ピクシブ百科事典

モウロ

もうろ

「IdentityV」に登場する男性サバイバーのうちの一人である 。
目次[非表示]

うわさ
裏切りと足掻きをその身で受けたモウロは、いわゆる文明社会に溶け込むことを諦めた。エウリュディケ荘園が真の解決の道をもたらしてくれるだろうか?

概要

スマホゲーム「IdentityV」に登場するキャラクター、サバイバーの一人である。

                              出身階級:不詳  職業:野人

性能

外在特質

  • 野生の相棒

森で育ったモウロには、決して自分を裏切らない忠実な相棒がいる。モウロは、相棒の状態を自ら切り替える事ができる。

付き従う状態:この状態下で、モウロのスピードが他のサバイバーより遅い。モウロは相棒に雄叫びをあげさせ、ハンターの聴覚を封じ、一時的に耳鳴りとリッスンの効果を失わせる。継続時間は10秒。

騎乗状態:この状態下では、移動することで相棒が怒りを蓄積し、蓄積された怒りの量により移動速度もあがる。怒りがMaxとなったとき、衝突スキルをアンロックするが、突撃できる方向は固定されており、この衝突でハンターを気絶させることもない(ハンターが風船を引いている瞬時に衝突されると、風船上のサバイバーが助かる)。衝突によりハンターが他の物体に当たった場合、クールタイムをリセットすると同時に怒り値を大幅に回復する。ハンターに直面すると、相棒は徐々に冷静になり、怒り値がすばやくさがる。

疲労:モウロの相棒は、疲労をかんじることがあり、90秒以上連続して騎乗することはできない。1試合中に複数の野生の相棒が出現している場合、疲労を感じやすい。

  • 自然の守護
騎乗状態下にある野性の相棒は、モウロをダメージからガードしてくれる。相棒のHPが尽きると一時的に離脱し、この期間中モウロは相棒を伴い行動することはできず、ハンターが野性の相棒を攻撃した場合、刀拭きを触発することはない。

  • 機械音痴
モウロは長期的に野性環境で生活しており、機械製品の扱いに長けていないため、暗号機解読速度が40%下がる。

  • 野性の直感
騎乗状態時、相棒のサポートにより地形をまたぐ操作速度が10%高まり、一部の低い地形をまたぐことができる。また相棒は、余分な足跡を残し、モウロのステップを2秒延長する。

衣装(スキン)一覧

UR
大英雄
どうすれば大英雄になれる?頑丈な鎧を身に着ける?それとも…勇敢になる?


SSR
寵臣
彼は誰でも笑顔にすることができる。だが今夜は、自分の立場をわきまえるべきであろう。

SR
征服者
あの人たちを征服することはできないが、彼たちの飼っているブタを征服することはできる。

R
闇の森
この森の奥深くには人々が知らない秘密がたくさん隠されている。


初期衣装
第五人格-野人
初期衣装。すべてが自然に見える。

関連タグ

IdentityV 第五人格

背景推理(ネタバレ注意!)

この先はゲーム内における「背景推理」のネタバレを含むので注意。






















1.誕生人々はどういうふうに生年月日を計算するのか
日記1:人生最初の10年は私の世界には犬のぬいぐるみと木製の壁4面しかなかった。それと、おじさんバーナードもいた。たぶんカスパー・ハウザーが私よりついてると思う。
2.謎最初のドミノ牌のように、あの人が現れた日から、後のストーリーが始まった。
本の切れ端1:あの手紙には「バイエルンの境からやってきた。地名不明、1828」と書かれていた。
3.保護者人々がこの三文字を言い出したとき、含まれた本当の意味をいつも忘れていたのでしょう。
日記2:「私は君の保護者です。君の行為が合理的に監視されなければなりません。」と言って笑い出した。「地面に落ちたパンを拾ってそのイノシシに乗れ」と言った。
4.模倣品彼はただカスパーの経歴を粗末に模倣しただけだ。
本の切れ端2:ボン・ウィザーニッチはあの手紙を他の人に見せた。「カスパー・ハウザーは1833年12月14日に生まれ、栄光をたたえた第六軽騎兵団に所属する騎兵のお子さんだ」。
5.動物彼らは沈黙の友達だ、人とは違うのだ。
「カスパー・ハウザーの結末は誰でも知っていた。注目がなくなると、あの虫けらは自殺したんだ。」彼は鞭を取り出してブーツを叩いた。「家に戻って練習しろ、お前なんかバーデンの王子じゃないんだ。」
6.パフォーマンス声望こそすべてだ。
ポスター:動物に育てられた子供 —— モウロ!素晴らしい野生動物の馬術パフォーマンス、このノイジーサーカス団があなたのために差し上げます!
7.仲間我々はこれを共に何かの組織または何かのイベントに参加する人の事だと定義しました。
写真:髪型が汚くて痩せている少年は一匹の傷だらけのイノシシに乗って火を飛び越えている。
8.世界世界に対する見解は認知を元にした。
日記4:「なぜ人に対して怒り、憎しみと冤罪を感じるのだろう?人々は何もしていないのに。」彼らはあなたを‘観賞’していたのだ、カスパー・ハウザー、このドイツでな。彼らも我々を‘観賞’していたんだ、この世界こそが巨大なサーカス団だ。
9.カスパーの末路人々はいつも疑いながら生きている、誰がはっきり言えるだろう?
日記5:カスパー・ハウザーのように、ここから逃げ出す方法を考えないと。王子様みたいな退場だが、私には助けが必要だ…バーナードは絶対私を逃さないから…

背景ストーリー

モウロは森の中で野人のように育ったが、他人に見つけられて社会に戻され、紳士になる方法を習っていた。
しかし、彼は新たな‘ジャングルルール’に対して疲れを感じていた。
全てを捨てて大自然に戻ろうとしていた彼はいったいこのジャングルルールから解放できるのか。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モウロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5616

コメント