ピクシブ百科事典

殺し屋1

ころしやいち

1998~2001年にかけてヤングサンデーで連載されていたハードバイオレンスアクション漫画。作者:山本英夫。
目次[非表示]

殺し屋1

「ジジィ」率いる歌舞伎町のハグレ者グループと暴力団「垣原組」との戦いを描いた作品。
本作は徹底的なまでの暴力描写のオンパレードであり、読者にリアルな「痛み」を感じさせるような描写がこれでもかというほど繰り返される作品である。変質的なまでの「痛み」に対するこだわりこそがこの作品の特徴であり、肉体的な痛みはもちろんのこと、人の心の底に潜むトラウマや黒歴史をほじくり返すような精神面での痛さにも並々ならぬこだわりを見せている。
みんなのトラウマ」どころか作品そのものがトラウマといっていいレベルの内容だけに、完全に読者を選ぶタイプのマンガである。取り敢えず肉体面・精神面で”痛い”描写が苦手な人は読まない方が良い。
だが、その突き抜けた個性は独特の魅力を放っているためか、本作を愛読しているファンも多い。
そういった意味では、本作は正に”怪作”である。

ストーリー

舞台は歌舞伎町の一画にある13階建てマンション。入居者の8割方が暴力団関係者で占められている別世界で、「ヤクザマンション」の異名を誇るホットスポットだ。
このカオスの箱庭にて己の誇大妄想に基づいて行動する「ジジィ」率いる歌舞伎町ハグレ者グループと、垣原率いる暴力団「安生組」の酸鼻きわまる攻防戦が繰り広げられていた。
やがてジジィの切り札イチと垣原は運命の邂逅を遂げるが・・・・・。

登場人物

イチ

殺し屋1


本作の主人公で格闘技の達人。好青年とは言い難い性格の持ち主で、言動挙動が人をいらだたせることもしばしばである。
過去に受けた陰湿なイジメによるトラウマを抱えている。それを「ジジィ」によってうまく利用され、結果的に凄腕の暗殺者に仕立て上げられている。
超人的な脚力の持ち主で、その力を活かし靴のかかとに仕込んだ仕込み刃によって相手を切り裂く攻撃が彼の基本暗殺スタイルである。
いじめられっ子であったが、イジメの経験を経て人が痛めつけられる状況に性的興奮を覚える100%サディストへと変貌してしまっている。
ある意味この作品の登場人物の中で最も感情移入できない不気味なキャラクターである。

垣原雅雄

垣原すぁあん


この作品の影の主役。通称・まーくん。裂けた口と顔中の傷跡がトレードマークの狂人である。
ヤクザでありながら”痛み”に対して興奮を覚える究極のマゾヒストである。
彼の常軌を逸した暴虐っぷりと精神のこわれっぷりは見ていて清々しいほどのものがあるためか、本作きっての人気者である。
長い針を武器としており、攻撃はもちろんお楽しみの拷問用にも使用している。

関連タグ

バイオレンス

pixivに投稿された作品 pixivで「殺し屋1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 361194

コメント