ピクシブ百科事典

三つ子の魂百まで

みつごのたましいひゃくまで

幼少期に形成された人格は年を取っても変わらないという意味の諺。

概要

三つ子は三歳児、転じて幼い子供を指す。百は百歳、転じて老人を指す。
幼少期に一度形成された人格は年を取っても変わらないという意味の諺。類義の諺に雀百まで踊り忘れずがある。
ちなみに昔は数え年を採用していたので、この場合の三歳児は実質二歳児の事である。昔は0と言う概念が存在しなかったので、生まれた時点を一歳としていた為。

関連記事

親記事

ことわざ ことわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三つ子の魂百まで」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 854095

コメント