ピクシブ百科事典

宮野厚司

みやのあつし

宮野厚司は『名探偵コナン』の登場人物である。

概要

CV:中村悠一

宮野明美宮野志保(灰原哀)の父親で、宮野エレーナの夫。享年36歳。
親族の柄として義兄の赤井務武、義姉のメアリー・世良、甥の赤井秀一羽田秀吉、姪の世良真純がいる。

黒の組織の医師兼科学者で、「シルバー・ブレット(銀の弾丸)」と命名した薬を開発していたが、志保が生まれてすぐに研究所の火事でエレーナと共に焼死したとされている。

30年前には「白鳩製薬」で薬の開発チームの一員として勤務していた。何らかの夢を追ってある研究もしていた様子だが、不本意にもマッドサイエンティストとして学会を追放され、白鳩製薬の倒産もあり個人医院「宮野医院」を妻と共に経営。降谷零と面識を持つ。
穏やかな風貌の男性であり、過去に発明品の発表会で何度か顔を合わせて面識があった阿笠博士からは「気さくで感じのいい男」「ワシの発明品も気に入ってくれたようだった」と評されている。

「町医者を片手間に出来ない研究」のバックアップを「烏丸グループ」から打診される。烏丸グループの勧誘には、悪い噂とエレーナの姉である赤井メアリーが渋った事から一度は断ろうとするも、エレーナの妊娠と後押しもあって前向きに検討し始め、家族と共にラボに加わり、工藤新一や志保を幼児化させた薬を作らされる。

関連タグ

名探偵コナン 父親
黒の組織 宮野エレーナ 宮野明美 宮野志保灰原哀
阿笠博士
迷宮カクテル

関連記事

親記事

宮野家 みやのけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宮野厚司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32450

コメント