ピクシブ百科事典

ヘレナ・アダムス

へれなあだむす

「IdentityV」に登場する女性サバイバーのうちの一人である。
目次[非表示]

うわさ
ヘレナは病に視力を奪われたが、聴覚によって外界の様子を感知することができる。
彼女はこのゲームで杖を固く握りしめ、勝利を手にする方法を考えている。

概要

アプリゲーム「IdentityV」に登場するサバイバーの女性。
モデルはヘレン・ケラーだと思われる。

CV:Lynn(S13・真髄2ミニストーリー)

プロフィール

名前ヘレナ・アダムス
年齢19歳(1月13日生まれ)
出身階級商人の家庭
職業心眼
性格冷静、思いやりがある、頑固、学問を好む
好きなもの詩歌、スイーツ
嫌いなもの尖ったもの
特技聴覚、詩歌
趣味詩歌


容姿

無題


バケットハットを被り、学生風の服装に身を包んでいるが、ところどころ傷んでおり綿が飛び出していたり継ぎ接ぎがされている。
手には白杖を持っているが、現実で一般的な形状ではなく魔法使いの杖のような意匠のものとなっている(マジシャンのマジックステッキとの差別化のため?)。
メガネをかけているが、伊達だと思われる。

性能

全サバイバー中最も特殊とも言えるサバイバー
このサバイバーの特異な点として、視界が他のサバイバーと異なるという点が挙げられる。
視界が白黒、どころか一寸先は闇な状態から始まるのである。至近距離のオブジェクトはぼんやりと白く浮かび上がっており完全な暗闇ではないが、初めて使用する際にはその光景に衝撃を受けること間違いなし。

これは彼女が盲目であることをギミックとして盛り込んだものであるが、もちろん彼女はこの世界を渡り歩いて来たし、これからも渡り歩いて行くであろう。当然、渡り歩くための手段も持っている。
後述する反響定位(エコーロケーション)がそれであり、これは自らが発した音の反射を感知することで、目に見えなくてもそこにある物の位置を感じ取る能力のことである。
現実世界の視覚障碍者には、杖ではなく舌打ちで鳴らした音を頼りにしている人もいる。

外在特質

  • 反響定位
心眼ちゃん


軽叩き:杖で地面を軽く叩き、音波の反射で少範囲内のハンターを感知する。
重叩き:杖で強く地面を叩くと、範囲が瞬時に拡大し全フィールド内でハンターの位置を感知する。同時に情報を仲間に伝えることができ、解読後の暗号機と動いている仲間を感知できる。
彼女は白杖を手離せないため、他の道具を持つことができない。

  • 心眼
心眼は、その他の感覚が鋭敏になり、解読中にほとんど調整が発生しない。解読速度が30%上昇する。

  • 虚弱
虚弱な体質で、体力が持たない。板・窓の操作速度が30%低下する。

主な立ち回り方

長所

外在特質の説明文を読めばわかる通り、彼女は典型的な解読特化型サバイバー
恒常的に解読速度が30%上昇している上、他サバイバーの負傷や拘束によって解読速度が落ちるデメリット能力を持たないため、基本的に可能な限り解読機に触れていることが望ましいサバイバーと言える。

彼女はそれだけではなく、「反響定位」の重叩き(アクティブスキルの方)を使用することで一定時間ハンターを可視表示化することが可能で、更にこの効果は他のサバイバーにも適用されるため探知によるサポートも可能であり、ハンターの大まかな位置や進行方向などを探知しつつ解読機を回すことでサバイバー全員をサポートする役割を担う後方支援タイプと言える。また、「反響定位(重叩き)」の効果中は可視範囲が広がり、色も付くため行動がしやすくなる。

第五人格 心眼 ヘレナ アダムス


また彼女がしゃがみ以外で移動している間発揮されるパッシブスキルにより、一定範囲内にいるハンターなら壁越しでも可視表示されるので、高い壁の連なるエリアでの読み合いなどには強いという一面もある。また、同様に透明化能力を持つリッパーも近くなら常に視認することができる。


短所

上記の性能に反して彼女が抱える弱点は看過できないほど多く、まず暗闇のため視野がとても狭い

心眼ちゃんの視点


移動時は「反響定位(軽叩き)」が発動しているため多少周囲が見やすくなるが、静止しているとき、特に解読作業中は周囲がほとんど見えなくなるので、「反響定位(重叩き)」の再使用待機中などにハンターの接近を許してしまった場合に逃避が遅れてしまいやすいことや、先が見えにくいためマップを把握しきれていない場合に迷ってしまうこと、こちらから見えていなくともハンターの方からは視認されてしまっている場合が起こりうることなどが挙げられる。
板は若干見えやすい色で表示されるが、窓枠類はそうでないため、やはりマップを把握していないうちは逃げ込みにくいだろう。

加えて杖を手放せない関係上、他のアイテムを入手できない。しかもバーメイドの酒も飲めないので、回復手段は仲間からの治療してもらうしかなく、ハンターに対抗する術も一切持てない。
おまけに一等航海士の「消えた」で姿が一等航海士になっても、杖を叩いているせいでハンターにはどっちが心眼であるかがバレてしまう。
カウボーイに担がれている時は静止時同様暗いままなので現在位置の把握が難しく、いざ降ろされた時に逃げる方向に困りやすい……と、仲間のフォローが上手く活かせない場面も多い。

そして「虚弱」は全サバイバー中最下位タイのデメリット効果であり、これによる板・窓操作時の遅さも相まって、チェイスはかなり苦手な部類。
そのため「反響定位(重叩き)」でハンターの位置を的確に感知する必要があるが、重叩き使用時は音でハンターからもこちらの居場所の方角が(大まかにではあるが)バレてしまう。
ハンターの姿が見えないデメリットを解消したいが、逆に自分の身を危険に晒してしまう可能性があるというジレンマを抱えている。

立ち回り

壁越しからもハンターを視認できることを差し引いてもチェイス向きの能力ではないので、まずは見つからない立ち回りが重要。後述する「寒気」の習得はほぼ必須。
総じてマップへの理解度が問われるので、上級者向きのサバイバーと言えるか。
ハンターからなるべく距離を取るか見つからなさそうな場所に潜伏しつつ、解読に集中するのが無難な立ち回りと言えるだろう。早い段階で重叩きでの探知と情報共有をするのも良いが、重叩きのデメリットを考えると可能な限り安全を確保した上で行うのが肝要となる。いずれにしろ、瞬間移動には要注意。

実はハンターが最初に瞬間移動を使えるようになる時間と、重叩きのCTは同じ45秒のため、開幕打てばハンターが瞬間移動を使う時間を把握できる。
ハンターがどこに向かうかも把握できるので、仲間への助けにもなれる。
反対にワープが可能な白黒無常や遠距離攻撃が可能な血の女王などが相手だと真っ先に狙われる危険性がある。
そのため、開幕重叩きをするかは意見が分かれるところである。いずれにせよ開幕で叩いてすぐに暗号機に向かうのはかなり危険。叩いた後にすぐ隠れるのが良いだろう。
反対に安全な場所を確保してから叩く手もあるが、配置によってはいきなり見つかってしまう危険もある。そうならないよう、視界が悪い中でもデススポーンにいるかどうかを把握できるかが重要になる。

闇は深し逃げろよ乙女


2回目以降の重叩きについては、暗号機解読終了直後に行うのが良い。解読終了時にどの道居場所がバレるためである。間違っても解読中にハンターが来ないか不安だからと重叩きをしないように。
また、ハンターが瞬間移動をする場合、移動後に重叩きをすれば仲間にもハンターがどこに移動したかを把握できる。
基本的に見つからないよう移動し、強ポジなどの暗号機を解読するのがお勧めだが、誰かが拘束中だったり、チェイス中だと分かれば、あえて弱ポジの暗号機を片付けるのも手である。解読速度が上がっている時に行うとなお良いだろう。

【相性のいい内在人格】
中治り
全ての解読が完了すると1段階体力が回復し、移動速度も5秒間50%上昇するため、脱出ゲートへ急行したり、単純にその場からすぐ離脱したい時などにも有効。残り1台の時などに回復せず解読を進めるなどの使い方もある。とにかく解読を進めるサバイバーなので恩恵にあずかる機会は多いだろう。

寒気
36メートル以内にいるハンターがこちらを見ている時に教えてくれるので、視野の狭さをある程度カバーすることができる。「中治り」を取る途中の分岐にあるので取得しやすく、初心者でもすぐにつけられる。

雲の中で散歩
ハンターからのみ見える足跡(痕跡)が早く消えるようになる。ハンターから発見されにくくなる他、すでに見つかってしまった後でも複雑な地形に逃げ込めば追跡を振り切りやすくなる。

膝蓋腱反射、割れ窓理論
前者は板を乗り越えた後、後者は窓を乗り越えた後に短時間の加速効果が得られるようになる。クールタイムはあるものの、発動できればチェイスの弱さをある程度カバーでき、強いポジションへも逃げ込みやすくなる。

衣装(スキン)一覧

Happy  birthday  Helena!
iPhone壁紙



UR
金茶ケーキ黄金ケーキ
金茶ケーキ
黄金蛋糕
ラグジュアリーなダークゴールドはケーキをひとつの芸術品に変えた!光輝くチョコレートケーキ!その誘惑に抗える者などいるだろうか?

SSR
甘いケーキ海西遺風
心眼ちゃん
무제
失踪した新婦と共に消えた宝物よりも招待客の関心を引くのは、目の前のウェディングケーキの甘いにおいである。杖と王冠は神からの恩寵、だが権力は神から得られない。
音波目覚ましたくない女の子
音波ヘレナ!
Identity V Log
深淵からの呼び声に従い、彼女はついに溶炉の高塔で裏切り者の位置を特定した。全ては、そこで決着がつく。どれだけの勇気があれば、このネバーランドから出ていくことができるのだろう。
書記官
書記官
知性はあらゆる紛争の発端だが、罪で益を得ようとするのは無意味だ。

SR
病衣過ぎし日々
第五人格-盲女
LOG 、
痛みと障害はハンディキャップではなく、一種の修行である。過去を振り返るのは適切な教訓を得る為でありたい。例えば、軽々しく旅に出てはならないとか。
春の遠足終末休暇
どう、似合ってますか?
夏の終わりの向日葵と白い鳩
まるで大自然が見えたよう…きっと綺麗な景色だわ。船に乗り込む前に、チケットに書かれた目的地を確認した方が良い。ヘレナはおそらく、自分がどのような旅行に参加してしまったか知らないでいるのだろう。
見習い法術師見習い魔法師
心眼ちゃん
ツイログ 第五人格
魔法学園に来てまもない学生は、高貴な生まれで珍しくフレンドリーだ。だがそれは彼女が目的を達成するための偽装だとは誰も知っているのだ自分の過去を知るため、魔法学園に入った。その目には勇気と信念が輝いていた。
アテネの異邦人
ここが好きだ。知恵にあふれているから。少なくともそう「見える」。

R
秋の緑学園の赤
第5人格ろぐ
盲女
心眼にとって、オシャレする意味はあるのかなんて問う奴がいるのかもしれない —— だが少なくとも、他人の目には入るものなのだ。クラシカルな暗い茶褐色は、学園の優等生の普段の装いだ。
きめ細かな白暖かな冬の青
明日もよろしくね
第五人格5
視力を失ったことで彼女は自身の外見を見れなくなった。だから、シンプルでもいいかな、と思う時もある。温かみのある冬はどんな色がいいだろうか?真っ白よりも清々しさがある青かしらね。
幽閉の青
心眼ちゃん雑お絵描き(´・∀・`)w
一人でいるときも、自分に厳しくしないと。
  
初期衣装ボロい服
心眼ちゃん
初期衣装。すべてが自然に見える。服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?

余談

「視力障害があり、虚弱な女の子」である心眼だが、二次創作上ではそれと全く反対のものも見られる。

肩幅と筋肉がモリモリだったり、男性サバをお姫様抱っこしていたりするなど、見た目とのギャップを上手く活かされている場合が多い。前述の通りチェイス向きと言えるキャラクターではないが、遮蔽物越しでもハンターの動向が把握できるため、そういった仕様を使いこなせればチェイスもかなり可能。
あえて心眼に内在人格の「怪力」をつける人もおり、上級者ともなると盲目のはずなのに通常キャラよりチェイスが長引くという現象もザラにある。そのゴリチェイスの様子を、一部からゴリラ心眼と評される事も。

ちなみに閲歴レベルを14まで上げると心眼の挑発エモートが手に入るが、これが何と「うっふ~ん♡」などと言い出すものであるため、しばしネタにされている。

関連タグ

IdentityV 第五人格

背景推理(ネタバレ注意!)

この先ゲーム内における「背景推理」のネタバレを含みます。



























1.家族私の…1番大切な宝物。
1枚の写真:眼鏡をかけた中年男性が病床に立ち、ベットの上の小さな女の子を見下ろしている。
2.父のプレゼントもしできることなら、私の眼を彼女にあげたい。
「この杖を持って、杖が地面を叩く音を仔細く聞きなさい。」
3.変化彼女は幼いから、このような変化を理解できないのだ。
父親の日記1:ヘレナは怒りっぽくなり、自分のおもちゃを壊しはじめた。医師によると、このようなことは正常だという。私は何とかして彼女を再び穏やかにする方法を考えなければならない。もしかしたら、もっと多くのおもちゃを用意すれば効果があるだろうか。
4.家庭教師特別な子どもには、特別なケアが必要だ。
どの教師も教室にすべての子どもを受け入れることはできるが、すべての教師が子どもに物事の真実を学ばせることができるとは限らない。
5.天賦神扉閉じ給う時、窓開け給う。
ヘレナ、お前の理解力と学習能力には驚いたし、誇りに思うよ。
6.聞き分けのいい子ヘレナ、自分の行動をわきまえなさい。
1枚の写真:若い女性教師がヘレナの背後に立ち、両手を少女の肩に乗せている。
7.希望傷を負うと、ある人は再帰できないが、ある人はかえってより強くなる。
父親の日記2:家庭教師を招いたのは正しい判断だった。彼女のような特殊な子どもが、今日という日まで来れるなんて、想像もしなかった。今、私のヘレナは小さな詩人だ。
8.制御不能史上類を見ない英雄になりたければ、決して演じることのできそうにない役柄をすべて経験してみなければならない。
父親の日記3:ヘレナの聞く力はとてもすばらしい。私には、なぜ彼女があんなことを言ったのか理解できない。
9.チャンスをつかむ弱さも武器となり得る。
あなたを奇跡に変えましょう、ヘレナ。大衆を超越し、今後再び成し遂げることも難しいような、奇跡に。
10.誠実な生活どんな人にも、このようなチャンスは必要だ。一度きりであってもいい。
私は一度自分の意志によって選択をしたい。たとえ、私もまだこの意志が何かはっきり分かっていないとしても。ただ、人というものはこの1歩を踏み出すことが必要なのだ。そうだろう?

背景ストーリー

ヘレナは1歳の時に高熱で視力を失ったが、父母と1人の家庭教師の細やかな指導によって学問を身につけた。彼女はより大きな野心を持ち、大学に入学して文学学士になることを夢見ている。
エウリュディケ荘園の主人は、彼女のために学費を払ってくれるのだろうか?少なくとも、あの点字で書かれた招待状にはそのように書かれていたのだが。

誕生日タスククリア後に探偵の元へ届いた手紙

父親への手紙
親愛なるパパ:
あなたを思い出すたびに、自分はこんなにも恵まれているんだということを噛み締めることができました。
サリバン先生が幼き私の手を取り、私に啓蒙を授けることができたのは、すべてパパのおかげでした。
あれは魅力あふれる言語と文字の扉が、私に開いた瞬間です。

でも、パパ。
私は時々、戸惑いを感じるのです。
私たちが口に出した言葉、紙に書いた文字…それらは私たちが見たものや聞いたものから生まれているのでしょうか? それとも自分の思想や経歴から生まれているのでしょうか?
私は自分が綴る文字に戸惑いを覚えながら、自分の意思かどうかもわからない思想に悩まされていました。
サリバン先生はこう言いました。私が書き続けていけば、いずれは再び自信を持ち、自分の才能を発揮できるはずだと。

自分の創作の才能があるかどうかは、まだ確認できていません。でも、いつかは文学の道を精進していきたいと願っています。
文字で自分の思想と経歴を表す。それはどんなに素晴らしいことでしょう!
もう一度ペンを取る前に、私はエウリュディケ荘園の検討会に参加しようと思っています。
心配しないでください。サリバン先生の友達が、荘園で私と待ち合わせをしていますから。

敬具 ヘレナ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘレナ・アダムス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 644293

コメント