ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:永井一郎


ラピュタ探索の指揮をとる軍人。小説によると階級は中将で、ティディス要塞を拠点に南部地方の行政管轄の権限を持っている。

僻地のティディス要塞に配属されたことに強い不満を持っており、ラピュタ探索を成功させて中央への復帰を狙っている。


短気な性格で、作中では暗号をドーラに解読されたり、要塞で保管していたロボット兵によって要塞が被害を受けた際には通信回路をムスカ達に細工され主導権を奪われたり、おまけにラピュタ到着時にはゴリアテの無線機を破壊され本国との連絡手段を絶たれたりと情報戦には疎いのか終始手玉に取られていた。ムスカからも終盤に君のアホ面には悩まされると揶揄されている。ただ、作戦行動時は自ら先頭に立って突き進むタイプで、部下からは「将軍に続け!」と言われるなど、彼の信頼はそれなりに厚かった。


諜報機関に属し、政府の密命を盾に作戦に介入するムスカを「特務の青二才」と呼び、快く思っていない。シータに対しては小娘呼ばわりしており、特に重要視はしていなかった。


本編での動向

自ら打った暗号をドーラに解読され妨害を受けたり、再起動したロボット兵によってティディス要塞が損壊するなどの被害を受けたが、ムスカの情報によってラピュタを発見し上陸に成功。


だが、本性を現わしたムスカにゴリアテの無線機を全て破壊され連絡手段を絶たれた事で裏切りが発覚し、スパイ狩りと称してムスカを捜索するが、そのムスカによってラピュタ下部に誘導されて、そこでムスカによるラピュタの雷の破壊力を見せ付けられ愕然とする。

そしてムスカに対して「君は英雄だ!大変な功績だ!」と讃えつつ、その力と功績を横取りせんと彼の射殺を試みるが、立体映像だった為何の効果もない有り様で、その滑稽な様子にムスカから「君のアホ面には心底うんざりさせられる」と完全に見限られ、下部の部屋の仕掛けで周囲にいた部下達とともに海に放り出されて死亡する。

生き延びた部下達は、ムスカによって起動した無数のロボット兵の襲撃でゴリアテ諸共全滅した。


余談

作中では「将軍」と呼ばれ、EDでも将軍としかクレジットされておらず、モウロの名は設定資料上でしか出てこない。


声を担当した永井一郎氏は「欲ボケのある頭の悪い将軍なんです(笑)。軍人というのは少し頭の悪い方が出世するんですよ」と意味深く評した。

放映当時はサザエさん磯野さん家のお父さんを演じていたためニコ動では、ネタにされることもある。なお、永井氏はラピュタの前に公開された『風の谷のナウシカ』のミト爺役としても出演していた。(こちらはモウロ将軍とは異なり終始味方側のキャラクターで、要所々々でナウシカらをサポートした好人物)


関連タグ

天空の城ラピュタ 永井一郎 軍人 ムスカ

関連記事

親記事

天空の城ラピュタ てんくうのしろらぴゅた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86456

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました