ピクシブ百科事典

ホテル・モスクワ

ほてるもすくわ

ホテル・モスクワとは、広江礼威作の漫画『ブラックラグーン』に登場する架空の組織である。
目次[非表示]

概要

その名の通りロシアモスクワに本拠地を置くロシアン・マフィア。
その組織力は強大で、世界各地に支部を構えており、侮れない影響力を持つ。
大頭目(スレヴィニン)を筆頭に、頭目(ヴォール)が配下の幹部として君臨する組織構成となっており、各地の支部も頭目らが率いている。

主な構成員

ピョートル

ホテル・モスクワを率いる大頭目。頭目らはその招集により、定期的にモスクワ本部で開かれる会議に出席したりしている模様。現在のところ名前と存在がバラライカにより言及されているのみで、その正体は一切不明。「ピョートル」は組織内のコードネームで、本名は不明。

バラライカ

タイ支部を率いる頭目。ホテル・モスクワきっての武闘派として知られるやり手。確たる功績を打ち立て、ピョートルからの信任を得てのし上がった実力派。詳細は該当記事参照。

ヴァシリ・ラプチェフ

日本支部を率いる頭目。KGB上がりで、実力よりも上納金で現在の地位を得た。

関連タグ

ブラックラグーン バラライカ(ブラックラグーン) マフィア

pixivに投稿された作品 pixivで「ホテル・モスクワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 622

コメント