ピクシブ百科事典

バクネヤング

ばくねやんぐ

バクネヤングはヤングサンデーに1995年から1997年まで連載されたマンガ作品。
目次[非表示]

この作品は松永豊和氏によりヤングサンデー誌において1995年から1997年に掲載され、その後書下ろし作品として発表された作品。

詳細

 内容としては「主人公である馬久根昭一(自称:バクネヤング)が大阪を舞台にヤクザ等を殺したりする話」というものである( ちなみにざっくりしすぎているのは執筆者が閲覧していないことと、ネタバレ防止のためである )。
 緻密描写破天荒暴力を描いた作品であり、雑誌への連載当初はかなり勢いがあったと思われるが、その後大人の事情やら作品の勢いの低下などもあったためか打ち切りに近い終わり方をしているといわれている。
 また、この作品はカルト的人気があるらしく、作品の知名度は一部方面では高いといわれる。

単行本

 単行本は連載時に2巻までが発売されている。打ち切りに近い終わり方だったためか、2000年256ページの書き下ろしを加えた増補版として単行本1巻が発売されている。そのため、オンデマンド版においては3巻組となっている。

作者に関して

 この作品の作者である松永豊和氏は、ナニワ金融道などを執筆した漫画家青木雄二氏のアシスタントを経験したのち、アフタヌーンの主催する新人賞を受賞する。
 その後この作品を執筆する。おそらく各種事情で連載雑誌がヤングサンデーとなる。
 その後、しばらく連載を行わなかったが、2000年頃より小学館の発行する月刊IKKIにて連載を行っていたと思われる。
 その連載が終わった2005年からスランプに陥ったらしく漫画が描けなくなったと記述があり、自伝的小説などを自サイトで執筆していたといわれる。
 2011年からは自サイトで漫画の執筆を開始。2013年にはある議員候補に対し脅迫を行ったとして逮捕された( この件に関してはその後が不明であるため、処分等は不明である )。
公式サイト:あの松永豊和は今
 ほかにtwitterYoutubeのアカウントも存在した形跡があるが、それらは現在確認できない。

関連項目

ヤングサンデー

参照

wikipedia:松永豊和
Google:検索結果

コメント