ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

メガネ(うる星やつら)

うるせいやつらのめがね

本稿では、高橋留美子の漫画『うる星やつら』の登場キャラクターについて解説する。
目次 [非表示]

CV:千葉繁龍田直樹(第3話のみ)

眼鏡に関しては⇒眼鏡


概要

ラムに思いを寄せる4人組のグループ「ラム親衛隊」のリーダー。

ラムに心酔していて、自室には隠し撮りしたラムの写真を大量に貼りつけている。


とても高校生とは思えない高い語彙力を駆使し、学生運動の扇動者さながらの長い演説を繰り広げるのが特徴(監督の押井守が学生運動に傾倒していた過去があり、それがモチーフになっていたと思われる)。


また、記憶喪失になったラムを保護した面堂の事実上要塞と化した邸宅に、あたるや他の親衛隊3人と殴りこむオリジナルストーリーがあり、このときには「1964年東京オリンピック」の2年後に自殺したマラソン選手・円谷幸吉選手が書いた遺書を思わせるような遺書を書き残している。


当初はアニメでも名前がなく「生徒A」というモブキャラだったが、押井守がレギュラーとしてのキャスティングと、彼のモデルでもあった声優・千葉繁を起用する事を考えていたことから脇役に昇格。晴れてうる星やつらを語るうえで外せないキャラになった。


最終回で「サトシ」と呼ばれるシーンがある。


令和元年(2019年)11月16日にNHK・BSプレミアムで放送された「発表!全るーみっくアニメ大投票」のキャラクター部門で15位を取り、「うる星やつら」では主役2人(2位のラム、12位の諸星あたる)以外では最上位となった。


動画

友引前史


ラム親衛隊隊長 立ち食いソバに対する信念


うる星やつら-メガネ特集-


余談

早い話が押井守の好みと個性が徹底的に反映されたキャラであり、千葉繁の熱演もあってアニメ視聴者からは高評されている。


押井のオリジナル作品である『紅い眼鏡』(千葉のPVとして企画された)から登場するプロテクトギアの起源は、作中でメガネが徹夜して作ったという「重モビルスーツ」である。


令和うる星やつらでは…。

2022年版『うる星やつら』では、「メガネ」をはじめとするラム親衛隊や彼らのベースとなった原作のラムちゃん後援会が存在しない。


しかし、旧アニメの「メガネ」の原型となった原作の「幸せの黄色いリボン」の回で登場するあたるの友人「サトシ」(CV:佐藤せつじ)が2話から登場している(実はオープニングにも登場している)。


眼鏡をかけてはいるが黒髪であり、あくまで旧アニメの「メガネ」とは別人であるが佐藤せつじ氏の演技は千葉氏に寄せてある。

佐藤せつじ氏のtweet


後に千葉氏は2022年版の2クール目に登場する藤波竜之介の父を演じる事となった。


関連タグ

うる星やつら ラム親衛隊 眼鏡

パーマ チビ カクガリ

ラム 諸星あたる 面堂終太郎

アニメオリジナルキャラ※ある意味これ

白井コースケ

関連記事

親記事

ラム親衛隊 らむしんえいたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9073

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました