ピクシブ百科事典

板倉卓

いたくらすぐる

板倉卓とは、漫画及びアニメ『名探偵コナン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

元・CGクリエイターのシステムエンジニア。3年前より視力が低下してきたのを機にシステムエンジニアに転向している。

机の上の書類が10cm動いている事にもすぐ気付く等、非常に神経質な性格の持ち主。やや不義理な面はあったようだが、良心や道徳心は持っていたらしく、過去にあるシステムソフトを開発した際は、倫理観に反するものであった事から断念している。
腕時計に対し強い拘りを持っている。

視力の低下によって普段は眼鏡を掛けており、人前ではコンタクトレンズをつけているのだが、それでも文章等を殆ど読む事が出来ないらしく、現在は点字の使い方も身に付けている。また、心臓に関しても、手術が必要とされる程病んでおり、それが自らの命取りとなっている。

CGクリエイター時代は、工藤有希子シャロン・ヴィンヤードベルモット)といった世界レベルの大物女優にとってお馴染みとされる程の存在で、特殊視覚効果に大きく携わっていたとされている。
しかし、シャロンとはある映画の件でぶつかったのを機に険悪な関係になってしまったと、有希子は役者仲間から聞いており、「スタッフ思いだったシャロンがあんなに激怒したのは珍しい」とまで評されている。

自らの死後、とある理由から日記のコピーデータが江戸川コナンの手に渡る事になる。


残された声なき証言

3つのゲームソフト会社を相手に、三重の掛け持ちで将棋囲碁チェスのゲームシステムの開発を行っていたのだが、前述の「とある理由」から物語の一週間前に姿をくらましてしまっている。
3つの会社の代表である相馬竜介(そうま りゅうすけ)須貝克路(すがい かつみち)内藤定平(ないとう じょうへい)の三人に、動画付きのメールを送ったのが切っ掛けで、コナンのいる毛利探偵事務所が捜索依頼を受ける事になった。

3人との会話の中で、2年前に黒の組織の一員であるテキーラからの接触を受けていた事実を知ったコナンは、毛利小五郎について行く形で、滞在先となっているホテルニュー米花に向かうのだが、実は数日前にて先に辿り着いていた相馬竜介によって、心臓疾患を利用される形で板倉は殺害されてしまっていた。
死体として発見されたばかりの時は病死と見なされていたが、所々の不自然な状態から殺人によって命を落としたことが発覚。
更に板倉が、囲碁の禁じ手と点字を応用したダイイングメッセージを残していた結果、相馬が犯人である決定的な証拠が見つかる事になった。

殺害された動機は、無名のゲームクリエーター時代に彼と交わした約束を実質反故にしてしまった事にある。
当時、相馬とは酒を交わしながら「いつかビッグになったら名人をも倒せるような将棋ソフトを作ろう」と約束し、それを真剣に夢見ていた彼から20年もの間、名勝負の棋譜を送り続けられ、借金までする形で多額の投資もされていた。
しかし、20年という長い年月の中でCGクリエイターとして大成してしまった板倉にとって、相馬との約束は「遠い過去の約束」となってしまっており、殺害される直前にて「待ったは何回がいいと思う?」という発言が、殺意を買ってしまうに至っている。
この時の「待った」が何を意味するのかは不明だが、おそらく「名人をも倒せる本格的な将棋ソフト」において「待った」の機能を設ける事にあったと思われ、真剣に夢見ていた相馬にとっては、板倉が過去の夢を完全に捨てているとしか見えなかったのかもしれない。
なお、序盤に相馬が明かした事実からも、過去に板倉の元へ押しかけてきたテキーラを板倉殺しの犯人にしようとしていたようだが、本人が既に死亡していた事から成立出来なかった。

しかし、当の板倉本人には、相馬との約束を守っている場合ではない「命の掛かった事情」が別にあった…。

関連タグ

名探偵コナン 工藤有希子 シャロン・ヴィンヤード








ここから先はネタバレの為、注意。










黒の組織との関わり
『残された声なき証言』の序盤で発覚した事実だが、板倉はシステムエンジニアに転向してから1年後となる2年前に、黒の組織のメンバーであるテキーラからの接触を受けていた。

CGクリエイター時代、どのような経緯かは不明だが、板倉はとあるシステムソフトの開発を行い断念していたのだが、「我々人間の為に断念した」という日記の内容からも、どうやら倫理面に関してかなり問題のあるソフトであった模様。
そのソフトに関する情報を得た黒の組織は、テキーラを板倉の元へ送り込み、そのシステムソフトを売るよう要求していたようだが、板倉の視力が低下していた事でシステムソフトが開発出来なくなったのを知った事で、テキーラは引き下がっている。

しかしその後、今度はベルモットが事務所に何度も侵入する形で板倉に揺さ振りを掛け、いつか殺されてしまう可能性を恐れた板倉は、「要求をのむ」というメッセージを残す形で承諾。電話とのやり取りで「1年以内でシステムソフトを完成させ、高額で買い取る」という取引を成立させる事になる。
しかし、システムソフトを完成させてしまう事への抵抗感を拭えなかった板倉は、ソフトを未完成の状態で群馬の別荘に隠し、ソフトの受け渡しの時間と場所を記したメールが送られる前に、海外へ姿をくらます事を計画する事になった。

これらの旨に関する日記の記された日は、自身が殺害される2日前であり、前述の3社との掛け持ちでゲームのシステムを開発させるというどう考えても実現不可能な行いも、黒の組織から逃亡する為に、やむを得ない部分もあったのかもしれない。

なお、ベルモットが毛嫌いしていた板倉にシステムソフトの完成と提供を依頼したのは、コナンや灰原といった「APTX4869」による幼児化した者達の事に関して隠す事と関係があるのではないかと有希子は推測している。

ちなみに、アニメ版の50番目のオープニングである「ANSWER」では、ベルモットと思われる女性に電話越しで脅迫される板倉の姿が描かれている。

裏の関連タグ
黒の組織 テキーラ ベルモット

羽田浩司アマンダ・ヒューズ:同じく過去に黒の組織と関わっていたと思われる人物。本来なら、板倉も彼等と同様に黒の組織に殺害されるはずだった。

関連記事

親記事

名探偵コナンの登場人物一覧 めいたんていこなんのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

コメント