉を直美へ送っている。


余談として、「止まれぇぇぇぇーーーーーーーっ!!!」という彼女の渾身の最期の叫びは、台本段階では「止まって」だったものを、声を担当した天海氏による「『止まって』だと弱く聞こえる」「『止まれ』にしていいですか」との要望で変更されたものであり、

後日原作者である青山氏から「あれセリフ変えたよね」「あれは『止まれ』で正解」とお墨付きを得ている。



関連イラスト

コナンログ3キュラソー

何色にでもなれるcuraçao


関連項目

名探偵コナン 劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢 黒ずくめの組織

江戸川コナン 安室透 赤井秀一 灰原哀 風見裕也 ジン ベルモット ラム

少年探偵団 FBI 公安 オッドアイ 記憶喪失

悲劇のヒロイン

トヨタ・マークII…とばっちりで黒色のやつが1台お亡くなりになった。

オセロ…劇中で少年探偵団と一緒に遊んだボードゲーム。彼女は子供達と触れ合ったことでオセロのように「黒」から「白」に変わることが出来た。


アイリッシュ原佳明ピンガ…同じく劇場版限定の黒ずくめの組織メンバー。

アイリッシュはキュラソー同様に味方側(キュラソーは少年探偵団、アイリッシュはコナン)を庇って死亡しているため、「死んでほしくなかった、原作にも出てほしかった」とファンから惜しまれているところが共通している。ピンガとはラムの側近繋がり。またピンガはキュラソーと違って、悪に徹したキャラクターとして作られたが、ファンから「死んでほしくなかった、原作にも出てほしい」との声がある。


黒田兵衛若狭留美…キュラソーと同様、原作でのラム候補だった人達。本編のキュラソーは、この2人とラムが初邂逅した「羽田浩司の殺害事件」で明らかになった各々の描写と類似する点があった。(黒田とは「車の事故に遭う」、若狭とは「特殊な右目持ち」、ラムとは「瞬間記憶能力者」)

関連記事

親記事

黒ずくめの組織 くろずくめのそしき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2012622

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました