ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

令和うる星やつら

れいわうるせいやつら

『令和うる星やつら』とは、2022年10月から放送されている、『うる星やつら』のリメイクアニメ。
目次 [非表示]

地球“最凶”の高校生 諸星あたると、 宇宙から舞い降りた “鬼っ娘”美少女ラム。 二人の出会いからすべてが始まった・・・!


概要

高橋留美子作『うる星やつら』のリメイクアニメ。

2022年1月1日付産経新聞の一面広告にて、リメイク版の構想がある事が明らかにされた。


原作366話分から放送エピソードを選抜したうえで、分割4クールの放送スタイルを採ることを明言しており、ひとまず第1部の放送を2022年10月から(2023年3月まで)放送されることが発表されている。

さらに、第2部(後半2クール)の放送を行う意向である事が2023年3月24日に明らかにされ、2024年1月から放送されている。

メインタイトル表記は「うる星やつら」。


キャスティングとメインスタッフは交代しているが、オリジナル版から別役で再登板を果たしたキャストもいる(古川登志夫平野文千葉繁など)。また、新規採用されたキャストの中には過去の高橋留美子原作アニメの出演者も複数おり、特に山口勝平氏は複数のキャラを演じている。


フジテレビ関西テレビ東海テレビサガテレビ秋田テレビ鹿児島テレビAT-X高知さんさんテレビテレビ長崎などにて放送。また、2ヶ月半遅れながら山陰中央テレビでも放送されている(第2部は予定)ほか、第1部に関しては福井テレビでも、5ヶ月半遅れではあるが放送された。なお、(高知さんさんテレビ、テレビ長崎、福井テレビ以外の)地上波のネット局はノイタミナ枠での放送となる。


第17話において、背景の一部で実は既存のデザインを勝手に使っていた事が判明してしまい、謝罪に追い込まれた。また、これに伴い、配信や映像ソフト、さらには一ヶ月以上のタイムラグがある遅れネット局向けに対しては修正を施したものを使用する。


登場キャラクター


スタッフ


主題歌

現状全てMAISONdesが担当。歌唱アーティストは毎回異なる。

第1期

歌:MAISONdes

  • 第1期1クールOP「アイウエ feat. 美波, SAKURAmoti」

作詞・作曲:SAKURAmoti・美波 / 編曲:SAKURAmoti・真船勝博



OPアニメーションはラムの電撃を浴びたあたるが見た白昼夢となっており、昭和から平成を飛び越え令和の世界に迷い込むも、結局ラムに翻弄されるという展開。

映像内にはスマートフォンインスタグラムの他、恋愛アドベンチャーゲーム、レトロゲーム(かつて発売された『うる星やつら』のゲームもモデルに入っている)、原作風のイラストなども登場する。


作詞・作曲・編曲:ツミキ



  • 第1期2クールOP「アイワナムチュー feat. asmi, すりぃ」

作詞・作曲・編曲:すりぃ



  • 第1期2クールED「アイタリナイ feat. yama, ニト。」

作詞・作曲・編曲:ニト。



第2期

  • 第2期1クールOP「ロックオン feat. はしメロ, 巡巡」

作詞・作曲・編曲:巡巡。



  • 第2期1クールED「雷櫻 feat. 9Lana, SAKURAmoti」

作詞・作曲・編曲:SAKURAmoti。



各話リスト

第1期

話数サブタイトル名話数サブタイトル名
第1話かけめぐる青春/絶体絶命第13話買い食い大戦争/テンから贈り物!!
第2話あなたにあげる/幸せの黄色いリボン第14話水乃小路家の男/トLOVEル・レター
第3話トラブルは舞い降りた!!/迷路でメロメロ第15話あんこ悲しや、恋の味?/思い出危機一髪…/口薬害
第4話口づけと共に契らん!!第16話激闘、父子鷹!!/セーラ服よ、こんにちは!!
第5話愛と闘魂のグローブ/君待てども…第17話あこがれを胸に!!/星に願いを
第6話いい日旅立ち/お雪/あたるの引退第18話き・え・な・いルージュマジック!!/必殺!ヤミナベ
第7話住めば都/生ゴミ、海へ第19話魔鏡!戦慄の密林/酔っぱらいブギ
第8話転入生、危機一髪…/お別れパーティー危機一髪…第20話失われたモノを求めて
第9話愛で殺したい/自習騒動第21話惑星教師CAO-2/あな恐ろしや、ワラ人形
第10話戦慄の参観日/君去りし後第22話大ビン小ビン/愛がふれあうとき
第11話面堂兄妹!!/面倒邸新年怪第23話決戦!!友1クイーンコンテスト
第12話テンちゃんがきた/ふたりだけのデート

第2期

話数サブタイトル名
第24話妄想フーセンガム/愛は国境を超えて
第25話想い出ボロボロ!?/想い出のアルバム/涙の家庭訪問 激闘の藤波家編
第26話電飾の魔境
第27話恋人泥棒/水乃小路家の娘
第28話続・水乃小路家の娘
第29話コタツにかけた愛/ラムちゃん、ウシになる/涙の家庭訪問 華麗なる面堂家編
第30話イヤーマッフルの怪/系図

特徴・原作や旧作との相違点

  • ラムが電撃を放つ際に髪色が7色に光る。
  • 時代設定は原作準拠の昭和末期であり、ブラウン管テレビ、ダイヤル式固定電話、ラジカセが使われている。ただ細かい当時の時事ネタはカット。
    • ただし当時には無い「イケメン」等の単語は登場している。
  • 学校のデザインが洋風木造な1981年版と異なり原作、OVA「ザ・障害物水泳大会」と同じ鉄筋コンクリートの建物となっている。
  • メガネをはじめとするラム親衛隊や彼らのベースとなった原作のラムちゃん後援会が存在しない。代わりに1981版では殆ど登場しなかった白井コースケ北斗等があたるの友人として登場する。
    • 1981年版の「メガネ」と「チビ」の原型となった原作の登場人物は、あたるの友人「サトシ」「アキラ」として2話から、「カクガリ」の原型となった人物は同じ名前で3話からセリフありのモブキャラクターとして登場している。あくまで1981年版の彼らとは別人。
  • 1981年版では2話から登場していたテンは12話まで登場しない。代わりに面堂終太郎の登場が2話目ラストからとかなり早くなっている。
  • クラマ姫のエピソードが大きく改変されている。当人の項目参照。
  • 1981年版は初期は2本立てで第3クールから30分1話になったのに対し、本作は2本立てを基本にしつつ、話によっては30分1話だったり3本立ての場合もある。
  • サブタイトルの演出が1981年版とは異なる。1981年版は一般的なサブタイトル画面でラムを演じた平野氏がサブタイトルを読み上げていたが、2022年版ではサブタイトルコールは無いものの各話ごとに専用のロゴ・演出が用意され、本編内に挿入される演出。また、日本のテレビアニメでは異例の「1クール分のサブタイトルをティザー映像で一斉に事前公開する」(ただし順不同)試みも行っている。
  • 「バリバリバリッ」「みしっ」など原作で印象的だったSEはアニメ版ジョジョよろしく視覚化されている。そしてなぜか声優の声になっている。
  • 現代のコンプライアンスに合わせてあたるのセクハラに値する言動はナンパなどの根幹に関わる描写以外はマイルドに、また藤波竜之介関連の描写で同性愛忌避等の文言は避けられている。


関連動画




関連タグ

うる星やつら 2022年秋アニメ 2024年アニメ総覧


半妖の夜叉姫弐の章:第1部開始と同じ年に放送されたるーみっく作品

るろうに剣心(2023年度アニメ):本作と同様ノイタミナ枠にてリメイク版を放送するアニメ作品。


ケロロ軍曹 ケロロ軍曹(アニメ):同じく侵略宇宙人と地球人達の織り成すギャグコメディ。地方によっては本作と同日の同じ夜にアニメが再放送されているという、実にタイムリーな事になっている。


THEFIRSTSLAMDUNK:同時期公開の数十年前のアニメのリメイク繋がりだが、声優発表のタイミングやスタッフインタビューなどが原因で炎上してしまっている。


東京ミュウミュウにゅ〜♡:2022年に同じくリメイク作品。余談だが、2002年版で主役を演じた声優が、2022年版では主役の親役として登場となっている。


キン肉マン:新作「完璧超人始祖編」の声優で本作と同様の配役移動がある。主人公の中の人は新(令和)・旧(昭和)共に面堂終太郎と同じで、旧作主人公の中の人が新作では父親の役を演じる。


関連リンク

関連記事

親記事

うる星やつら うるせいやつら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 744196

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました