ピクシブ百科事典

潮渡渚

しおわたりなぎさ

潮渡渚とは、「うる星やつら」の終盤で登場したキャラクター。
目次[非表示]

声:弥生みつき

概要

人物像

見た目や性格などはそんじょそこらの女性では敵わない程女らしい。しかしその正体は男性であり、本人もちゃんと男性としての自覚を持っている。これはどうしても女の子が欲しかった父親の育て方のせいであり、おかげでこうなってしまった。
今で言う男の娘だが当時はそんな言い方は存在せず、作中ではもっぱらオカマ呼ばわりされている。
その女らしさは作中における女好きの双璧諸星あたる面堂終太郎もだまされかけ、渚自ら男であると明かすまで完全にはわからなかった程(ただし双方とも本能的には女性でない事は分かっており、作中では男と分かるまで一切手出ししていなかった)。

登場した際には既に故人(幽霊)だったのだが、成仏するために竜之介キスしたいと言い、気絶している隙にと思ったが幽霊のままでは不可能だった。ただこの直後にある方法により生身を取り戻した。とは言っても生き返ったわけではないので幽霊よけの護符には弱く、使われると消えてしまう恐れがある。

生身に戻ってからはキスして成仏する目的に近付くべく竜之介と同居しているが非常な大食いであり、そのせいでただでさえ破綻している藤波家の財政をさらに困窮させている。

見た目は女の子そのものだがそれに反して凄まじい怪力の持ち主で、さらに相手との間合の取り方も非常にうまい。その強さは竜之介でさえ手も足も出ない程。

ちなみに竜之介はケンカ慣れしてそんじょそこらの男では何人いても相手にならない強さで、実際に友引高校の男子全員を平気で倒したこともあり、作中屈指の強さである。しかもそれでさえ渚自身は全く本気を出そうとしていなかったので腕力に関しては最強候補の一角となる。
その強さは相撲で鍛えたもので、生前には相撲大会があれば必ず参加して必ず優勝し横綱になっていた程の腕前。

ちなみに死因は父(声:肝付兼太)が経営する店独自の名物(特産のウニを使ったかき氷の新メニュー)を作ろうとして試作品を食べ続けた結果、食べ過ぎで中毒を起こしたことによるもので、まず父が倒れ、その後に渚も倒れてしまった。こうして看板メニュー構想が未完成に終わった心残りから父とともに幽霊になったが、その翌年に店を訪ねた竜之介に一目惚れして今に至る。

他のキャラクターとの関係

前述通りあたるや終太郎でさえ男性とは気付けなかった。ただし薄々は感付いていたようでありちょっかいは出しておらず、気付かれた後にはあたるが平気で殴ったりしている。ちなみにあたるは女には何が何でも暴力を振るわないことが女子全員から絶対の信頼を受けるまでに知れ渡り、女殴るくらいなら自分殴るほうがマシであることが作中にて明記されている。

完全な逆キャラである藤波竜之介とは親が決めた許婚である。渚自身は竜之介に惚れているが、竜之介はこれを嫌っており、力で避けようとしてはいたが、結局は圧倒的な力量差にねじ伏せられている。ちなみにこの関係は両者の父が学生時代からの親友同士であるがゆえに決まったものだが、わざわざ性別を逆にした意味はよくわかっていない。もっともこんな育て方をするうえに親友同士になる程だから渚の父は竜之介の父と同類であり、あくまで渚は女の子(うちの看板娘)だと言っている。

男の娘‥ではあるのだが‥

もし当時から男の娘という言い方があれば間違い無く使われていたキャラであることは前述の通り。ただ渚の場合女の子として育てられてしまったがゆえにこうなったのであり、男性の自覚がありながらキャラを作ったりしている所の全く無い、完全に素で男の娘である。竜之介は女としての自覚を持ち女物を着て女らしく振舞うことを目標にしているが、渚の場合はそういう描写が見られず、男らしくという意思がありそうには見えない。

関連タグ

うる星やつら
渚&竜之介
潮田渚…名字や名前がどことなく似ており、こちらもれっきとした男子であるが、女子のような髪型や体型で中性的な容姿をしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「潮渡渚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26574

コメント